レンジで作る!たまご焼きヾ(^∇^)♪

たまご焼き



出来上がり数:2人分
全調理時間:15分 実調理時間:10分 準備:5分 
カロリー:153Kcal/1人分

簡単! お弁当におすすめです(^^♪ 『 火を使わず電子レンジだけで調理しま~す(^o^) 』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

レンジで作る!たまご焼きは

https://mairepi.jp/recipe_hp183.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は電子レンジでたまご焼きを作ってみました~ヾ(^∇^)

味付けはシンプルにかつおだし・・・

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(^o^)/





レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

たまご 4個
かつおだし顆粒 小さじ1/2

(材料の特徴)

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 グラタン皿に大きめのラップを敷きかつおだし顆粒を少量の水で溶かして、とき卵(2個)を加える。

作り方1

👉料理のポイント

少量の水でかつおだし顆粒をとかしてから卵(たまごはよくかきまぜておく)を加える。


 電子レンジ(600W)で1分加熱する。

作り方2

👉料理のポイント

電子レンジで1分加熱すると周りが先に固まるのでかきまぜ③にすすむ。


 ②のたまごをかき混ぜ更に電子レンジ(600W)で30秒加熱する。

作り方3


 ③をお皿から取り出し包む(爪楊枝で3か所くらい穴をあける)

作り方4

👉料理のポイント

爪楊枝で穴をあけておかないと破裂するおそれがあります(注意)。


 ④を巻きすでくるみ更に電子レンジ(600W)で30秒加熱する。

作り方5

👉料理のポイント

ラップのはしを巻きすにからませ開かないようにまいていく。


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 153 ビタミンD / μg 1.8
たんぱく質 / g 12.5 ビタミンE / mg 1.0
脂質 / g 10.3 ビタミンK / μg 13
炭水化物 / g 0.6 ビタミンB1 / mg 0.06
ナトリウム / mg 300 ビタミンB2 / mg 0.43
カリウム / mg 132 ナイアシン / mg 0.2
カルシウム / mg 51 ビタミンB6 / mg 0.08
マグネシウム / mg 11 ビタミンB12 / μg 0.9
リン / mg 183 葉酸 / μg 43
鉄 / mg 1.8 パントテン酸 / mg 1.45
亜鉛 / mg 1.3 ビタミンC / mg 0
銅 / mg 0.08 コレステロール / mg 420
マンガン / mg 0.02 食物繊維水溶性 / g 0.0
レチノール当量 / μg 150 食物繊維不溶性 / g 0.0
βカロテン当量 / μg 17 食塩相当量 / g 0.8





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

野菜たっぷりハムエッグヾ(^∇^)♪

野菜たっぷりハムエッグ



出来上がり数:2人分
全調理時間:15分 実調理時間:10分 準備:5分 
カロリー:127Kcal/1人分

簡単!ピーマン、にんじん、たまねぎを使ったハムエッグです(^o^)/ 『ピーマンはカロテン、ビタミン類を豊富に含み血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できます』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は簡単に作れるハムエッグにピーマン、にんじん、たまねぎなど野菜をたっぷり使って作ってみました (^o^)/

味付けは塩・こしょうのみですが・・お好みでバジル(粉)などをふりかけても美味しいよ✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

ロースハム 4枚
にんじん 1/4本
たまねぎ 1/4個
ピーマン 1個
たまご 2個
塩、こしょう 適量
適量

(材料の特徴)

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り薄切り、にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)、ピーマン(へたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜き)はせん切りにする。

作り方1


 フライパンに油らを敷きハム、たまご、野菜を盛り付け塩、こしょうをふる。

作り方2

👉  時間があるときは、先にたまねぎ、人参、ピーマンに塩コショウをふりサッと炒めておくといいよ(^o^)/


③ 水を少量入れたまごの焼け具合を見ながら蓋をして蒸し焼きにする。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 127 ビタミンD / μg 1.0
たんぱく質 / g 9.7 ビタミンE / mg 0.7
脂質 / g 8.3 ビタミンK / μg 9
炭水化物 / g 2.7 ビタミンB1 / mg 0.08
ナトリウム / mg 370 ビタミンB2 / mg 0.25
カリウム / mg 170 ナイアシン / mg 1.5
カルシウム / mg 34 ビタミンB6 / mg 0.12
マグネシウム / mg 12 ビタミンB12 / μg 0.5
リン / mg 165 葉酸 / μg 27
鉄 / mg 1.1 パントテン酸 / mg 0.90
亜鉛 / mg 0.9 ビタミンC / mg 17
銅 / mg 0.07 コレステロール / mg 218
マンガン / mg 0.07 食物繊維水溶性 / g 0.2
レチノール当量 / μg 150 食物繊維不溶性 / g 0.4
βカロテン当量 / μg 901 食塩相当量 / g 1.0

