味噌焼きうどんヾ(^∇^)♪

味噌焼うどん



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:512Kcal/1人分

簡単!ビタミンUをたっぷり含むキャベツと栄養豊富な野菜の焼きうどんです???? 


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

味噌焼きうどんは

https://mairepi.jp/recipe_hp126.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はキャベツと栄養豊富なピーマン、にんじん、たまねぎをつかった焼きうどんを作ってみました~ヾ(^∇^)

味付けは砂糖・みりんでほんのり甘い・・味噌✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

うどん 2玉
キャベツ 1/4個
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/2本
ピーマン 1個
味噌 大さじ2
さとう 大さじ2
みりん 大さじ2
大さじ2
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

キャベツ

胃の粘膜の修復を助けると言われているビタミンUを豊富に含んでいます。また、葉の部分にはカロテン、アミノ酸、カルシウム芯の部分にはビタミンCを豊富に含んでいます。ビタミンC、Uは水溶性で熱に弱い性質です。

食べ頃

冬キャベツ 1月~3月頃

春キャベツ 3月~5月頃

夏キャベツ 7月~8月頃

⇒ キャベツの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 キャベツは葉をはがしてざく切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りみじん切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま、ピーマンはへたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜き細切りにする。

作り方1


 器に、みりん、酒を入れ味噌をとかしておく。

作り方2


 フライパンに油を敷きキャベツ、たまねぎ、にんじん、ピーマンを炒め、塩、こしょうをふりかけて下味をつける。

作り方3


④ ③の野菜がしんなりしてきたら、うどんを加えて更に炒める。うどんに火がとおったら最後に②の溶かしておいたお味噌と砂糖を加えてひと煮たちさせる。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 394 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 9.1 ビタミンE / mg 0.7
脂質 / g 2.8 ビタミンK / μg 82
炭水化物 / g 78.9 ビタミンB1 / mg 0.09
ナトリウム / mg 1,342 ビタミンB2 / mg 0.07
カリウム / mg 340 ナイアシン / mg 1.1
カルシウム / mg 91 ビタミンB6 / mg 0.21
マグネシウム / mg 43 ビタミンB12 / μg 0.0
リン / mg 114 葉酸 / μg 79
鉄 / mg 1.7 パントテン酸 / mg 0.57
亜鉛 / mg 0.6 ビタミンC / mg 32
銅 / mg 0.22 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.74 食物繊維水溶性 / g 1.7
レチノール当量 / μg 226 食物繊維不溶性 / g 4.8
βカロテン当量 / μg 2,702 食塩相当量 / g 3.4





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

ほうれん草と油揚げのピリ辛炒めヾ(^∇^)♪

ほうれん草と油揚げの中華風炒め



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:287Kcal/1人分

簡単!ちょっとピリ辛でーす( ̄▽ ̄;)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

ほうれん草と油揚げのピリ辛炒めは

https://mairepi.jp/recipe_hp124.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は、抜群の栄養価を誇るほうれん草と油揚げをごま油で香りつけした炒めものを作ってみました~ヾ(^∇^)

味付けは和風かつおだし・ちょっとピリ辛ほんのりごま油の香りが・・




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

ほうれん草 1束
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/2本
油揚げ 1枚
ごま油 小さじ1
ラー油 お好み
かつおだし 1カップ
醤油 大さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

ほうれん草

造血作用のある鉄、葉酸マンガンを豊富に含みます。他にもカロテン、ビタミンC、ビタミンB群などを含み緑黄色野菜の中でもトップクラスの含有量です。免疫細胞を活性化させ体内の異物を取り除く効果も期待できます。食べ頃に収穫されたもののほうがビタミンCが豊富です。はベーコンなど動物性たんぱく質といっしょに食べると吸収率がアップします。(食べ頃:12月~1月頃)

⇒ ほうれん草の食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

豆腐

主成分がたんぱく質であることから畑の肉と言われ、大豆に水分を含ませ、すりつぶしたものを煮てこしたものに、カルシウムマグネシウムを含むにがりを加えたものが豆腐です。大豆および大豆製品には強い抗酸化作用をもつイソフラボン、他にも便秘解消が期待できる食物繊維など豊富な栄養成分が含まれています。

⇒ 油揚げ(豆腐の食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 ほうれん草は沸騰したお湯で1分くらいゆで、冷水で冷やし水気をしぼる。

