こんにゃくと白菜の雑炊ヾ(^∇^)♪

こんにゃくと白菜の雑炊



出来上がり数:2人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:249Kcal/1人分

簡単!夜食にどうぞ (^o^) 『 白菜は風邪予防や体調不良の免疫力アップの効果が期待できます 』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はこんにゃくと白菜をつかって雑炊を作ってみましたヾ(^∇^)

味付けは和風かつおだし醤油ヾ(^∇^)おネギのいい香りが・・

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


調理時間20分 249Kcal(1人分)
簡単!夜食にどうぞ (^o^) 『 白菜は風邪予防や体調不良の免疫力アップの効果が期待できます????  』


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
はくさい 4枚
にんじん 1/2本
えのきたけ 1/2パック
たまねぎ 1/2個
ねぎ お好み
たまご 2個
ごはん 茶碗1杯
かつおだし 2カップ
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
さとう 少々
少々

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

はくさい

不要な塩分を排出し高血圧予防が期待できるカリウムおよびビタミンC、ミネラル類を含み免疫力アップにも効果的です。

⇒ はくさいの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

えのきたけ

神経の興奮を鎮め肝臓や腎臓の働きを良くするギャバ成分が豊富に含まれています。また、ビタミンB1も豊富に含まれているので、疲労回復にも良いでしょう。

⇒ えのきたけの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ねぎ

ビタミンCと血行を良くする香り成分の硫化アリルを白い部分に含みビタミンB1の吸収を促進する。また、緑の部分にはカロテン、カルシウムおよびミネラルを豊富に含み活性酸素の発生と発がんを抑制する効果があると言われている。

⇒ ねぎの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 こんにゃくは表面に切り込みを入れサイコロ状に切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りみじん切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのままみじん切り、白菜は食べやすい大きさに切る。

作り方1

② お鍋に、かつおだし、塩、さとう、みりんを入れ火にかける。沸騰したら、こんにゃく、白菜、にんじん、たまねぎ、えのきたけを入れ10分くらい煮込む。

作り方2

③ ②にご飯を入れ2分くらい煮込み、その後とき卵、ねぎを入れ、かるくまぜ火を止めふたをして1分くらい蒸らす。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 249 ビタミンD / μg 1.2
たんぱく質 / g 12.0 ビタミンE / mg 0.8
脂質 / g 6.2 ビタミンK / μg 100
炭水化物 / g 37.9 ビタミンB1 / mg 0.15
ナトリウム / mg 854 ビタミンB2 / mg 0.34
カリウム / mg 549 ナイアシン / mg 4.5
カルシウム / mg 140 ビタミンB6 / mg 0.27
マグネシウム / mg 42 ビタミンB12 / μg 1.3
リン / mg 249 葉酸 / μg 93
鉄 / mg 2.3 パントテン酸 / mg 1.72
亜鉛 / mg 1.6 ビタミンC / mg 14
銅 / mg 0.19 コレステロール / mg 231
マンガン / mg 0.45 食物繊維水溶性 / g 1.1
レチノール当量 / μg 281 食物繊維不溶性 / g 5.3
βカロテン当量 / μg 2,385 食塩相当量 / g 2.3

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくのジャーマンポテトヾ(^∇^)♪

こんにゃくのジャーマンポテト



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:177Kcal/1人分

簡単!ダイエットにおすすめヾ(^∇^)こんにゃくでボリュームアップ(^o^)/ 『じゃがいもはビタミンCを豊富に含み抗酸化作用や美肌効果も期待できます』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はこんにゃくを加えてジャーマンポテトを作ってみましたヾ(^∇^)

味付けはシンプルに塩・こしょうにベーコンの香りが食欲をそそりますヾ(^∇^)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
じゃがいも 2個
たまねぎ 1個
にんじん 1/2本
ベーコン 60g
塩・こしょう 少々
パセリ(乾燥) 少々