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

じゃがいもとベーコンのたまご和えヾ(^∇^)♪

じゃがいもとベーコンのたまご和え



出来上がり数:2人分
全調理時間:15分 実調理時間:10分 準備:5分 
カロリー:230Kcal/1人分

簡単!朝食にいかがですか? 『じゃがいもはビタミンCを豊富に含み、美肌効果も期待できるよ』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はじゃがいも、たまねぎ、にんじん、ピーマンの野菜とベーコンのたまご和えを作ってみました (^o^)/

味付けは塩、こしょうのみですがベーコンを加えることによりジューシーで美味しく仕上がってます!

他の料理もベーコンを入れると味付けに失敗しにくいよ☆彡

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(^o^)/


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

 たまご 2個
 ベーコン 70g
 じゃがいも 2個
 ピーマン 1個
 にんじん 1/2本
 たまねぎ 1/2個
 塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。
⇒ たまごの食品成分表をみる

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 じゃがいも(水洗いして芽を取りピーラーで皮をむく)、ベーコンは1cm角くらいに切り、たまねぎ(皮をむき上部とつけ根を切り取る)、ピーマン(へたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜く)、にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)はみじん切りにする。

作り方1


 フライパンに油を敷き先にじゃがいも、にんじんを中火で炒める。

作り方2


 ②のじゃがいも、にんじんに火がとおったらたまねぎ、ピーマンベーコンを加え野菜がしんなりするまで中火炒め、塩、こしょうで味を調える。

作り方3


 強火にして③に溶きたまごを流し入れ全体を混ぜながらたまごに火がとおるまで炒める。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 230 ビタミンD / μg 1.1
たんぱく質 / g 14.5 ビタミンE / mg 0.9
脂質 / g 10.4 ビタミンK / μg 11
炭水化物 / g 19.2 ビタミンB1 / mg 0.30
ナトリウム / mg 510 ビタミンB2 / mg 0.39
カリウム / mg 526 ナイアシン / mg 2.3
カルシウム / mg 49 ビタミンB6 / mg 0.33
マグネシウム / mg 32 ビタミンB12 / μg 0.8
リン / mg 237 葉酸 / μg 49
鉄 / mg 1.8 パントテン酸 / mg 1.48
亜鉛 / mg 1.5 ビタミンC / mg 40
銅 / mg 0.17 コレステロール / mg 249
マンガン / mg 0.21 食物繊維水溶性 / g 0.9
レチノール当量 / μg 231 食物繊維不溶性 / g 1.8
βカロテン当量 / μg 1772 食塩相当量 / g 1.3

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

ポテたまチーズヾ(^∇^)♪

ポテたまチーズ



出来上がり数:2人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:273Kcal/1人分

簡単!栄養満点グラタンでーす~ヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は炒めた野菜にたまごを混ぜ合わせチーズ、バジルをのせてグラタンを作ってみました~ヾ(^∇^)

味付けは鶏がらスープ+マヨネーズ・・・チーズでクリーミーに仕上げ~ほんのりバジルの香り✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(^o^)/


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

じゃがいも 2個
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/2個
ピーマン 1個
たまご 1個
チーズ 60g
マヨネーズ 小さじ1
塩、こしょう 少々
バジル 少々
鶏がらスープ 大さじ2

(材料の特徴)

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

パプリカ:赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる

チーズ

チーズは牛乳の栄養成分が凝縮して、たんぱく質カルシウムビタミンAなど何倍も豊富に含まれています。カルシウムの吸収率は良く、効率よく摂取できます。緑黄色野菜といっしょにとるとカロテンの吸収率が上がります。エネルギー、塩分、飽和脂肪酸が多いので肥満の人は要注意!