作り方1


 ほうれん草はざく切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)油揚げは細切りにする。

作り方2


 フライパンにゴマ油を敷き、たまねぎ、にんじん、油揚げを炒め、塩、こしょうをふりかけて下味をつける。

作り方3


 ③の野菜がしんなりしてきたら、ほうれん草をくわえて炒めかつおだし(水1カップ+かつおだし顆粒小さじ1)醤油(大さじ1)ラー油で味を調える。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 155 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 7.7 ビタミンE / mg 2.5
脂質 / g 9.0 ビタミンK / μg 256
炭水化物 / g 12.1 ビタミンB1 / mg 0.09
ナトリウム / mg 650 ビタミンB2 / mg 0.14
カリウム / mg 594 ナイアシン / mg 2.0
カルシウム / mg 141 ビタミンB6 / mg 0.21
マグネシウム / mg 74 ビタミンB12 / μg 0.4
リン / mg 135 葉酸 / μg 103
鉄 / mg 1.9 パントテン酸 / mg 0.40
亜鉛 / mg 1.2 ビタミンC / mg 18
銅 / mg 0.17 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.71 食物繊維水溶性 / g 1.3
レチノール当量 / μg 626 食物繊維不溶性 / g 3.7
βカロテン当量 / μg 7,491 食塩相当量 / g 1.9

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

ほうれん草の親子丼ヾ(^∇^)♪

ほうれん草の親子丼



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:314Kcal/1人分

簡単!夜食にいかがですかヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

ほうれん草の親子丼は

https://mairepi.jp/recipe_hp122.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はほうれん草を入れた親子丼を作ってみましたヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・ほんのり甘~いよ




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

ほうれん草 1/2束
鶏もも肉 1枚
たまねぎ 1/2個
たまご 1個
かつおだし 2カップ
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
さとう 大さじ2
少々

(材料の特徴)

ほうれん草

造血作用のある鉄、葉酸マンガンを豊富に含みます。他にもカロテン、ビタミンC、ビタミンB群などを含み緑黄色野菜の中でもトップクラスの含有量です。免疫細胞を活性化させ体内の異物を取り除く効果も期待できます。食べ頃に収穫されたもののほうがビタミンCが豊富です。はベーコンなど動物性たんぱく質といっしょに食べると吸収率がアップします。(食べ頃:12月~1月頃)

⇒ ほうれん草の食品成分表をみる

鶏肉

食肉は良質たんぱく質源であり、鶏肉(脂質は100g中/ささみ0.8g、胸肉1.5g、もも肉3.9g)は高たんぱく低脂肪食材です。また、骨や皮ごと調理すればコラーゲンも摂取できます。

⇒ 鶏肉の食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 ほうれん草は沸騰したお湯で1分くらいゆで、冷水で冷やし水気をしぼりざく切りにする。

作り方1


 鶏もも肉は皮をはぎ食べやすい大きさに切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り薄切りにする。

作り方2


 お鍋にかつおだし(水2カップ+かつおだし顆粒小さじ2)、醤油、みりん、さとう、塩をいれ鶏もも肉、たまねぎを煮る。

作り方3


 ③の鶏肉に火がとおったら、ほうれん草を入れ煮立たったらとき卵を入れ1分くらいふたをして蒸らす。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 314 ビタミンD / μg 0.5
たんぱく質 / g 32.9 ビタミンE / mg 1.9
脂質 / g 7.5 ビタミンK / μg 237
炭水化物 / g 27.5 ビタミンB1 / mg 0.17
ナトリウム / mg 1,180 ビタミンB2 / mg 0.45
カリウム / mg 789 ナイアシン / mg 8.7
カルシウム / mg 86 ビタミンB6 / mg 0.47
マグネシウム / mg 74 ビタミンB12 / μg 1.4
リン / mg 337 葉酸 / μg 101
鉄 / mg 2.4 パントテン酸 / mg 2.70
亜鉛 / mg 3.5 ビタミンC / mg 16
銅 / mg 0.18 コレステロール / mg 248
マンガン / mg 0.30 食物繊維水溶性 / g 0.8
レチノール当量 / μg 327 食物繊維不溶性 / g 2.4
βカロテン当量 / μg 3,245 食塩相当量 / g 3.1