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

パセリ

ビタミン類、カロテン、食物繊維、鉄などのミネラルを豊富に含みます。濃い緑色に含まれるクロロフィルには口臭や体臭を防ぐ効果があり、貧血予防や血中コレステロール値を下げる効果も期待できます。最近では香りや味にくせのない平葉種のイタリアンパセリも一般的になってきています。
⇒ パセリの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 こんにゃく、じゃがいも(水洗いしてピーラーで皮をむき芽を取る)、たまねぎ(皮をむき上部とつけ根を切り取り)、にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)は薄切りにする。

作り方1


 お鍋に食材がつかるくらいの水を入れこんにゃく、じゃがいも、にんじんを加えひと煮たちさせ弱火で3分くらい塩ゆでする。

作り方2


 フライパンにオリーブを敷きベーコン、たまねぎを炒める。

作り方3


 ③のたまねぎがしんなりしてきたら、②を入れ炒め塩、こしょうで味を調える。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 177 ビタミンD / μg 0.1
たんぱく質 / g 7.8 ビタミンE / mg 0.2
脂質 / g 3.9 ビタミンK / μg 5
炭水化物 / g 29.8 ビタミンB1 / mg 0.30
ナトリウム / mg 888 ビタミンB2 / mg 0.16
カリウム / mg 693 ナイアシン / mg 2.8
カルシウム / mg 81 ビタミンB6 / mg 0.37
マグネシウム / mg 39 ビタミンB12 / μg 0.3
リン / mg 161 葉酸 / μg 40
鉄 / mg 1.6 パントテン酸 / mg 0.88
亜鉛 / mg 0.9 ビタミンC / mg 53
銅 / mg 0.21 コレステロール / mg 15
マンガン / mg 0.40 食物繊維水溶性 / g 1.5
レチノール当量 / μg 223 食物繊維不溶性 / g 4.1
βカロテン当量 / μg 2653 食塩相当量 / g 2.2

レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくのサイコロステーキヾ(^∇^)♪

こんにゃくのサイコロステーキ



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:123Kcal/1人分

簡単!ダイエットに最適!こんにゃくと野菜をバター醤油で炒めてます(^o^)/


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はお肉じゃなくて、こんにゃくでステーキを作ってみましたヾ(^∇^)

味付けは和風バター醤油味!ジューシーで美味しく仕上がってます!

バジル(粉)を仕上げにふりかけ洋風にしても美味しいですよ☆彡

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
にんじん 1本
ピーマン 3個
えのきたけ 1/2パック
バター 大さじ2
醤油 大さじ1/2
かつおだし 大さじ2
塩、こしょう 適量

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

えのきたけ

神経の興奮を鎮め肝臓や腎臓の働きを良くするギャバ成分が豊富に含まれています。また、ビタミンB1も豊富に含まれているので、疲労回復にも良いでしょう。

⇒ えのきたけの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 こんにゃくは表面に切り込みを入れサイコロ状に切る、ピーマンはへたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜き細切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのままスティック状に切る。

作り方1


 こんにゃく、にんじんは、だしで10分くらい煮込んで下味をつける。(食材がつかるくらいの水に顆粒だしを小さじ1)

作り方2


 フライパンにバターをとかし塩、こしょうをふり、こんにゃく、ピーマンに焼き色がつくまで炒める。

作り方3


 ③にえのきたけ、にんじんをいれ炒める。醤油、かつおだしを入れ味を調える。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 123 ビタミンD / μg 0.4
たんぱく質 / g 2.3 ビタミンE / mg 2.1
脂質 / g 8.4 ビタミンK / μg 14
炭水化物 / g 13.0 ビタミンB1 / mg 0.11
ナトリウム / mg 525 ビタミンB2 / mg 0.10
カリウム / mg 362 ナイアシン / mg 2.2
カルシウム / mg 67 ビタミンB6 / mg 0.20
マグネシウム / mg 20 ビタミンB12 / μg 0.0
リン / mg 81 葉酸 / μg 34
鉄 / mg 1.2 パントテン酸 / mg 0.66
亜鉛 / mg 0.6 ビタミンC / mg 30
銅 / mg 0.09 コレステロール / mg 1
マンガン / mg 0.22 食物繊維水溶性 / g 0.9
レチノール当量 / μg 375 食物繊維不溶性 / g 5.4
βカロテン当量 / μg 4,480 食塩相当量 / g 1.3