ナチュラルチーズ:牛乳、山羊乳を原料に発酵させたもの

プロセスチーズ:ナチュラルチーズをミックスして加熱処理したもの

⇒ チーズの食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎ(皮をむき上部とつけ根を切り取る)、にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)、ピーマン(へたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜く)はみじん切りにする。じゃがいもは水洗いして芽を取りピーラーで皮をむき火が通りやすく1cmくらいにスライスする。

作り方1


 フライパンに油を敷き、じゃがいもを先に透けてくる感じになるまで炒める。

作り方2


 ②にたまねぎ、にんじん、ピーマンを加え塩、こしょうで下味をつけ炒める。

作り方3


 グラタン皿に③、とき卵、鶏がらスープ、マヨネーズ、バジルを盛り付け上からチーズをのせてオーブントースター(860W)で6~8分焼く。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 273 ビタミンD / μg 0.6
たんぱく質 / g 14.7 ビタミンE / mg 1.0
脂質 / g 12.4 ビタミンK / μg 16
炭水化物 / g 25.5 ビタミンB1 / mg 0.15
ナトリウム / mg 307 ビタミンB2 / mg 0.31
カリウム / mg 626 ナイアシン / mg 1.8
カルシウム / mg 243 ビタミンB6 / mg 0.34
マグネシウム / mg 46 ビタミンB12 / μg 1.2
リン / mg 260 葉酸 / μg 60
鉄 / mg 1.6 パントテン酸 / mg 1.24
亜鉛 / mg 2.1 ビタミンC / mg 46
銅 / mg 0.19 コレステロール / mg 139
マンガン / mg 0.29 食物繊維水溶性 / g 1.3
レチノール当量 / μg 283 食物繊維不溶性 / g 1.9
βカロテン当量 / μg 2,032 食塩相当量 / g 0.8

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

野菜たっぷりオムレツヾ(^∇^)♪

野菜たっぷりオムレツ



出来上がり数:2人分
全調理時間:15分 実調理時間:10分 準備:5分 
カロリー:218Kcal/1人分

簡単!朝食にいかがですか~~~ヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は子供から大人までみんな大好きオムレツでーす(=゚ω゚)ノ

1人分をたまご1個でたっぷりの野菜と生クリームを加えてクリーミーにしあげました

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(-。-)y-゜゜゜





(材料2人分)

たまねぎ 1個
ピーマン 1個
にんじん 1/2本
ぶなしめじ 1/3パック
たまご 2個
生クリーム 小さじ2
バター 大さじ1
バジル(粉) 少々
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りみじん切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのままみじん切り、ピーマンはへたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜きみじん切りにする。

作り方1


 たまごに生クリームを加えてかき混ぜる

作り方2


 フライパンにバターを敷き、強火でサット炒め弱火でふたをして3分くらい蒸し焼きにする

作り方3


 ③に②を加えかき混ぜながら焼きかためていく。


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 218 ビタミンD / μg 1.5
たんぱく質 / g 9.0 ビタミンE / mg 1.6
脂質 / g 12.9 ビタミンK / μg 15
炭水化物 / g 16.8 ビタミンB1 / mg 0.13
ナトリウム / mg 315 ビタミンB2 / mg 0.29
カリウム / mg 465 ナイアシン / mg 1.7
カルシウム / mg 57 ビタミンB6 / mg 0.25
マグネシウム / mg 27 ビタミンB12 / μg 0.5
リン / mg 165 葉酸 / μg 51
鉄 / mg 1.8 パントテン酸 / mg 1.39
亜鉛 / mg 1.0 ビタミンC / mg 28
銅 / mg 0.15 コレステロール / mg 234
マンガン / mg 0.24 食物繊維水溶性 / g 1.0
レチノール当量 / μg 206 食物繊維不溶性 / g 2.1
βカロテン当量 / μg 1,369 食塩相当量 / g 0.8





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

豆腐と油揚げのたまごとじヾ(^∇^)♪

豆腐と油揚げのたまごとじ


出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:293Kcal/1人分

簡単!畑のお肉で栄養満点ヾ(^∇^)『豆腐は、たんぱく質と脂質を豊富に含み栄養価が高い食品です』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は豆腐と油揚げのたまごとじを作ってみました..ごはんにかけて丼にしも美味しいです ~ヾ(^∇^)

味付けは和風かつおだし醤油ちょっと甘め・・・ねぎの香り✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

豆腐 1丁
油揚げ 1枚
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/4本
エリンギ 中1本
ねぎ 1/2本
たまご 2個
醤油 大さじ1
かつおだし 1カップ
みりん 大さじ1
さとう 大さじ1

