野菜たっぷりカレー🍛ヾ(^∇^)♪



出来上がり数:6人分
全調理時間:65分 実調理時間:60分 準備:5分 
カロリー:352Kcal/1人分

ルーはキャベツメインでたまねぎ、じゃがいも、にんじんを鶏ガラ、かつおだしで煮込んだ野菜たっぷりカレーです。


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

野菜たっぷりカレーは

https://mairepi.jp/recipe_hp094.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は野菜をたっぷりつかってカレーを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けは、鶏ガラと和風かつおだし・・ピリッと辛い✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)





(材料6人分)

じゃがいも 4個
たまねぎ 2個
にんじん 1本
キャベツ 1/2個
ピーマン 5個
しょうがチューブタイプ 2cmくらい
にんにくチューブタイプ 2cmくらい
ごはん 茶碗6杯
かつおだし 1.5カップ
鶏がらだし 1.5カップ
小麦粉 大さじ2
塩、こしょう 適量
バター 適量
さとう 小さじ2
ローリエ 1枚
カレー粉 大さじ2
ガラムマサラ粉 適量
シナモン粉 適量
ウコン粉 適量
バジル粉 適量
ナツメグ粉 適量
オレガノ粉 適量

(材料の特徴)

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

キャベツ

胃の粘膜の修復を助けると言われているビタミンUを豊富に含んでいます。また、葉の部分にはカロテン、アミノ酸、カルシウム芯の部分にはビタミンCを豊富に含んでいます。ビタミンC、Uは水溶性で熱に弱い性質です。

食べ頃

冬キャベツ 1月~3月頃

春キャベツ 3月~5月頃

夏キャベツ 7月~8月頃

⇒ キャベツの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

しょうが

血行を良くし体を温める働きのあるジンゲロールを含みます。冷え性や生理痛など効果が期待できます。また、消臭作用や抗菌作用もあります。

⇒ しょうがの食品成分表をみる

にんにく

強い殺菌作用および、がんや血栓を予防する効果が期待できるアリシンを含んでいます。体内でビタミンB1と結合するとスタミナ回復効果が期待できます。

⇒ にんにくの食品成分表をみる

小麦粉

小麦たんぱくの量によって種類が異なります。

薄力粉:たんぱく質の含有量が8%以下で強い粘りが出ないのが特徴です。

強力粉:たんぱく質の含有量が12%で強い粘りが出るのが特徴です。

⇒ 小麦粉の食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 じゃがいもは水洗いしてピーラーで皮をむき芽を取り四つ切りにする。たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り、くし形切りにする。にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま乱切りにする。

作り方1


 お鍋にバター(大さじ2)を溶かし①のたまねぎ、にんじん(半分は後でバター炒めにするので残しておく)、じゃがいもを炒める。

作り方2


 ②のたまねぎがしんなりしてきたら、小麦粉、塩、こしょう、香辛料を加えて、さらに炒める。

作り方3


 キャベツは、丸ごとの場合縦に半分に切り1/2を芯のすぐ横に斜めに包丁を入れ、反対側も同様に芯のすぐ横に斜めに包丁を入れ、芯を取り除き、ざく切りにして、③に加えて、圧力鍋で30分くらい煮込み、そのあと弱火で20分くらい煮込む。

作り方4


⑤ フライパンにバター(大さじ1)を溶かし塩、こしょう、ウコン(粉)をふり、ごはんを炒める。

作り方5


 ピーマン(へたの周りに包丁で切込みを入れて、へたを引き抜き半分に切る)、にんじんは塩こしょうをふりバター炒めにする。

作り方6


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 308 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 6.1 ビタミンE / mg 0.6
脂質 / g 1.2 ビタミンK / μg 72
炭水化物 / g 68.4 ビタミンB1 / mg 0.16
ナトリウム / mg 418 ビタミンB2 / mg 0.08
カリウム / mg 665 ナイアシン / mg 1.8
カルシウム / mg 85 ビタミンB6 / mg 0.37
マグネシウム / mg 48 ビタミンB12 / μg 0.0
リン / mg 126 葉酸 / μg 82
鉄 / mg 1.8 パントテン酸 / mg 1.04
亜鉛 / mg 1.1 ビタミンC / mg 64
銅 / mg 0.29 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 1.14 食物繊維水溶性 / g 2.0
レチノール当量 / μg 218 食物繊維不溶性 / g 4.6
βカロテン当量 / μg 2,627 食塩相当量 / g 1.1

レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


レシピブログおすすめレシピ

ローストチキンレッグ~カレーチーズ~

ローストチキンレッグ~カレーチーズ~

エリオットゆかりさん

ローストした鶏肉にカレーとチーズを加えた美味しいソースで仕上げてイギリス料理応用レシピです♪ローストと聞くとちょっと面倒なんて思いがちですが入れて焼くだけ~~^^美味しいソースをたっぷりかけて召し上がれ☆
レシピブログ

マリガト―二スープ(Mulligatawany soup)

マリガト―二スープ(Mulligatawany soup)

エリオットゆかりさん

カレー風味のスープの中にご飯の入った少し変わったスープをご紹介します♪野菜たっぷりでヘルシー。これ1皿で満足できる1品です。焼き立てのパンと一緒にぜひ召し上がってみてくださいね。お友達を呼んでのランチにもいいかも!
レシピブログ

カレーチーズパン☆可愛い謎ナゾせいぶつパン

カレーチーズパン☆可愛い謎ナゾせいぶつパン

めろんぱんさん

カレーパンの変わりダネ、生地をカレー味にして中にチーズを包みました! 不思議で可愛らしい(あやしい?)見た目で、朝ごはんとしても、夜食としても、おやつとしても♪
レシピブログ

カレーチーズパン☆カレーのパン生地でチーズを巻きました

カレーチーズパン☆カレーのパン生地でチーズを巻きました

めろんぱんさん

生地にカレーパウダーを使い、カレー味のパンにしました。チーズを巻いて、朝食にぴったりの手作りパンです。1時間ほどで出来上がります。
レシピブログ

かぼちゃのガーリックカレー炒め♪

かぼちゃのガーリックカレー炒め♪

とまとママさん

ハロウィンも近づいてくるので激ウマ!かぼちゃ料理です〜♪
レシピブログ

丸鶏のエスニックカレー焼きでクリスマスピラフ フライパンディナー

丸鶏のエスニックカレー焼きでクリスマスピラフ フライパンディナー

青山 金魚さん

味付けは、味付けカレーパウダーで簡単に。塩こんぶの旨味が隠し味。レモングラスとタイムをプラスして、エスニックカレー味の丸どりをご飯と一緒にピラフにして召し上がれ♪
レシピブログ

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくのジャーマンポテトヾ(^∇^)♪

こんにゃくのジャーマンポテト



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:231Kcal/1人分

簡単!ダイエットにおすすめヾ(^∇^)こんにゃくでボリュームアップ(^o^)/ 『じゃがいもはビタミンCを豊富に含み抗酸化作用や美肌効果も期待できます』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

こんにゃくのジャーマンポテトは

https://mairepi.jp/recipe_hp093.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はこんにゃくを加えてジャーマンポテトを作ってみましたヾ(^∇^)

味付けはシンプルに塩・こしょうにベーコンの香りが食欲をそそりますヾ(^∇^)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
じゃがいも 2個
たまねぎ 1個
にんじん 1/2本
ベーコン 60g
塩・こしょう 少々
パセリ(乾燥) 少々

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

パセリ

ビタミン類、カロテン、食物繊維、鉄などのミネラルを豊富に含みます。濃い緑色に含まれるクロロフィルには口臭や体臭を防ぐ効果があり、貧血予防や血中コレステロール値を下げる効果も期待できます。最近では香りや味にくせのない平葉種のイタリアンパセリも一般的になってきています。
⇒ パセリの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 こんにゃく、じゃがいも(水洗いしてピーラーで皮をむき芽を取る)、たまねぎ(皮をむき上部とつけ根を切り取り)、にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)は薄切りにする。