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

ちくわとこんにゃくの磯辺揚げヾ(^∇^)♪

ちくわとこんにゃくの磯辺揚げ



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:232Kcal/1人分

簡単!ビール🍻のおつまみに・・・お弁当にも(*´▽`*)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はこんにゃくと人参、ピーマンをちくわに入れて衣にあおさを混ぜあわせ揚げてみました ~ヾ(^∇^)

味付けは和風かつおだし・・・磯の香りが食欲をそそります・・・

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1/2枚
にんじん 1/4本
ピーマン 1/2個
ちくわ 4本
たまご 1個
小麦粉 1/2カップ
かつおだし 1/2カップ
あおさ 適量

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる

小麦粉

小麦たんぱくの量によって種類が異なります。

薄力粉:たんぱく質の含有量が8%以下で強い粘りが出ないのが特徴です。

強力粉:たんぱく質の含有量が12%で強い粘りが出るのが特徴です。

⇒ 小麦粉の食品成分表をみる


⇒ 他の野菜の食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 ちくわは片側に切り込みを入れ、こんにゃく、にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)、ピーマン(へたと種をとる)は細切りにする。

作り方1


 こんにゃくは5分くらいだしで煮込み下味をつける。ピーマン、にんじんはサット素揚げする。

作り方2


 ボールに小麦粉、たまご、海苔佃煮、かつおだしを入れ衣を作る。

作り方3


 ちくわに具材を入れ③の衣をつけて約180℃の油で3分くらい揚げる。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 232 ビタミンD / μg 1.0
たんぱく質 / g 12.6 ビタミンE / mg 0.6
脂質 / g 4.4 ビタミンK / μg 5
炭水化物 / g 35.0 ビタミンB1 / mg 0.09
ナトリウム / mg 510 ビタミンB2 / mg 0.18
カリウム / mg 217 ナイアシン / mg 1.2
カルシウム / mg 80 ビタミンB6 / mg 0.08
マグネシウム / mg 50 ビタミンB12 / μg 0.8
リン / mg 141 葉酸 / μg 22
鉄 / mg 1.7 パントテン酸 / mg 0.64
亜鉛 / mg 0.7 ビタミンC / mg 4
銅 / mg 0.10 コレステロール / mg 128
マンガン / mg 0.24 食物繊維水溶性 / g 0.6
レチノール当量 / μg 81 食物繊維不溶性 / g 2.7
βカロテン当量 / μg 482 食塩相当量 / g 1.3

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくのかき揚げヾ(^∇^)♪

こんにゃくのかき揚げ



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:198Kcal/1人分

簡単!ダイエットにおすすめ!グルコマンナンで腸内をきれいにヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はこんにゃくでかき揚げを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付け和風かつおだし・・ほんのり磯の香り✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

 


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
にんじん 1/6本
ピーマン 1/2個
たまねぎ 1/2個
たまご 1個
小麦粉 1/2カップ
かつおだし 1/3カップ
青のり お好み

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる

小麦粉

小麦たんぱくの量によって種類が異なります。

薄力粉:たんぱく質の含有量が8%以下で強い粘りが出ないのが特徴です。

強力粉:たんぱく質の含有量が12%で強い粘りが出るのが特徴です。

⇒ 小麦粉の食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、こんにゃく、にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)、ピーマン(へたと種をとる)は細切りにする。こんにゃくは5分くらいだしで煮込み下味をつける(こんにゃくは表面に切り込みを入れておくとよい)