(材料の特徴)

豆腐

主成分がたんぱく質であることから畑の肉と言われ、大豆に水分を含ませ、すりつぶしたものを煮てこしたものに、カルシウムマグネシウムを含むにがりを加えたものが豆腐です。大豆および大豆製品には強い抗酸化作用をもつイソフラボン、他にも便秘解消が期待できる食物繊維など豊富な栄養成分が含まれています。

⇒ 豆腐の食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

エリンギ

腸内をきれいにし、コレステロール値を下げる効果のある食物繊維が豊富に含まれています。また、高血圧症の解消に良いと言われているカリウムも豊富に含まれています。

⇒ エリンギの食品成分表をみる

ねぎ

ビタミンCと血行を良くする香り成分の硫化アリルを白い部分に含みビタミンB1の吸収を促進する。また、緑の部分にはカロテン、カルシウムおよびミネラルを豊富に含み活性酸素の発生と発がんを抑制する効果があると言われている。

⇒ ねぎの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、ピーマンはへたと種を取り細切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切り、ねぎは斜め切り、豆腐はサイコロ状に切る。エリンギは石づきを切り落とし薄切りにする。

作り方1


 お鍋に、かつおだし(水1カップ+かつおだし顆粒小さじ1)、醤油(大さじ1)、みりん(大さじ1)、砂糖(大さじ1)、材料(ねぎ、たまご以外)をくわえアクを取りながら煮込む。

作り方2


 ②の上にねぎ、ときたまごを入れ、ふたをしてひと煮たちさせる。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 293 ビタミンD / μg 1.4
たんぱく質 / g 20.0 ビタミンE / mg 1.0
脂質 / g 14.9 ビタミンK / μg 33
炭水化物 / g 19.7 ビタミンB1 / mg 0.20
ナトリウム / mg 639 ビタミンB2 / mg 0.38
カリウム / mg 516 ナイアシン / mg 3.5
カルシウム / mg 240 ビタミンB6 / mg 0.27
マグネシウム / mg 78 ビタミンB12 / μg 0.9
リン / mg 345 葉酸 / μg 74
鉄 / mg 3.0 パントテン酸 / mg 1.37
亜鉛 / mg 2.1 ビタミンC / mg 4
銅 / mg 0.33 コレステロール / mg 231
マンガン / mg 0.77 食物繊維水溶性 / g 0.7
レチノール当量 / μg 155 食物繊維不溶性 / g 2.2
βカロテン当量 / μg 871 食塩相当量 / g 1.8

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

小松菜のたまご和えヾ(^∇^)♪

小松菜のたまご和え



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:159Kcal/1人分

簡単!皆さん夜食・朝食にも・・いかがですかヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は小松菜などの野菜のたまご和えを作ってみましたヾ(^∇^)

味付けは和風かつおだし醤油に塩こしょう・・ほんのりキノコの香り✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)





レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

小松菜 1束
たまねぎ 1個
にんじん 1/2本
えのきたけ 1/2パック
たまご 2個
かつおだし顆粒 少々
醤油 少々
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

小松菜

鉄分カルシウムなど栄養価の高い緑黄色野菜です。特にカルシウムの量は野菜の中では飛び抜けてます。骨粗しょう症の予防にもなり、子供の成長期にも良いでしょう。カルシウムビタミンDと一緒に摂ると吸収が高まります。(食べ頃:12月~2月頃)

⇒ 小松菜の食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

えのきたけ

神経の興奮を鎮め肝臓や腎臓の働きを良くするギャバ成分が豊富に含まれています。また、ビタミンB1も豊富に含まれているので、疲労回復にも良いでしょう。
⇒ えのきたけの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。
⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

① たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り薄切り、えにきたけは石づきを切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切りにする。小松菜は沸騰したお湯でさっとゆで冷水で冷やし水けをしぼり根元を切り落としお好みの長さに切る。