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

だいこんの甘酢和えヾ(^∇^)♪

だいこんの甘酢和え



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:170Kcal/1人分

簡単!夜食にいかがですかヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

だいこんの甘酢和えは

https://mairepi.jp/recipe_hp121.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は消化酵素やビタミンCが豊富で胃腸の働きを調える効果があるだいこんの甘酢和えを作ってみましたヾ(^∇^)

味付けは鶏がらスープ・・ほんのり甘~いよ




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

だいこん 1/3本
たまねぎ 1個
ピーマン 2個
にんじん 1/2本
鶏がらスープ 2カップ
醤油 大さじ2
大さじ2
さとう 大さじ2
オイスターソース 小さじ1
少々
ごま油 少々
片栗粉 大さじ1

(材料の特徴)

だいこん

胃腸の働きを整える酵素およびビタミンCカルシウムマグネシウムを豊富に含んでいます。消化酵素は熱に弱く生で食べるのがおすすめです。焼き魚などの焦げに含まれる発がん物質を解読する働きがあります。緑黄色野菜である葉の部分にはビタミンCが豊富です。

食べ頃

夏だいこん 7~8月頃

冬だいこん 11~3月頃

⇒ だいこんの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 だいこんは水洗いしてつけ根を切り落としピーラーで皮をむき輪切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、ピーマンは縦に半分に切り種とへたをとり角切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま乱切りにする。

作り方1

 ①のだいこん、たまねぎ、にんじん、ピーマンを素揚げし取り出し余分な油をおとす。

作り方2

 フライパンに②を入れ、鶏がらスープ、醤油、酢、砂糖、オイスターソース、塩を入れひと煮たちしたら、ごま油を加えて水溶き片栗粉でとろみをつける。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 183 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 5.5 ビタミンE / mg 0.4
脂質 / g 1.0 ビタミンK / μg 7
炭水化物 / g 38.8 ビタミンB1 / mg 0.12
ナトリウム / mg 1,278 ビタミンB2 / mg 0.26
カリウム / mg 718 ナイアシン / mg 3.4
カルシウム / mg 73 ビタミンB6 / mg 0.33
マグネシウム / mg 43 ビタミンB12 / μg 1.1
リン / mg 127 葉酸 / μg 87
鉄 / mg 2.0 パントテン酸 / mg 2.03
亜鉛 / mg 0.5 ビタミンC / mg 40
銅 / mg 0.11 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.27 食物繊維水溶性 / g 2.2
レチノール当量 / μg 226 食物繊維不溶性 / g 3.2
βカロテン当量 / μg 2,701 食塩相当量 / g 3.3

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

ねぎたまチーズ焼きヾ(^∇^)♪

ねぎたまチーズ焼き



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:288Kcal/1人分

簡単!お夜食にいかがですかヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

ねぎたまチーズ焼きは

https://mairepi.jp/recipe_hp120.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はおネギをバター醤油で炒めたチーズ焼きを作ってみましたヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・とろ~りチーズ🧀




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

ねぎ 1本
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/2本
たまご 2個
ベーコン 30g
チーズ 80g
バター 小さじ1
醤油 小さじ1
かつおだし 大さじ2

(材料の特徴)

ねぎ

ビタミンCと血行を良くする香り成分の硫化アリルを白い部分に含みビタミンB1の吸収を促進する。また、緑の部分にはカロテン、カルシウムおよびミネラルを豊富に含み活性酸素の発生と発がんを抑制する効果があると言われている。

⇒ ねぎの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる

チーズ

チーズは牛乳の栄養成分が凝縮して、たんぱく質カルシウムビタミンAなど何倍も豊富に含まれています。カルシウムの吸収率は良く、効率よく摂取できます。緑黄色野菜といっしょにとるとカロテンの吸収率が上がります。エネルギー、塩分、飽和脂肪酸が多いので肥満の人は要注意!

ナチュラルチーズ:牛乳、山羊乳を原料に発酵させたもの

プロセスチーズ:ナチュラルチーズをミックスして加熱処理したもの

⇒ チーズの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り薄切り、白ねぎは水洗いして斜め切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまません切り、ベーコンは食べやすい大きさに切る。

作り方1

 たまごは器に割り醤油、かつおだしを加えてまぜる。

作り方2

 たまごは器に割り醤油、かつおだしを加えてまぜる。

作り方3

 ③の野菜がしんなりしてきたら、②を加えて半熟になるまでかき混ぜる。

作り方4

 ④を2つのグラタン皿に分けてとり、とろけるチーズをのせてオーブントースターで5分くらい焼く。(チーズがとけちょっと焦げ目がついたら出来上がりです)

