野菜たっぷりチキンステーキヾ(^∇^)♪

チキンステーキ



出来上がり数:4人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:379Kcal/1人分

簡単!野菜とキノコのトマトソースで味わうチキンステーキですヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は鶏もも肉のステーキを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けは塩コショウ..ほんのりバジル・ローリエの香り・・野菜たっぷりトマトソースで栄養補給✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

(材料4人分)

鶏もも肉 2枚
たまねぎ 1個
にんじん 1本
えのきたけ 1パック
かいわれ大根 1/2パック
ホールトマト(缶詰) 1缶
トマトケチャップ 大さじ3
バジル(粉) 少々
1/2カップ
ローリエ 1枚
コンソメ(顆粒) 大さじ1
さとう 大さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

鶏肉

食肉は良質たんぱく質源であり、鶏肉(脂質は100g中/ささみ0.8g、胸肉1.5g、もも肉3.9g)は高たんぱく低脂肪食材です。また、骨や皮ごと調理すればコラーゲンも摂取できます。
⇒ 鶏肉の食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)
⇒ にんじんの食品成分表をみる

えのきたけ

神経の興奮を鎮め肝臓や腎臓の働きを良くするギャバ成分が豊富に含まれています。また、ビタミンB1も豊富に含まれているので、疲労回復にも良いでしょう。
⇒ えのきたけの食品成分表をみる

トマト

有害な活性酸素の働きを抑える抗酸化作用および動脈硬化やがんの予防効果があるリコピンを含んでいます。他にもクエン酸を含み肉のうま味を引き出す効果があります。たまねぎと組み合わせれば血栓防止効果が期待できます。(食べ頃:6月~9月頃)

⇒ トマトの食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りみじん切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのままみじん切りにする。えのきたけは石づきを切り落とし半分に切る。

作り方1


 フライパンに少しおおいめの油を敷き皮の面を焦げ目がつくまで焼く。ひっくり返してローリエを1枚のせ蓋をして弱火で10分くらい火がとおるまで蒸し焼きにする。

作り方2


③ ②を取り出し余分な油をすてたまねぎ、にんじん、えのきたけに塩、こしょうをふり野菜がしんなりするまで炒める。

作り方3


 ③に②の鶏肉、ホールトマト、バジル、ケチャップ、コンソメ、砂糖、水を入れてひと煮たちさせお皿にとり、かいわれ大根を盛り付ける。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 379 ビタミンD / μg 0.6
たんぱく質 / g 35.5 ビタミンE / mg 1.9
脂質 / g 17.7 ビタミンK / μg 91
炭水化物 / g 19.3 ビタミンB1 / mg 0.32
ナトリウム / mg 1,129 ビタミンB2 / mg 0.48
カリウム / mg 1,006 ナイアシン / mg 10.8
カルシウム / mg 50 ビタミンB6 / mg 0.57
マグネシウム / mg 68 ビタミンB12 / μg 0.5
リン / mg 385 葉酸 / μg 69
鉄 / mg 2.7 パントテン酸 / mg 3.08
亜鉛 / mg 3.5 ビタミンC / mg 23
銅 / mg 0.27 コレステロール / mg 182
マンガン / mg 0.30 食物繊維水溶性 / g 1.2
レチノール当量 / μg 296 食物繊維不溶性 / g 3.6
βカロテン当量 / μg 2,884 食塩相当量 / g 2.4

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

チキンとオクラの南蛮漬けヾ(^∇^)♪



出来上がり数:2人分
全調理時間:35分 実調理時間:30分 準備:5分 
カロリー:527Kcal/1人分

簡単!ムチンパワーで体力アップヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

チキンとオクラの南蛮漬けは

https://mairepi.jp/recipe_hp058.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はスタミナ野菜のオクラと鶏肉で南蛮漬けを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けは甘酢・・ちょっと甘めのピリ辛仕上げ✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

鶏もも肉 340g
オクラ 6本
たまねぎ 1個
にんじん 1/2本
乾燥唐辛子 適量
かつおだし顆粒状 少々
醤油 大さじ1
さとう 大さじ6
1/2カップ
塩、こしょう 少々
小麦粉 適量

(材料の特徴)

鶏肉

食肉は良質たんぱく質源であり、鶏肉(脂質は100g中/ささみ0.8g、胸肉1.5g、もも肉3.9g)は高たんぱく低脂肪食材です。また、骨や皮ごと調理すればコラーゲンも摂取できます。

⇒ 鶏肉の食品成分表をみる

オクラ

腸内の善玉菌を増やし腸のかんきょうを整え、血中コレステロール値を下げる効果があるペクチンと体内で消化器などの粘膜をおおって保護する働きのあるムチンを含んでいます。(食べ頃:7月~9月頃)