作り方1


 フライパンに油を敷き、塩こしょうをふり、たまねぎ、にんじん、えのきたけを炒める。

作り方2


 ②の野菜がしんなりしてきたら、小松菜、とき卵をいれ強火でかき混ぜる。たまごに火が通ったら醤油、かつおだしで味を調える。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 159 ビタミンD / μg 1.3
たんぱく質 / g 11.0 ビタミンE / mg 2.3
脂質 / g 5.9 ビタミンK / μg 328
炭水化物 / g 18.1 ビタミンB1 / mg 0.17
ナトリウム / mg 672 ビタミンB2 / mg 0.36
カリウム / mg 525 ナイアシン / mg 1.8
カルシウム / mg 210 ビタミンB6 / mg 0.33
マグネシウム / mg 37 ビタミンB12 / μg 0.5
リン / mg 226 葉酸 / μg 141
鉄 / mg 3.7 パントテン酸 / mg 1.59
亜鉛 / mg 1.5 ビタミンC / mg 30
銅 / mg 0.20 コレステロール / mg 232
マンガン / mg 0.43 食物繊維水溶性 / g 1.6
レチノール当量 / μg 559 食物繊維不溶性 / g 4.7
βカロテン当量 / μg 5,691 食塩相当量 / g 1.7





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

レンジで作る!ポテトオムレツヾ(^∇^)♪

レンジでポテトオムレツ



出来上がり数:2人分
全調理時間:15分 実調理時間:10分 準備:5分 
カロリー:185Kcal/1人分

レンジで簡単!ポテトオムレツでーす~ヾ(^∇^) 『火を使わずにレンジとオーブントースターで調理しまーす』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はレンジで作る!シリーズで電子レンジでオムレツを作ってみました~ヾ(^∇^)

味付けは塩、こしょうにほんのりバターの香り・・・トマトケチャップで召上がれ~~~ヾ(^∇^)

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(^o^)/


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

じゃがいも 2個
たまご 2個
バター 小さじ1
トマトケチャップ お好み
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 じゃがいもは水洗いして芽を取りピーラーで皮をむきサイコロ状に切る。

作り方1


 ①にバターを加え塩、こしょうをふりラップしてレンジ(600W)で5分くらい加熱する。

作り方2


 グラタン皿にバターを薄くぬり、ときたまご(1個)を入れ次に②を半分入れラップしてレンジ(600W)で2分くらい加熱する。

作り方3


 ③をお皿の上でひっくり返して盛りつける。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 189 ビタミンD / μg 0.9
たんぱく質 / g 7.8 ビタミンE / mg 1.2
脂質 / g 7.7 ビタミンK / μg 8
炭水化物 / g 21.4 ビタミンB1 / mg 0.08
ナトリウム / mg 346 ビタミンB2 / mg 0.24
カリウム / mg 423 ナイアシン / mg 0.9
カルシウム / mg 30 ビタミンB6 / mg 0.22
マグネシウム / mg 27 ビタミンB12 / μg 0.5
リン / mg 116 葉酸 / μg 44
鉄 / mg 1.3 パントテン酸 / mg 1.26
亜鉛 / mg 0.9 ビタミンC / mg 15
銅 / mg 0.13 コレステロール / mg 210
マンガン / mg 0.16 食物繊維水溶性 / g 0.6
レチノール当量 / μg 79 食物繊維不溶性 / g 1.3
βカロテン当量 / μg 51 食塩相当量 / g 0.9

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

ほうれん草のオムレツヾ(^∇^)♪

ほうれん草のオムレツ


 


出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:215Kcal/1人分

簡単!抜群の栄養価ほうれん草で朝食はいかがですか?


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は鉄分、カルシウムたっぷりほうれん草のオムレツを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けは塩、こしょう・・ほんのりたまねぎと人参の甘さ✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)





レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

ほうれん草 1束
たまねぎ 1/2
にんじん 1/2個
たまご 4個
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

ほうれん草

造血作用のある鉄、葉酸マンガンを豊富に含みます。他にもカロテン、ビタミンC、ビタミンB群などを含み緑黄色野菜の中でもトップクラスの含有量です。免疫細胞を活性化させ体内の異物を取り除く効果も期待できます。食べ頃に収穫されたもののほうがビタミンCが豊富です。はベーコンなど動物性たんぱく質といっしょに食べると吸収率がアップします。(食べ頃:12月~1月頃)