作り方5


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 313 ビタミンD / μg 1.1
たんぱく質 / g 19.6 ビタミンE / mg 1.6
脂質 / g 20.1 ビタミンK / μg 15
炭水化物 / g 12.5 ビタミンB1 / mg 0.19
ナトリウム / mg 851 ビタミンB2 / mg 0.49
カリウム / mg 389 ナイアシン / mg 1.4
カルシウム / mg 322 ビタミンB6 / mg 0.25
マグネシウム / mg 32 ビタミンB12 / μg 2.0
リン / mg 479 葉酸 / μg 85
鉄 / mg 1.6 パントテン酸 / mg 1.23
亜鉛 / mg 2.6 ビタミンC / mg 17
銅 / mg 0.15 コレステロール / mg 271
マンガン / mg 0.20 食物繊維水溶性 / g 0.7
レチノール当量 / μg 368 食物繊維不溶性 / g 2.4
βカロテン当量 / μg 2,269 食塩相当量 / g 2.2

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

キャベツとキノコのシチューヾ(^∇^)♪

キャベツときのこのシチュー



出来上がり数:6人分
全調理時間:35分 実調理時間:30分 準備:5分 
カロリー:205Kcal/1人分

簡単!寒~い夜にはこれヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

キャベツとキノコのシチューは

https://mairepi.jp/recipe_hp113.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はキャベツと不足しがちな必須アミノ酸を含むぶなしめじのクリームシチューを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けは鶏がらスープ・・ほんのりバジルの香り・・・

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


調理時間30分 201Kcal(1人分)
キャベツと不足しがちな必須アミノ酸を含むぶなしめじのクリームシチューです『キャベツはビタミンU、カロテン、アミノ酸などを豊富に含みます』 (^o^)


(材料6人分)

キャベツ 1/2個
たまねぎ 1個
にんじん 1本
しめじ 1パック
バジル 少々
パセリ 少々
ローリエ 1枚
ベーコン 30g
バター 大さじ2
小麦粉 1/2カップ
牛乳 2.5カップ
鶏からスープ 5カップ
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

キャベツ

胃の粘膜の修復を助けると言われているビタミンUを豊富に含んでいます。また、葉の部分にはカロテン、アミノ酸、カルシウム芯の部分にはビタミンCを豊富に含んでいます。ビタミンC、Uは水溶性で熱に弱い性質です。

食べ頃

冬キャベツ 1月~3月頃

春キャベツ 3月~5月頃

夏キャベツ 7月~8月頃

⇒ キャベツの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる

パセリ

ビタミン類、カロテン、食物繊維、鉄などのミネラルを豊富に含みます。濃い緑色に含まれるクロロフィルには口臭や体臭を防ぐ効果があり、貧血予防や血中コレステロール値を下げる効果も期待できます。最近では香りや味にくせのない平葉種のイタリアンパセリも一般的になってきています。
⇒ パセリの食品成分表をみる

小麦粉

小麦たんぱくの量によって種類が異なります。

薄力粉:たんぱく質の含有量が8%以下で強い粘りが出ないのが特徴です。

強力粉:たんぱく質の含有量が12%で強い粘りが出るのが特徴です。

⇒ 小麦粉の食品成分表をみる

牛乳

カルシウムを豊富に含み効率よく吸収できる食品です。カルシウムは一般的に吸収されにくいとされていますが、牛乳に含まれる、乳糖やカゼインホスホペプチドが吸収率を高めます。また、たんぱく質、脂質、鉄分リンビタミンAB2など栄養豊富です。

牛乳:しぼった生乳を成分無調整で加熱殺菌したもの。

加工乳:生乳を70%以上含み、脂肪分など規定の乳成分を加減したもの。

乳飲料:生乳を20%~25%含みコーヒーや果汁などをくわえたもの。

⇒ 牛乳の食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 キャベツは縦に半分に切り芯のすぐ横に斜めに包丁を入れ芯を取り除きざく切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま乱切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、しめじは石づきを切り落とす。