作り方1


 ボールに小麦粉、たまご、青のり、かつおだし(水1/3カップ+顆粒風味調味料小さじ1)を加え衣を作る。

作り方2


 具材に衣をつけ約180℃の油で3分くらい揚げる。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 198 ビタミンD / μg 0.5
たんぱく質 / g 7.3 ビタミンE / mg 0.5
脂質 / g 3.5 ビタミンK / μg 5
炭水化物 / g 34.8 ビタミンB1 / mg 0.10
ナトリウム / mg 109 ビタミンB2 / mg 0.17
カリウム / mg 254 ナイアシン / mg 0.9
カルシウム / mg 93 ビタミンB6 / mg 0.19
マグネシウム / mg 37 ビタミンB12 / μg 0.8
リン / mg 114 葉酸 / μg 33
鉄 / mg 2.4 パントテン酸 / mg 0.76
亜鉛 / mg 0.8 ビタミンC / mg 10
銅 / mg 0.12 コレステロール / mg 116
マンガン / mg 0.36 食物繊維水溶性 / g 1.0
レチノール当量 / μg 100 食物繊維不溶性 / g 3.4
βカロテン当量 / μg 710 食塩相当量 / g 0.3

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

レンジで作る!こんにゃくとピーマンのチーズ焼きヾ(^∇^)♪

こんにゃくとピーマンのチーズ焼き



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:185Kcal/1人分

レンジで簡単!ダイエットにおすすめでーす~ヾ(^∇^) 『火を使わずにレンジとオーブントースターで調理しまーす』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はピーマンの中にシーチキンとたっぷりの野菜、こんにゃくをのせたチーズ焼きを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはマヨネーズツナに塩・こしょう✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
ツナ 1缶
たまねぎ 1/4個
にんじん 3cmくらい
ピーマン 2個
チーズ 35g
マヨネーズ 小さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

チーズ

チーズは牛乳の栄養成分が凝縮して、たんぱく質カルシウムビタミンAなど何倍も豊富に含まれています。カルシウムの吸収率は良く、効率よく摂取できます。緑黄色野菜といっしょにとるとカロテンの吸収率が上がります。エネルギー、塩分、飽和脂肪酸が多いので肥満の人は要注意!

ナチュラルチーズ:牛乳、山羊乳を原料に発酵させたもの

プロセスチーズ:ナチュラルチーズをミックスして加熱処理したもの

⇒ チーズの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 ピーマンは半分に切りたねをとる。こんにゃくは表面に切れ目を入れピーマンに入るサイズに切る。たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま、それぞれみじん切りにする。

作り方1

👉料理のポイント

写真の手順で作ると野菜が少しシャキシャキはん生ですので下記手順をおすすめします(^^;

耐熱容器に①の食材がつかるくらい水+顆粒風味調味料(小さじ1)を入れラップをして(表面に爪楊枝で5ヶ所くらい穴をあける)電子レンジ(600W)で2分くらい加熱する。

吹きこぼれ注意!!


 ボールで①、ツナ、マヨネーズ、塩、こしょうを振り混ぜ合わせる。

作り方2


 ピーマンに②→こんにゃく→②→チーズの順にのせる。

作り方3


 オーブントースターで10~15分くらい焼く。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 185 ビタミンD / μg 0.8
たんぱく質 / g 11.8 ビタミンE / mg 1.4
脂質 / g 13.1 ビタミンK / μg 24
炭水化物 / g 5.7 ビタミンB1 / mg 0.03
ナトリウム / mg 378 ビタミンB2 / mg 0.10
カリウム / mg 198 ナイアシン / mg 3.3
カルシウム / mg 165 ビタミンB6 / mg 0.19
マグネシウム / mg 23 ビタミンB12 / μg 0.9
リン / mg 156 葉酸 / μg 17
鉄 / mg 0.8 パントテン酸 / mg 0.17
亜鉛 / mg 1.1 ビタミンC / mg 15
銅 / mg 0.07 コレステロール / mg 25
マンガン / mg 0.10 食物繊維水溶性 / g 0.4
レチノール当量 / μg 89 食物繊維不溶性 / g 2.5
βカロテン当量 / μg 527 食塩相当量 / g 1.0