作り方1


 お鍋に食材がつかるくらいの水を入れこんにゃく、じゃがいも、にんじんを加えひと煮たちさせ弱火で3分くらい塩ゆでする。

作り方2


 フライパンにオリーブを敷きベーコン、たまねぎを炒める。

作り方3


 ③のたまねぎがしんなりしてきたら、②を入れ炒め塩、こしょうで味を調える。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 177 ビタミンD / μg 0.1
たんぱく質 / g 7.8 ビタミンE / mg 0.2
脂質 / g 3.9 ビタミンK / μg 5
炭水化物 / g 29.8 ビタミンB1 / mg 0.30
ナトリウム / mg 888 ビタミンB2 / mg 0.16
カリウム / mg 693 ナイアシン / mg 2.8
カルシウム / mg 81 ビタミンB6 / mg 0.37
マグネシウム / mg 39 ビタミンB12 / μg 0.3
リン / mg 161 葉酸 / μg 40
鉄 / mg 1.6 パントテン酸 / mg 0.88
亜鉛 / mg 0.9 ビタミンC / mg 53
銅 / mg 0.21 コレステロール / mg 15
マンガン / mg 0.40 食物繊維水溶性 / g 1.5
レチノール当量 / μg 223 食物繊維不溶性 / g 4.1
βカロテン当量 / μg 2653 食塩相当量 / g 2.2

レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

じゃがいもとツナの野菜炒めヾ(^∇^)♪

じゃがいものツナ炒め



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:402Kcal/1人分

簡単!野菜たっぷり🥕ツナフレークで炒めましたヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

じゃがいもとツナの野菜炒めは

https://mairepi.jp/recipe_hp031.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はツナを加えて和風野菜炒めを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・・ツナと相性抜群で~す😋

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

じゃがいも 4個
ピーマン 4個
にんじん 1/2本
たまねぎ 1/2個
しめじ 1/2パック
かつおだし 大さじ1
醤油 大さじ1
ツナ 2缶

(材料の特徴)

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

とうもろこし

糖質、たんぱく質が主成分でビタミンE、ビタミンB1、B2、亜鉛、鉄、食物繊維など栄養豊富な食材ですがカロリーが高いので要注意です。(食べ頃:6月~9月頃)

⇒ とうもろこしの食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 じゃがいもは水で洗いピーラーで皮をむきスティック状に切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま乱切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、しめじは石づきを切り落とし、ピーマンはへたと種をとり角切りにする。

作り方1

 フライパンにシーチキンを入れその油で、じゃがいも、にんじんを炒める。

作り方2

 じゃがいも、にんじんに火が通ったら残りの野菜を入れいためる。醤油、かつおだしで味を整える。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 401 ビタミンD / μg 4.3
たんぱく質 / g 19.8 ビタミンE / mg 2.9
脂質 / g 22.3 ビタミンK / μg 14
炭水化物 / g 32.7 ビタミンB1 / mg 0.26
ナトリウム / mg 808 ビタミンB2 / mg 0.21
カリウム / mg 987 ナイアシン / mg 15.5
カルシウム / mg 33 ビタミンB6 / mg 0.78
マグネシウム / mg 63 ビタミンB12 / μg 2.3
リン / mg 244 葉酸 / μg 66
鉄 / mg 2.1 パントテン酸 / mg 1.43
亜鉛 / mg 1.1 ビタミンC / mg 78
銅 / mg 0.24 コレステロール / mg 33
マンガン / mg 0.36 食物繊維水溶性 / g 1.6
レチノール当量 / μg 202 食物繊維不溶性 / g 4.9
βカロテン当量 / μg 2,413 食塩相当量 / g 2.1

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

キノコとポテトのスパイシー炒めヾ(^∇^)♪

キノコとポテトのスパイシー炒め



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:117Kcal/1人分

簡単!キノコとじゃがいも・ヘルシーフードのもやしを加えた炒め物ですヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

キノコとポテトのスパイシー炒めは

https://mairepi.jp/recipe_hp138.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はキノコとポテトのスパイシー炒めを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けかつおだし・醤油・・ちょっとピリ辛ほんのりニンニクの香りが・・


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

 


(材料2人分)