作り方1

 お鍋にバターを溶かしキャベツ、たまねぎ、にんじん、しめじ、ベーコンに塩、こしょうをふり炒める。

作り方2

 ②の野菜がしんなりしてきたら、小麦粉を入れ炒める。

作り方3

 ③に鶏がらスープ、牛乳を入れひと煮たちしたら弱火にし15~20分煮込む。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 201 ビタミンD / μg 1.4
たんぱく質 / g 8.7 ビタミンE / mg 1.1
脂質 / g 8.7 ビタミンK / μg 70
炭水化物 / g 23.9 ビタミンB1 / mg 0.20
ナトリウム / mg 200 ビタミンB2 / mg 0.36
カリウム / mg 573 ナイアシン / mg 4.4
カルシウム / mg 152 ビタミンB6 / mg 0.23
マグネシウム / mg 31 ビタミンB12 / μg 1.1
リン / mg 207 葉酸 / μg 75
鉄 / mg 1.5 パントテン酸 / mg 2.49
亜鉛 / mg 0.8 ビタミンC / mg 20
銅 / mg 0.11 コレステロール / mg 13
マンガン / mg 0.46 食物繊維水溶性 / g 1.2
レチノール当量 / μg 255 食物繊維不溶性 / g 3.9
βカロテン当量 / μg 2,664 食塩相当量 / g 0.5

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

れんこんとツナのチーズ焼きヾ(^∇^)♪

れんこんとツナのチーズ焼き



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:255Kcal/1人分

簡単!れんこんにマヨネーズツナ、たまねぎ、とろけるチーズをのせて焼いてます♪


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

れんこんとツナのチーズ焼きは

https://mairepi.jp/recipe_hp111.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は栄養豊富な蓮根のチーズ焼きを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはマヨネーズのみですが・・お好みでバジル(粉)などをふりかけても美味しいですよ✨

コレステロールが気になる方はマヨネーズ ⇒ ノンオイル和風ドレッシングなどおすすめです!

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)





レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

れんこん 1節
ツナ缶 1缶
たまねぎ 1/4個
チーズ 30g
マヨネーズ 大さじ1
乾燥パセリ 少々

(材料の特徴)

れんこん

疲労回復や肌荒れを防ぐ効果があるビタミンB1B2を含み、他にのビタミンC食物繊維カルシウムなども豊富に含みます。(食べ頃:11月~3月頃)

⇒ れんこんの食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 れんこんは皮をむき、アクが強いので、酢水(水400mlに酢小さじ1)に3分くらいさらす。(市販の水煮れんこんを使用すると手間がはぶけます)

作り方1


 たまねぎは、皮をむき上部とつけ根を切り取りみじん切りにする。

作り方2


 ツナにマヨネーズ、②のたまねぎをまぜ合わせる。

作り方3


 れんこんに②、チーズを盛り付けオーブントースターで7~10分くらい焼く。焼き上がりに乾燥パセリをふりかける。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 254 ビタミンD / μg 1.7
たんぱく質 / g 12.1 ビタミンE / mg 2.2
脂質 / g 19.1 ビタミンK / μg 11
炭水化物 / g 8.8 ビタミンB1 / mg 0.10
ナトリウム / mg 383 ビタミンB2 / mg 0.12
カリウム / mg 314 ナイアシン / mg 6.2
カルシウム / mg 112 ビタミンB6 / mg 0.23
マグネシウム / mg 22 ビタミンB12 / μg 1.6
リン / mg 217 葉酸 / μg 17
鉄 / mg 0.7 パントテン酸 / mg 0.52
亜鉛 / mg 0.9 ビタミンC / mg 21
銅 / mg 0.09 コレステロール / mg 39
マンガン / mg 0.36 食物繊維水溶性 / g 0.3
レチノール当量 / μg 44 食物繊維不溶性 / g 1.0
βカロテン当量 / μg 50 食塩相当量 / g 1.0





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

はまちと大根の煮つけヾ(^∇^)♪

はまちと大根の煮つけ



出来上がり数:6人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:365Kcal/1人分

超簡単!手抜き料理 『圧力鍋で煮るだけ』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

はまちと大根の煮つけは

https://mairepi.jp/recipe_hp109.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日ははまちと大根の煮つけを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・・ほんのりしょうがの香りが食欲をそそりますヾ(^∇^)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料6人分)

はまち(切り身) 6切れ
だいこん 1本
醤油 大さじ5
みりん 大さじ5
大さじ3
さとう 大さじ5
しょうが(チューブタイプ) 3cmくらい
かつおだし(水2カップ+かつおだし顆粒小さじ2) 2カップ