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくチャーハン~ヾ(^∇^)♪

こんにゃくチャーハン



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:318Kcal/1人分

簡単!ダイエットにおすすめヾ(^∇^)こんにゃくを使った低カロリーチャーハンです。『こんにゃくは低カロリーで食物繊維のグルコマンナンを豊富に含みます』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はチャーハンのご飯を半分こんにゃくにしてを作ってみました…カロリーカット ~ヾ(^∇^)

味付けは和風かつおだしに塩・こしょといたってシンプル・✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
たまねぎ 1個
にんじん 1/2本
ピーマン 2個
ベーコン 60g
たまご 1個
ごはん 茶碗2杯
醤油 少々
かつおだし顆粒 少々
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

こんにゃく、たまねぎ(皮をむき上部とつけ根を切り取り)、ピーマン(へたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜く)、にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)はみじん切りにし、ベーコンは1cm幅くらいに切る。

作り方1


 フライパンに油を敷き、こんにゃくに塩、こしょうをふり先に炒める。

作り方2


 ②にたまご(かきまぜておく)を入れ半熟になるとご飯を入れ炒める。(野菜より先にごはんを炒めたほうが、ごはんがパラパラになりやすいです)

作り方3


 ③にたまねぎ、にんじん、ピーマン、ベーコンを入れ炒める。炒まったら醤油、かつおだし(顆粒)、塩、こしょうで味を調える。

作り方4


point ~ヾ(^∇^)

普通のチャーハンのごはんだけを半分こんにゃくにした時の比較です。参考までに(^_^)

普通のチャーハン:(ごはん200g / 1人分で計算しています。)

こんにゃくチャーハン:(こんにゃく100g、ごはん100g / 1人分で計算しています。)

(料理に含まれる成分1人分)

普通のチャーハン こんにゃくチャーハン
栄 養 素 成 分 値 成 分 値 成 分 値
エネルギー / Kcal 481 318 -163
たんぱく質 / g 14.9 12.5 -2.4
脂質 / g 7.2 6.9 -0.3
炭水化物 / g 86.1 51.3 -34.8
ナトリウム / mg 514 523 9
カリウム / mg 401 405 4
カルシウム / mg 53 93 40
マグネシウム / mg 36 31 -5
リン / mg 244 215 -29
鉄 / mg 1.4 1.7 0.3
亜鉛 / mg 2.3 1.8 -0.5
銅 / mg 0.32 0.24 -0.08
マンガン / mg 0.93 0.60 -0.33
レチノール当量 / μg 234 234 0
βカロテン当量 / μg 2,296 2,296 0
ビタミンD / μg 0.6 0.6 0.0
ビタミンE / mg 0.7 0.7 0.0
ビタミンK / μg 12 12 0
ビタミンB1 / mg 0.28 0.26 -0.02
ビタミンB2 / mg 0.27 0.26 -0.01
ナイアシン / mg 2.1 1.9 -0.2
ビタミンB6 / mg 0.31 0.31 0.00
ビタミンB12 / μg 0.6 0.6 0.0
葉酸 / μg 43 41 -2
パントテン酸 / mg 1.44 1.19 -0.25
ビタミンC / mg 43 43 0
コレステロール / mg 131 131 0
食物繊維水溶性 / g 1.1 1.2 0.1
食物繊維不溶性 / g 2.6 4.4 1.8
食塩相当量 / g 1.3 1.3 0.0

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくと白菜のカレースープヾ(^∇^)♪

こんにゃくと白菜のカレースープ



出来上がり数:2人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:98Kcal/1人分

簡単!ダイエットにおすすめヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はこんにゃくと白菜のカレースープを作ってみましたヾ(^∇^)

味付けは鶏がらスープ・・ちょっとピリ辛ほんのりバジルの香りが・・




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
はくさい 4枚
たまねぎ 1個
にんじん 1本
鶏がらスープ 1/2カップ
カレー粉 小さじ2
バジル(粉) 少々
ウコン(粉) 少々
ローリエ 1枚
砂糖 少々
塩・こしょう 少々