⇒ オクラの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

唐辛子

食欲を増進させ消化吸収を助ける辛み成分のカプサイシンを含みます。また、エネルギー代謝をよくするため、体脂肪が分解される効果が期待できます。生のものには、ビタミンCが含まれますが、乾燥させたものには含まれません。(食べ頃:7月~10月頃)

⇒ 唐辛子の食品成分表をみる

酸味のもととなる酢酸やクエン酸などの有機酸が豊富に含まれています。クエン酸は体内にたまった老廃物を排出させたり、肥満や過酸化脂質の生成を制御する働きがあり、ダイエットや生活習慣病の予防におすすめです。黒酢は長期熟成でアミノ酸が豊富に含まれています。

⇒ 酢の食品成分表をみる

小麦粉

小麦たんぱくの量によって種類が異なります。

薄力粉:たんぱく質の含有量が8%以下で強い粘りが出ないのが特徴です。

強力粉:たんぱく質の含有量が12%で強い粘りが出るのが特徴です。

⇒ 小麦粉の食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り薄切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまません切りに、オクラは産毛をとりへた先を切りとりがくを削り斜め切りにする。


 ボールに酢、醤油、砂糖、塩(少々)、唐辛子、かつおだし(顆粒状)を入れたれをつくる。


 鶏肉は食べやすい大きさに切り小麦粉をまぶす。


 ③を約180℃の油で揚げる。


 フライパンに油を敷き①の野菜を炒める。(しんなりしてきたら取り出す)


 ④、⑤、を②のたれに15分~20分つけ味をつける。


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 527 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 47.9 ビタミンE / mg 1.2
脂質 / g 10.2 ビタミンK / μg 81
炭水化物 / g 57.2 ビタミンB1 / mg 0.35
ナトリウム / mg 1,102 ビタミンB2 / mg 0.48
カリウム / mg 995 ナイアシン / mg 12.4
カルシウム / mg 79 ビタミンB6 / mg 0.83
マグネシウム / mg 87 ビタミンB12 / μg 0.8
リン / mg 458 葉酸 / μg 77
鉄 / mg 2.3 パントテン酸 / mg 2.79
亜鉛 / mg 5.0 ビタミンC / mg 14
銅 / mg 0.23 コレステロール / mg 204
マンガン / mg 0.45 食物繊維水溶性 / g 1.8
レチノール当量 / μg 266 食物繊維不溶性 / g 3.2
βカロテン当量 / μg 2,906 食塩相当量 / g 2.8





レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


チキンのトマト煮ヾ(^∇^)♪



出来上がり数:4人分
全調理時間:35分 実調理時間:30分 準備:5分 
カロリー:394Kcal/1人分

簡単!リコピンを含む優れた栄養食材のトマトを使った..チキンのトマト煮で~す


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

チキンのトマト煮は

https://mairepi.jp/recipe_hp164.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は鶏モモ肉をトマトスープで煮込んでみました~ヾ(^∇^)

味付けはコンソメスープ・・ほんのりバジルの香り✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

鶏もも肉 2枚
たまねぎ 1個
にんじん 1本
えのきたけ 1パック
カイワレ大根 1/2パック
ホールトマト(缶詰) 1缶
トマトケチャップ 大さじ3
バジル(粉) 少々
2カップ
ローリエ 1枚
コンソメ(顆粒) 大さじ1
さとう 大さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

鶏肉

食肉は良質たんぱく質源であり、鶏肉(脂質は100g中/ささみ0.8g、胸肉1.5g、もも肉3.9g)は高たんぱく低脂肪食材です。また、骨や皮ごと調理すればコラーゲンも摂取できます。
⇒ 鶏肉の食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)
⇒ にんじんの食品成分表をみる

えのきたけ

神経の興奮を鎮め肝臓や腎臓の働きを良くするギャバ成分が豊富に含まれています。また、ビタミンB1も豊富に含まれているので、疲労回復にも良いでしょう。
⇒ えのきたけの食品成分表をみる

かいわれ大根

植物の新芽でスプラウトと呼ばれ普通の野菜より栄養価が高いと注目されています。ビタミンの損失を防ぐため生食がおすすめです。他にもいろんなスプラウトがありますが、特にブロッコリースプラウトはガン予防効果が期待できるスルフォラファンが成熟したブロッコリーの数十倍含まれています。
⇒ かいわれ大根の食品成分表をみる

トマト

有害な活性酸素の働きを抑える抗酸化作用および動脈硬化やがんの予防効果があるリコピンを含んでいます。他にもクエン酸を含み肉のうま味を引き出す効果があります。たまねぎと組み合わせれば血栓防止効果が期待できます。(食べ頃:6月~9月頃)

⇒ トマトの食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切りにする。えのきたけは石づきを切り落とす。