(材料の特徴)

だいこん

胃腸の働きを整える酵素およびビタミンCカルシウムマグネシウムを豊富に含んでいます。消化酵素は熱に弱く生で食べるのがおすすめです。焼き魚などの焦げに含まれる発がん物質を解読する働きがあります。緑黄色野菜である葉の部分にはビタミンCが豊富です。

食べ頃

夏だいこん 7~8月頃

冬だいこん 11~3月頃

⇒ だいこんの食品成分表をみる

しょうが

血行を良くし体を温める働きのあるジンゲロールを含みます。冷え性や生理痛など効果が期待できます。また、消臭作用や抗菌作用もあります。

⇒ しょうがの食品成分表をみる

はまち

⇒ はまちの食品成分表を見る


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 大根は、よく水洗いして葉のつけ根を切り落としピーラーで皮をむき輪切りにして表面に切り込みを入れる。

作り方1


 はまちは切り身を使用。

作り方2


圧力鍋に①の大根、②のはまち切り身、かつおだし(水2カップ+かつおだし顆粒小さじ2)、調味料を加えて落し蓋をして10分から15分くらい煮る。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 369 ビタミンD / μg 4.0
たんぱく質 / g 21.7 ビタミンE / mg 4.1
脂質 / g 18.4 ビタミンK / μg 0
炭水化物 / g 24.9 ビタミンB1 / mg 0.20
ナトリウム / mg 948 ビタミンB2 / mg 0.24
カリウム / mg 764 ナイアシン / mg 10.1
カルシウム / mg 56 ビタミンB6 / mg 0.54
マグネシウム / mg 56 ビタミンB12 / μg 3.6
リン / mg 261 葉酸 / μg 68
鉄 / mg 1.5 パントテン酸 / mg 1.25
亜鉛 / mg 1.0 ビタミンC / mg 22
銅 / mg 0.13 コレステロール / mg 72
マンガン / mg 0.14 食物繊維水溶性 / g 0.8
レチノール当量 / μg 28 食物繊維不溶性 / g 1.3
βカロテン当量 / μg 0 食塩相当量 / g 2.4

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

やまいもとキャベツのドリアヾ(^∇^)♪

やまいもとキャベツのドリア



出来上がり数:2人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:286Kcal/1人分

簡単!やまいもをホワイトソースの代わりにつかった和風ドリアですヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

やまいもとキャベツのドリアは

https://mairepi.jp/recipe_hp108.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は和風ドリアを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・・とろ~りやまいもが食欲をそそりますヾ(^∇^)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

やまいも 10cmくらい
キャベツ 2枚
にんじん 1/2本
えのきたけ 1/2パック
たまご 1個
ごはん 茶碗2杯
醤油 小さじ1
かつおだし顆粒 少々
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

やまいも(長芋)

粘膜を保護する働きのあるムチン、ビタミンC、ビタミンB群、カリウムなどのミネラルおよび食物繊維などバランス良く豊富に含まれています。他にも体力回復効果が期待できるアミラーゼとカタラーゼという酵素を含みます。(食べ頃:10月~3月頃)

⇒ やまいも(長芋)の食品成分表をみる

キャベツ

胃の粘膜の修復を助けると言われているビタミンUを豊富に含んでいます。また、葉の部分にはカロテン、アミノ酸、カルシウム芯の部分にはビタミンCを豊富に含んでいます。ビタミンC、Uは水溶性で熱に弱い性質です。

食べ頃

冬キャベツ 1月~3月頃

春キャベツ 3月~5月頃

夏キャベツ 7月~8月頃

⇒ キャベツの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

えのきたけ

神経の興奮を鎮め肝臓や腎臓の働きを良くするギャバ成分が豊富に含まれています。また、ビタミンB1も豊富に含まれているので、疲労回復にも良いでしょう。

⇒ えのきたけの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 キャベツは、葉をはがし水洗いしてザク切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切り、えのきたけは石づきを切り落とす。