じゃがいも 2個
もやし 1袋
にんじん 1本
ピーマン 2個
エリンギ 大きめ1本
ニンニク 適量
乾燥唐辛子 適量
かつおだし顆粒 少々
醤油 少々
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

もやし

低カロリーで血圧を下げる働きのあるカリウムの他にビタミンC、B1、B2、など栄養豊富なヘルシーフードです。

⇒ もやしの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

パプリカ:赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

エリンギ

腸内をきれいにし、コレステロール値を下げる効果のある食物繊維が豊富に含まれています。また、高血圧症の解消に良いと言われているカリウムも豊富に含まれています。

⇒ エリンギの食品成分表をみる

にんにく

強い殺菌作用および、がんや血栓を予防する効果が期待できるアリシンを含んでいます。体内でビタミンB1と結合するとスタミナ回復効果が期待できます。

⇒ にんにくの食品成分表をみる

唐辛子

食欲を増進させ消化吸収を助ける辛み成分のカプサイシンを含みます。また、エネルギー代謝をよくするため、体脂肪が分解される効果が期待できます。生のものには、ビタミンCが含まれますが、乾燥させたものには含まれません。(食べ頃:7月~10月頃)

⇒ 唐辛子の食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 エリンギは石づきを切り落として薄切り、じゃがいもは水洗いして芽を取りピーラーで皮をむき、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま、ピーマンはへたと種をとり、食材を細切りにする。

作り方1

 フライパンに油を敷きニンニク、唐辛子、じゃがいも、にんじん、ピーマンを炒める。

作り方2

 ②のじゃがいもが半透明になってきたら、エリンギ、もやしを加えさらに炒める。野菜がしんなりしてきたら、醤油、かつおだし顆粒、塩、こしょうで味を調える。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 117 ビタミンD / μg 0.7
たんぱく質 / g 5.2 ビタミンE / mg 2.5
脂質 / g 0.5 ビタミンK / μg 53
炭水化物 / g 26.8 ビタミンB1 / mg 0.20
ナトリウム / mg 389 ビタミンB2 / mg 0.26
カリウム / mg 712 ナイアシン / mg 4.6
カルシウム / mg 36 ビタミンB6 / mg 0.44
マグネシウム / mg 45 ビタミンB12 / μg 0.0
リン / mg 130 葉酸 / μg 120
鉄 / mg 1.3 パントテン酸 / mg 1.65
亜鉛 / mg 1.0 ビタミンC / mg 40
銅 / mg 0.26 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.38 食物繊維水溶性 / g 1.3
レチノール当量 / μg 375 食物繊維不溶性 / g 5.3
βカロテン当量 / μg 4,471 食塩相当量 / g 1.0

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

かぼちゃとじゃがいものピカタヾ(^∇^)♪

かぼちゃとじゃがいものピカタ



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:314Kcal/1人分

簡単!かぼちゃに含まれるビタミンEが体を若返らせるヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

かぼちゃとじゃがいものピカタは

https://mairepi.jp/recipe_hp069.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はかぼちゃとじゃがいもでピカタつくってみました ~ヾ(^∇^)

素材の味にほんのりバターとチーズの香り✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

かぼちゃ 10スライス
じゃがいも 1個
にんじん 1/2本
たまご 1個
小麦粉 大さじ3
バター 大さじ1
粉チーズ 大さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

かぼちゃ

カロテンやビタミン類が特に豊富で免疫力を高める効果があり、他にもホルモンを調整するビタミンEも含まれています。カロテンは脂溶性なので脂質などと一緒に摂ると吸収が高まります。(食べ頃:5月~9月頃)

⇒ かぼちゃの食品成分表をみる

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる

小麦粉

小麦たんぱくの量によって種類が異なります。

薄力粉:たんぱく質の含有量が8%以下で強い粘りが出ないのが特徴です。

強力粉:たんぱく質の含有量が12%で強い粘りが出るのが特徴です。

⇒ 小麦粉の食品成分表をみる

チーズ

チーズは牛乳の栄養成分が凝縮して、たんぱく質カルシウムビタミンAなど何倍も豊富に含まれています。カルシウムの吸収率は良く、効率よく摂取できます。緑黄色野菜といっしょにとるとカロテンの吸収率が上がります。エネルギー、塩分、飽和脂肪酸が多いので肥満の人は要注意!