⇒ ほうれん草の食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

ほうれん草は沸騰したお湯で1分くらいゆで、冷水で冷やし水気をしぼりざく切りにする。

作り方1


 たまねぎは皮をむきつけ根と上部を切り落としみじん切りにする。

にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのままみじん切りにする。

作り方2・3


フライパンに油を敷きたまねぎ、にんじんに塩、こしょうをふり炒める。

作り方4


火を強火にし、②にほうれん草、とき卵を入れ半熟になるまでかきまぜ、その後形を整える。

作り方5


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 215 ビタミンD / μg 2.0
たんぱく質 / g 16.7 ビタミンE / mg 3.8
脂質 / g 11.9 ビタミンK / μg 335
炭水化物 / g 10.1 ビタミンB1 / mg 0.14
ナトリウム / mg 267 ビタミンB2 / mg 0.60
カリウム / mg 739 ナイアシン / mg 0.6
カルシウム / mg 141 ビタミンB6 / mg 0.25
マグネシウム / mg 58 ビタミンB12 / μg 1.0
リン / mg 259 葉酸 / μg 167
鉄 / mg 3.1 パントテン酸 / mg 1.85
亜鉛 / mg 2.2 ビタミンC / mg 22
銅 / mg 0.23 コレステロール / mg 462
マンガン / mg 0.47 食物繊維水溶性 / g 1.2
レチノール当量 / μg 759 食物繊維不溶性 / g 3.9
βカロテン当量 / μg 7,140 食塩相当量 / g 0.7

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

きのことツナの焼うどんヾ(^∇^)♪

キノコとツナの焼うどん



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:448Kcal/1人分

簡単!お昼ごはんにいかがですかヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はきのこたっぷりツナを加えて焼うどんを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・・和風でさっぱり焼うどんで~す😋

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

うどん 2玉
ピーマン 4個
にんじん 1/2本
たまねぎ 1/2個
しめじ 1/2パック
かつおだし(顆粒) 小さじ1
醤油 大さじ1
ツナ 1缶
たまご 1個

(材料の特徴)

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り薄切り、ピーマンはへたと種を取り細切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま縦に半分に切って斜め切り、しめじは石づきを切り落とす。

作り方1


 うどんは、水でサットほぐしておく。

作り方2


 フライパンでツナの油でたまごを炒める。

作り方3


 ③に①の野菜を加え野菜がしんなりするまで炒める。

作り方4


 ④に②のうどん、かつおだし(顆粒)、少量の水、醤油を加え炒める。

作り方5


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 448 ビタミンD / μg 3.2
たんぱく質 / g 19.3 ビタミンE / mg 2.2
脂質 / g 16.1 ビタミンK / μg 17
炭水化物 / g 55.8 ビタミンB1 / mg 0.20
ナトリウム / mg 943 ビタミンB2 / mg 0.27
カリウム / mg 542 ナイアシン / mg 8.9
カルシウム / mg 55 ビタミンB6 / mg 0.45
マグネシウム / mg 47 ビタミンB12 / μg 1.4
リン / mg 236 葉酸 / μg 55
鉄 / mg 2.2 パントテン酸 / mg 1.53
亜鉛 / mg 1.2 ビタミンC / mg 52
銅 / mg 0.22 コレステロール / mg 134
マンガン / mg 0.47 食物繊維水溶性 / g 1.4
レチノール当量 / μg 241 食物繊維不溶性 / g 4.8
βカロテン当量 / μg 2,417 食塩相当量 / g 2.4

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


レシピブログおすすめレシピ

オクラとツナわかめの冷たい和風パスタ

オクラとツナわかめの冷たい和風パスタ

エリオットゆかりさん

さっぱり冷たいパスタはいかがですか?
レシピブログ

茹でキャベツのクリーミーツナチーズソースかけ

茹でキャベツのクリーミーツナチーズソースかけ

エリオットゆかりさん

キャベツをささっと茹でて、ツナ缶とチーズを使った簡単ソース。
レシピブログ

グリンピースとツナと卵の春の豆腐和え♪

グリンピースとツナと卵の春の豆腐和え♪

エリオットゆかりさん

お豆腐を使ってカラフルで元気の出るヘルシー和えもの☆
レシピブログ

たこ焼き風ツナチーズナゲット

たこ焼き風ツナチーズナゲット

とまとママさん

鶏胸肉、ツナ缶を使ったナゲットにスライスチーズを入れると美味しさ倍増です~(*^▽^*)v弱火&余熱焼き作戦で、ガス代節約!ストーブの上でも出来ます。
レシピブログ

しし唐のツナ詰め焼き

しし唐のツナ詰め焼き

こっぷんかぁちゃんさん

しし唐焼きに一手間加えて オーロラソース味のツナが絶妙!
レシピブログ