作り方1

 やまいも(長いも)はピーラーで皮を剥きすりおろし、たまご、醤油、かつおだし顆粒を加えてかきまぜる。

作り方2

 フライパンに油を敷き、①のキャベツ、にんじん、えのきたけを炒め、野菜がしんなりしてきたら、塩、こしょうをふりかけて下味をつける。

作り方3

 グラタン皿に、ごはん(お茶碗1杯)、③、②をもりつけ、オーブントースターで7~10分くらい焼く。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 288 ビタミンD / μg 0.7
たんぱく質 / g 9.7 ビタミンE / mg 0.6
脂質 / g 3.6 ビタミンK / μg 43
炭水化物 / g 54.5 ビタミンB1 / mg 0.19
ナトリウム / mg 557 ビタミンB2 / mg 0.21
カリウム / mg 609 ナイアシン / mg 1.8
カルシウム / mg 59 ビタミンB6 / mg 0.21
マグネシウム / mg 37 ビタミンB12 / μg 0.3
リン / mg 159 葉酸 / μg 72
鉄 / mg 1.5 パントテン酸 / mg 1.52
亜鉛 / mg 1.5 ビタミンC / mg 25
銅 / mg 0.23 コレステロール / mg 118
マンガン / mg 0.52 食物繊維水溶性 / g 0.6
レチノール当量 / μg 152 食物繊維不溶性 / g 3.0
βカロテン当量 / μg 1,320 食塩相当量 / g 1.4

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

やまいも(長いも)の揚げ焼きヾ(^∇^)♪

やまいもの揚げ焼き



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:173Kcal/1人分

簡単!やまいもをすりおろし和風だしで味をつけ揚げ焼きにしたスタミナ食ですヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

やまいも(長いも)の揚げ焼きは

https://mairepi.jp/recipe_hp107.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は、ふわふわやまいも(長いも)の揚げ焼きを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・・ふわふわ山芋が食欲をそそります😋

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

やまいも 10cmくらい
キャベツ 2枚
にんじん 1/3本
えのきたけ 1/2パック
たまご 1個
醤油 小さじ1
かつおだし顆粒 小さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

やまいも(長芋)

粘膜を保護する働きのあるムチン、ビタミンC、ビタミンB群、カリウムなどのミネラルおよび食物繊維などバランス良く豊富に含まれています。他にも体力回復効果が期待できるアミラーゼとカタラーゼという酵素を含みます。(食べ頃:10月~3月頃)

⇒ やまいも(長芋)の食品成分表をみる

キャベツ

胃の粘膜の修復を助けると言われているビタミンUを豊富に含んでいます。また、葉の部分にはカロテン、アミノ酸、カルシウム芯の部分にはビタミンCを豊富に含んでいます。ビタミンC、Uは水溶性で熱に弱い性質です。

食べ頃

冬キャベツ 1月~3月頃

春キャベツ 3月~5月頃

夏キャベツ 7月~8月頃

⇒ キャベツの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

えのきたけ

神経の興奮を鎮め肝臓や腎臓の働きを良くするギャバ成分が豊富に含まれています。また、ビタミンB1も豊富に含まれているので、疲労回復にも良いでしょう。

⇒ えのきたけの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 キャベツは、葉をはがし水洗いしてザク切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切り、えのきたけは石づきを切り落とす。

作り方1


 やまいも(長いも)はピーラーで皮を剥きすりおろし、たまご、醤油、かつおだし顆粒を加えてかきまぜる。

作り方2


 フライパンに油を敷き、①のキャベツ、にんじん、えのきたけを炒め、野菜がしんなりしてきたら、塩、こしょうをふりかけて下味をつける。

作り方3


④ ②のやまいも(長いも)にまぜあわせる。

作り方4


 フライパンに多いめの油を加えて④を両面揚げ焼きにする。

作り方5


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 120 ビタミンD / μg 0.7
たんぱく質 / g 7.2 ビタミンE / mg 0.6
脂質 / g 3.3 ビタミンK / μg 43
炭水化物 / g 17.4 ビタミンB1 / mg 0.17
ナトリウム / mg 556 ビタミンB2 / mg 0.20
カリウム / mg 580 ナイアシン / mg 1.6
カルシウム / mg 56 ビタミンB6 / mg 0.19
マグネシウム / mg 30 ビタミンB12 / μg 0.3
リン / mg 125 葉酸 / μg 69
鉄 / mg 1.4 パントテン酸 / mg 1.27
亜鉛 / mg 0.9 ビタミンC / mg 25
銅 / mg 0.13 コレステロール / mg 118
マンガン / mg 0.17 食物繊維水溶性 / g 0.6
レチノール当量 / μg 152 食物繊維不溶性 / g 2.7
βカロテン当量 / μg 1,320 食塩相当量 / g 1.4

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)