ナチュラルチーズ:牛乳、山羊乳を原料に発酵させたもの

プロセスチーズ:ナチュラルチーズをミックスして加熱処理したもの

⇒ チーズの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 かぶちゃは種とわたをスプーンで取り除き薄切りにする。

 じゃがいもは水洗いして芽を取りピーラーで皮をむき薄切りにする。

 にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま薄切りにする。

作り方1


①~③に塩、こしょうで下味をつけとき卵、パルメザンチーズ焼きにからめる。

作り方2


フライパンにバターをとかし、④に水を少しくわえ蓋をして蒸し焼きにする。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 253 ビタミンD / μg 0.6
たんぱく質 / g 7.9 ビタミンE / mg 0.8
脂質 / g 10.2 ビタミンK / μg 20
炭水化物 / g 31.6 ビタミンB1 / mg 0.11
ナトリウム / mg 181 ビタミンB2 / mg 0.20
カリウム / mg 551 ナイアシン / mg 1.1
カルシウム / mg 76 ビタミンB6 / mg 0.22
マグネシウム / mg 28 ビタミンB12 / μg 0.3
リン / mg 129 葉酸 / μg 67
鉄 / mg 1.2 パントテン酸 / mg 1.08
亜鉛 / mg 0.9 ビタミンC / mg 16
銅 / mg 0.13 コレステロール / mg 137
マンガン / mg 0.22 食物繊維水溶性 / g 1.2
レチノール当量 / μg 391 食物繊維不溶性 / g 2.9
βカロテン当量 / μg 3,443 食塩相当量 / g 0.5

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

白菜とじゃがいものバター醤油炒めヾ(^∇^)♪

白菜とじゃがいものバター醤油炒め



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:331Kcal/1人分

簡単!食物繊維がたっぷり和風バター醤油炒めです。


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

白菜とじゃがいものバター醤油炒めは

https://mairepi.jp/recipe_hp133.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は野菜の炒め物を作ってみましたヾ(^∇^)

味付和風かつおだし醤油・・ほんのりバターの香り

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(^o^)/





レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

はくさい 5枚
じゃがいも 2個
たまねぎ 1個
にんじん 1/2本
ソーセージ 6本
バター 小さじ1
醤油 小さじ1
かつおだし顆粒 小さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

はくさい

不要な塩分を排出し高血圧予防が期待できるカリウムおよびビタミンC、ミネラル類を含み免疫力アップにも効果的です。

⇒ はくさいの食品成分表をみる

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 白菜は葉をはがしざく切り、じゃがいもは水洗いして芽を取りピーラーで皮をむき角切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り薄切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま角切り、ウインナーは1cm幅くらいに切る。

作り方1


 フライパンに多いめの油を敷き、じゃがいも、にんじんを素揚げする。

作り方2


 ②の余分な油を取り除き、バターを溶かしてたまねぎ、ウインナー、白菜を加え塩、こしょうをふり炒める。

作り方3


 野菜がしんなりしてきたら、醤油、顆粒風味調味料を入れ味を調える(水分が少ないときは、水を少々入れる)

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 331 ビタミンD / μg 0.3
たんぱく質 / g 11.9 ビタミンE / mg 0.9
脂質 / g 19.1 ビタミンK / μg 116
炭水化物 / g 29.8 ビタミンB1 / mg 0.26
ナトリウム / mg 1,055 ビタミンB2 / mg 0.15
カリウム / mg 791 ナイアシン / mg 3.6
カルシウム / mg 91 ビタミンB6 / mg 0.40
マグネシウム / mg 46 ビタミンB12 / μg 0.7
リン / mg 218 葉酸 / μg 87
鉄 / mg 1.6 パントテン酸 / mg 1.30
亜鉛 / mg 1.5 ビタミンC / mg 41
銅 / mg 0.21 コレステロール / mg 35
マンガン / mg 0.44 食物繊維水溶性 / g 1.9
レチノール当量 / μg 303 食物繊維不溶性 / g 3.8
βカロテン当量 / μg 3,616 食塩相当量 / g 2.7