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

はくさい

不要な塩分を排出し高血圧予防が期待できるカリウムおよびビタミンC、ミネラル類を含み免疫力アップにも効果的です。

⇒ はくさいの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 こんにゃくは表面に切り込みを入れサイコロ状に切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りみじん切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのままみじん切り、白菜は食べやすい大きさに切る。

作り方1


フライパンに油を敷き、塩、こしょう、カレー粉、バジル粉をふり、こんにゃく、にんじん、たまねぎを炒める。

作り方2


③ ②に鶏がらスープ(水+鶏がらスープ顆粒小さじ2)、さとう(少々)を加え10分くらい煮込む。

作り方3


 ③の野菜が柔らかくなったら、白菜を入れ5分くらい煮込む。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 98 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 4.8 ビタミンE / mg 0.5
脂質 / g 0.9 ビタミンK / μg 110
炭水化物 / g 20.1 ビタミンB1 / mg 0.11
ナトリウム / mg 285 ビタミンB2 / mg 0.23
カリウム / mg 633 ナイアシン / mg 3.3
カルシウム / mg 151 ビタミンB6 / mg 0.31
マグネシウム / mg 36 ビタミンB12 / μg 1.0
リン / mg 134 葉酸 / μg 86
鉄 / mg 3.0 パントテン酸 / mg 2.17
亜鉛 / mg 0.6 ビタミンC / mg 18
銅 / mg 0.17 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.55 食物繊維水溶性 / g 1.9
レチノール当量 / μg 374 食物繊維不溶性 / g 5.9
βカロテン当量 / μg 4472 食塩相当量 / g 0.7

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


レシピブログおすすめレシピ

豚と白菜のあっさりレモングラス塩鍋

豚と白菜のあっさりレモングラス塩鍋

エリオットゆかりさん

白菜とうま味たっぷりの豚バラ肉レモングラス風味の塩鍋です☆
レシピブログ

ローストチキンレッグ~カレーチーズ~

ローストチキンレッグ~カレーチーズ~

エリオットゆかりさん

ローストした鶏肉にカレーとチーズを加えた美味しいソースで仕上げてイギリス料理応用レシピです♪ローストと聞くとちょっと面倒なんて思いがちですが入れて焼くだけ~~^^美味しいソースをたっぷりかけて召し上がれ☆
レシピブログ

デコ鍋♡さるかに合戦の寄せ鍋

デコ鍋♡さるかに合戦の寄せ鍋

とまとママさん

娘のリクエストで塩鍋さっぱり塩味の鍋に練りものを入れるとお出しがでて、とっても美味しくなります。
レシピブログ

ダブルコラーゲン鍋でお肌がつるつる♪

ダブルコラーゲン鍋でお肌がつるつる♪

とまとママさん

エバラコラーゲン鍋の素コレ!プルプルコラーゲンが入っていて火にかけ温めるとスープ状になります。それに、手羽先が半額だったので一緒に煮込んでダブルコラーゲン鍋♪
レシピブログ

こんにゃくとピーマンの味噌炒めヾ(^∇^)♪

こんにゃくとピーマンの味噌炒め



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:290Kcal/1人分

簡単 ダイエットにおすすめ!こんにゃくと野菜を使った味噌炒めです『こんにゃくは低カロリーで食物繊維のグルコマンナンを豊富に含みます』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は栄養豊富なピーマン、にんじんたまねぎと低カロリーでダイエットに良いこんにゃくの味噌炒めを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けは味噌・・・ちょっと甘め!味噌の香りが食欲をそそります✨

お好みで唐辛子をくわえピリ辛もおすすめです~ヾ(^∇^)

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1丁
じゃがいも 2個
たまねぎ 1個
にんじん 1/2本
ピーマン 2個
味噌 大さじ2
さとう 大さじ2
みりん 大さじ2
大さじ2

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

① こんにゃくは表面に切り込みを入れサイコロ状に切る、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、ピーマンはへたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜き細切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切りにする。

作り方1


② フライパンに油を敷き(すこし多いめ)、こんにゃく、じゃがいも(透けてくるかんじまで炒める)を先に炒める。(焦げ付かないよう中火~弱火を調整)