 フライパンに少しおおいめの油を敷き皮の面を焦げ目がつくまで焼き食べやすい大きさに切る。


③ フライパンに油を敷きたまねぎ、にんじん、えにきたけに塩、こしょうをふり野菜がしんなりするまで炒める。


 お鍋に②の鶏肉、③の野菜、ホールトマト、バジル、ケチャップ、コンソメ、砂糖、ローリエ、水を入れて約10分くらい煮込み(鶏肉にひがとおるまで)、お皿にとり、かいわれ大根を盛り付ける。


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 394 ビタミンD / μg 0.8
たんぱく質 / g 37.4 ビタミンE / mg 2.0
脂質 / g 18.6 ビタミンK / μg 76
炭水化物 / g 19.2 ビタミンB1 / mg 0.36
ナトリウム / mg 824 ビタミンB2 / mg 0.43
カリウム / mg 1,043 ナイアシン / mg 11.4
カルシウム / mg 48 ビタミンB6 / mg 0.62
マグネシウム / mg 69 ビタミンB12 / μg 0.7
リン / mg 398 葉酸 / μg 65
鉄 / mg 2.6 パントテン酸 / mg 2.37
亜鉛 / mg 3.7 ビタミンC / mg 22
銅 / mg 0.23 コレステロール / mg 169
マンガン / mg 0.28 食物繊維水溶性 / g 1.2
レチノール当量 / μg 274 食物繊維不溶性 / g 3.6
βカロテン当量 / μg 2,909 食塩相当量 / g 2.0

レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


チキンのしょうが焼きヾ(^∇^)♪

チキンのしょうが焼き



出来上がり数:6人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:354Kcal/1人分

簡単! 『鶏肉は高たんぱく低脂肪食材です』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は簡単! 野菜たっぷりチキンのしょうが焼きを作ってみました~ヾ(^∇^)


(材料6人分)

鶏もも肉 3枚
キャベツ 1/2個
ピーマン 2個
にんじん 1/2本
もやし 1袋
しめじ 1パック
醤油 大さじ4
しょうが(チューブタイプ) 5cmくらい
砂糖 大さじ3
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

鶏肉

食肉は良質たんぱく質源であり、鶏肉(脂質は100g中/ささみ0.8g、胸肉1.5g、もも肉3.9g)は高たんぱく低脂肪食材です。また、骨や皮ごと調理すればコラーゲンも摂取できます。
⇒ 鶏肉の食品成分表をみる

キャベツ

胃の粘膜の修復を助けると言われているビタミンUを豊富に含んでいます。また、葉の部分にはカロテン、アミノ酸、カルシウム芯の部分にはビタミンCを豊富に含んでいます。ビタミンC、Uは水溶性で熱に弱い性質です。

食べ頃

冬キャベツ 1月~3月頃

春キャベツ 3月~5月頃

夏キャベツ 7月~8月頃

⇒ キャベツの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)
⇒ にんじんの食品成分表をみる

もやし

低カロリーで血圧を下げる働きのあるカリウムの他にビタミンCB1B2、など栄養豊富なヘルシーフードです。
⇒ もやしの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

しょうが

血行を良くし体を温める働きのあるジンゲロールを含みます。冷え性や生理痛など効果が期待できます。また、消臭作用や抗菌作用もあります。

⇒ しょうがの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 フライパンに少しおおいめの油を敷き皮の面を焦げ目がつくまで焼く。ひっくり返して蓋をして弱火で10分くらい火がとおるまで蒸し焼きにする。

作り方1


 キャベツはざく切り、ピーマンはへたと種を取り細切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま縦に半分に切って斜め切り、しめじは石づきを切り落とす。

作り方2


 フライパンに油を敷き②に塩、こしょうをふり野菜がしんなりするまで炒める。

作り方3


 ③に①の鶏肉、醤油、しょうが、砂糖を加えひと煮たちさせる。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 354 ビタミンD / μg 0.9
たんぱく質 / g 35.4 ビタミンE / mg 1.0
脂質 / g 17.4 ビタミンK / μg 126
炭水化物 / g 12.7 ビタミンB1 / mg 0.24
ナトリウム / mg 875 ビタミンB2 / mg 0.47
カリウム / mg 777 ナイアシン / mg 9.9
カルシウム / mg 49 ビタミンB6 / mg 0.48
マグネシウム / mg 62 ビタミンB12 / μg 0.5
リン / mg 361 葉酸 / μg 93
鉄 / mg 2.1 パントテン酸 / mg 2.94
亜鉛 / mg 3.5 ビタミンC / mg 39
銅 / mg 0.17 コレステロール / mg 182
マンガン / mg 0.24 食物繊維水溶性 / g 0.5
レチノール当量 / μg 167 食物繊維不溶性 / g 2.6
βカロテン当量 / μg 1,318 食塩相当量 / g 2.2

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)