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

スパイシーポテトヾ(^∇^)♪

スパイシーポテト



出来上がり数:2人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:348Kcal/1人分

簡単!ホクホクじゃがいもにとろーりチーズヾ(^∇^) 『豊富なビタミンで免疫力アップ、美肌効果も!』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

スパイシーポテトは

https://mairepi.jp/recipe_hp050.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はちょっとピリ辛じゃがいもの煮ものを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはカレー風味・・・生クリームととろけるチーズでクリーミーに仕上げました✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

じゃがいも 3個
たまねぎ 1個
にんじん 1/2本
ブロッコリー 2つぼみ
ピザチーズ 70g
生クリーム 小さじ1
バター 小さじ1
さとう 小さじ1
カレー粉 小さじ1
乾燥唐辛子 適量
塩こしょう 少々
バジル 少々
ローリエ 1枚
ガラムマサラ 少々
鶏がらスープ 2カップ

(材料の特徴)

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ブロッコリー

生活習慣病、がん抑制が期待できるスルフォラファン、βカロテン、ビタミンC、食物繊維を豊富に含みます。(食べ頃:11月~3月頃)

⇒ ブロッコリー食品成分表をみる

チーズ

チーズは牛乳の栄養成分が凝縮して、たんぱく質カルシウムビタミンAなど何倍も豊富に含まれています。カルシウムの吸収率は良く、効率よく摂取できます。緑黄色野菜といっしょにとるとカロテンの吸収率が上がります。エネルギー、塩分、飽和脂肪酸が多いので肥満の人は要注意!

ナチュラルチーズ:牛乳、山羊乳を原料に発酵させたもの

プロセスチーズ:ナチュラルチーズをミックスして加熱処理したもの

⇒ チーズの食品成分表をみる

唐辛子

食欲を増進させ消化吸収を助ける辛み成分のカプサイシンを含みます。また、エネルギー代謝をよくするため、体脂肪が分解される効果が期待できます。生のものには、ビタミンCが含まれますが、乾燥させたものには含まれません。(食べ頃:7月~10月頃)

⇒ 唐辛子の食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 ブロッコリーは水洗いしてつぼみのつけ根を切り小房に分けて熱湯で3分くらいゆで、じゃがいもは水洗いして芽を取りピーラーで皮をむき1口サイズに切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま乱切り。

作り方1


 お鍋にバターをとかし、じゃがいも、にんじん、たまねぎに塩、こしょうをふり炒める。

作り方2


 ②に具材がひたるくらい鶏がらスープ(水2カップ+鶏がらスープ顆粒小さじ2)を入れひと煮たちしたら弱火で柔らかくなるまで煮込む。

作り方3


 ③の煮汁、生クリーム、チーズをいれとろみがつくまで溶かす(ラップしてレンジ(600W)で1分くらい加熱する)③をお皿に盛り付け上にかける。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 348 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 15.4 ビタミンE / mg 2.3
脂質 / g 14.1 ビタミンK / μg 90
炭水化物 / g 41.4 ビタミンB1 / mg 0.20
ナトリウム / mg 1147 ビタミンB2 / mg 0.29
カリウム / mg 860 ナイアシン / mg 2.1
カルシウム / mg 303 ビタミンB6 / mg 0.55
マグネシウム / mg 63 ビタミンB12 / μg 0.7
リン / mg 298 葉酸 / μg 156
鉄 / mg 2.2 パントテン酸 / mg 1.41
亜鉛 / mg 2.1 ビタミンC / mg 93
銅 / mg 0.24 コレステロール / mg 33
マンガン / mg 0.53 食物繊維水溶性 / g 2.0
レチノール当量 / μg 287 食物繊維不溶性 / g 5.2
βカロテン当量 / μg 2252 食塩相当量 / g 2.9