作り方2


 ②にたまねぎ、にんじん、ピーマンをくわえ野菜がしんなりしてきたら、みりん(大さじ2)、酒(大さじ2)、さとう(大さじ2)、味噌をいれひと煮たちさせる。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 290 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 5.7 ビタミンE / mg 0.5
脂質 / g 2.6 ビタミンK / μg 9
炭水化物 / g 60.2 ビタミンB1 / mg 0.17
ナトリウム / mg 917 ビタミンB2 / mg 0.09
カリウム / mg 859 ナイアシン / mg 2.3
カルシウム / mg 99 ビタミンB6 / mg 0.49
マグネシウム / mg 54 ビタミンB12 / μg 0.0
リン / mg 132 葉酸 / μg 65
鉄 / mg 2.1 パントテン酸 / mg 0.92
亜鉛 / mg 0.8 ビタミンC / mg 72
銅 / mg 0.30 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.39 食物繊維水溶性 / g 2.2
レチノール当量 / μg 227 食物繊維不溶性 / g 6.1
βカロテン当量 / μg 2,707 食塩相当量 / g 2.3





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくと豚肉のバター醤油炒めヾ(^∇^)♪

こんにゃくと豚肉のバター醤油炒め



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:182Kcal/1人分

簡単!ダイエットにいかがですか?


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は、低カロリーのこんにゃくと高タンパクで低脂肪な豚ヒレ肉のバター醤油炒めを作ってみました~ヾ(^∇^)

味付けは和風かつおだし・ほんのりおネギとバターの香りが・・




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

豚ヒレ肉 150g
こんにゃく 1枚
ねぎ 1本
にんじん 1/2本
かつおだし 1/2カップ
醤油 大さじ1
バター 大さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

豚ヒレ肉

豚肉はビタミンB1を豊富に含みます。ビタミンB1は炭水化物のエネルギー代謝を助ける働きがあり、部位のなかでもヒレは高タンパクで低脂肪です。ダイエット中の人にはぴったりの部位です。

牛肉の赤身には、鉄分、ミネラルが豊富。

鶏肉は骨や皮ごと調理すればコラーゲンが摂取できます。

⇒ 豚ヒレ肉の食品成分表をみる

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

ねぎ

ビタミンCと血行を良くする香り成分の硫化アリルを白い部分に含みビタミンB1の吸収を促進する。また、緑の部分にはカロテン、カルシウムおよびミネラルを豊富に含み活性酸素の発生と発がんを抑制する効果があると言われている。

⇒ ねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 こんにゃく薄く切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切り、ねぎは斜め切り、豚肉は食べやすい大きさに切る。

作り方1

👉 料理のポイント

※ こんにゃくは表面に格子状に切り込みを入れておくと味の染み込みがよく美味しいです (^o^)/


 フライパンにバターをとかし豚肉、こんにゃくに塩、こしょうをふり炒める。

作り方2


 ②の豚肉に火がとおったら、ねぎ、にんじん入れ炒める。野菜がしんなりしてきたら、かつおだし、醤油で味を調える。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 182 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 18.7 ビタミンE / mg 1.5
脂質 / g 7.2 ビタミンK / μg 10
炭水化物 / g 11.5 ビタミンB1 / mg 0.96
ナトリウム / mg 707 ビタミンB2 / mg 0.25
カリウム / mg 584 ナイアシン / mg 5.3
カルシウム / mg 82 ビタミンB6 / mg 0.52
マグネシウム / mg 41 ビタミンB12 / μg 0.4
リン / mg 220 葉酸 / μg 50
鉄 / mg 1.7 パントテン酸 / mg 0.93
亜鉛 / mg 2.2 ビタミンC / mg 9
銅 / mg 0.13 コレステロール / mg 51
マンガン / mg 0.19 食物繊維水溶性 / g 0.5
レチノール当量 / μg 220 食物繊維不溶性 / g 4.1
βカロテン当量 / μg 2,611 食塩相当量 / g 1.8

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)