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

小松菜とポテトのわさびマヨネーズ和えヾ(^∇^)♪

小松菜とポテトのわさびマヨネーズ和え



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:284Kcal/1人分

簡単!小松菜とじゃがいもをわさびマヨネーズで味付けしました『小松菜は栄養価の高い緑黄色野菜です』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

小松菜とポテトのわさびマヨネーズ和えは

https://mairepi.jp/recipe_hp099.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は栄養価の高い緑黄色野菜『小松菜』のポテトサラダを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはわさびマヨネーズ。。。わさびがツーンと

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

小松菜 1束
じゃがいも 3個
にんじん 1本
わさび/ねり 大さじ1
マヨネーズ 大さじ3
醤油 少々

(材料の特徴)

小松菜

鉄分やカルシウムなど栄養価の高い緑黄色野菜です。特にカルシウムの量は野菜の中では飛び抜けてます。骨粗しょう症の予防にもなり、子供の成長期にも良いでしょう。カルシウムはビタミンDと一緒に摂ると吸収が高まります。(食べ頃:12月~2月頃)

小松菜の食品成分表をみる ⇒

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

じゃがいもの食品成分表をみる ⇒

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

にんじんの食品成分表をみる ⇒

わさび

日本特有の香辛料です。鼻にツーンと抜ける辛さが特徴です。練りタイプには、本わさびを主原料としたものとホースラディッシュを主原料としたものの2種類あります。

わさびの食品成分表をみる ⇒


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 じゃがいも、にんじんはサイコロ状に切る。

作り方1

 じゃがいも、にんじんはやわらかくなるまで煮込む。

作り方2

③ 小松菜は沸騰したお湯でさっとゆで冷水で冷やし水けをしぼる。

作り方3

 ③にわさび、マヨネーズ、醤油を入れ和える。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 284 ビタミンD / μg 0.1
たんぱく質 / g 4.8 ビタミンE / mg 4.4
脂質 / g 14.2 ビタミンK / μg 341
炭水化物 / g 36.4 ビタミンB1 / mg 0.20
ナトリウム / mg 308 ビタミンB2 / mg 0.14
カリウム / mg 892 ナイアシン / mg 2.5
カルシウム / mg 173 ビタミンB6 / mg 0.40
マグネシウム / mg 51 ビタミンB12 / μg 0.0
リン / mg 129 葉酸 / μg 128
鉄 / mg 2.9 パントテン酸 / mg 1.13
亜鉛 / mg 0.8 ビタミンC / mg 75
銅 / mg 0.25 コレステロール / mg 11
マンガン / mg 0.46 食物繊維水溶性 / g 2.0
レチノール当量 / μg 623 食物繊維不溶性 / g 3.9
βカロテン当量 / μg 7,402 食塩相当量 / g 0.8

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

じゃがいもとベーコンのたまご和えヾ(^∇^)♪

じゃがいもとベーコンのたまご和え



出来上がり数:2人分
全調理時間:15分 実調理時間:10分 準備:5分 
カロリー:230Kcal/1人分

簡単!朝食にいかがですか? 『じゃがいもはビタミンCを豊富に含み、美肌効果も期待できるよ』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

じゃがいもとベーコンのたまご和えは

https://mairepi.jp/recipe_hp047.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はじゃがいも、たまねぎ、にんじん、ピーマンの野菜とベーコンのたまご和えを作ってみました (^o^)/

味付けは塩、こしょうのみですがベーコンを加えることによりジューシーで美味しく仕上がってます!

他の料理もベーコンを入れると味付けに失敗しにくいよ☆彡

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(^o^)/


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

 たまご 2個
 ベーコン 70g
 じゃがいも 2個
 ピーマン 1個
 にんじん 1/2本
 たまねぎ 1/2個
 塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。
⇒ たまごの食品成分表をみる

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 じゃがいも(水洗いして芽を取りピーラーで皮をむく)、ベーコンは1cm角くらいに切り、たまねぎ(皮をむき上部とつけ根を切り取る)、ピーマン(へたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜く)、にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)はみじん切りにする。

作り方1


 フライパンに油を敷き先にじゃがいも、にんじんを中火で炒める。

作り方2


 ②のじゃがいも、にんじんに火がとおったらたまねぎ、ピーマンベーコンを加え野菜がしんなりするまで中火炒め、塩、こしょうで味を調える。

作り方3


 強火にして③に溶きたまごを流し入れ全体を混ぜながらたまごに火がとおるまで炒める。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 230 ビタミンD / μg 1.1
たんぱく質 / g 14.5 ビタミンE / mg 0.9
脂質 / g 10.4 ビタミンK / μg 11
炭水化物 / g 19.2 ビタミンB1 / mg 0.30
ナトリウム / mg 510 ビタミンB2 / mg 0.39
カリウム / mg 526 ナイアシン / mg 2.3
カルシウム / mg 49 ビタミンB6 / mg 0.33
マグネシウム / mg 32 ビタミンB12 / μg 0.8
リン / mg 237 葉酸 / μg 49
鉄 / mg 1.8 パントテン酸 / mg 1.48
亜鉛 / mg 1.5 ビタミンC / mg 40
銅 / mg 0.17 コレステロール / mg 249
マンガン / mg 0.21 食物繊維水溶性 / g 0.9
レチノール当量 / μg 231 食物繊維不溶性 / g 1.8
βカロテン当量 / μg 1772 食塩相当量 / g 1.3

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくとポテトの生姜焼きヾ(^∇^)♪

こんにゃくと野菜の生姜焼き


出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:132Kcal/1人分

簡単!ダイエットにおすすめ!野菜たっぷり栄養満点✨こんにゃくでボリュームアップ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

こんにゃくとポテトの生姜焼きは

https://mairepi.jp/recipe_hp076.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は野菜たっぷり生姜焼きを作ってみました..ごはんにかけて丼にしも美味しいです ~ヾ(^∇^)

味付けは和風かつおだし醤油・・・生姜の香りが食欲をそそります✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
はくさい 4枚
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/2本
じゃがいも 2個
ピーマン 2個
生姜チューブタイプ 2cmくらい
醤油 大さじ2
かつおだし顆粒 小さじ1
みりん 大さじ2
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

はくさい

不要な塩分を排出し高血圧予防が期待できるカリウムおよびビタミンC、ミネラル類を含み免疫力アップにも効果的です。

⇒ はくさいの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

しょうが

血行を良くし体を温める働きのあるジンゲロールを含みます。冷え性や生理痛など効果が期待できます。また、消臭作用や抗菌作用もあります。

⇒ しょうがの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 こんにゃく、じゃがいも(水洗いしてピーラーで皮をむき芽を取る)にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)ピーマン(へたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜く)は細切り、たまねぎはくし形ぎり、はくさいは葉をはがし食べやすい大きさに切る。

作り方1


 フライパンに油を敷きじゃがいも、こんにゃくを先に炒める。

作り方2


 ②が炒ったらピーマン、にんじん、たまねぎ、はくさいを加え塩、こしょう(少々)生姜(チューブタイプ2cmくらい)を入れ野菜がしんなりするまで炒める。

作り方3


 ③にしょうゆ(大さじ2)かつおだし(水1/4カップ+かつおだし顆粒小さじ1)みりん(大さじ2)を加えふたをしてひと煮たちさせる。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 132 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 3.6 ビタミンE / mg 0.5
脂質 / g 0.3 ビタミンK / μg 92
炭水化物 / g 31.0 ビタミンB1 / mg 0.06
ナトリウム / mg 1170 ビタミンB2 / mg 0.07
カリウム / mg 542 ナイアシン / mg 1.2
カルシウム / mg 106 ビタミンB6 / mg 0.27
マグネシウム / mg 39 ビタミンB12 / μg 0.0
リン / mg 99 葉酸 / μg 72
鉄 / mg 1.4 パントテン酸 / mg 0.73
亜鉛 / mg 0.7 ビタミンC / mg 36
銅 / mg 0.12 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.40 食物繊維水溶性 / g 1.4
レチノール当量 / μg 234 食物繊維不溶性 / g 4.6
βカロテン当量 / μg 2791 食塩相当量 / g 3.0

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)