小松菜とポテトのわさびマヨネーズ和えヾ(^∇^)♪

小松菜とポテトのわさびマヨネーズ和え



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:284Kcal/1人分

簡単!小松菜とじゃがいもをわさびマヨネーズで味付けしました『小松菜は栄養価の高い緑黄色野菜です』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は栄養価の高い緑黄色野菜『小松菜』のポテトサラダを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはわさびマヨネーズ。。。わさびがツーンと

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

小松菜 1束
じゃがいも 3個
にんじん 1本
わさび/ねり 大さじ1
マヨネーズ 大さじ3
醤油 少々

(材料の特徴)

小松菜

鉄分やカルシウムなど栄養価の高い緑黄色野菜です。特にカルシウムの量は野菜の中では飛び抜けてます。骨粗しょう症の予防にもなり、子供の成長期にも良いでしょう。カルシウムはビタミンDと一緒に摂ると吸収が高まります。(食べ頃:12月~2月頃)

小松菜の食品成分表をみる ⇒

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

じゃがいもの食品成分表をみる ⇒

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

にんじんの食品成分表をみる ⇒

わさび

日本特有の香辛料です。鼻にツーンと抜ける辛さが特徴です。練りタイプには、本わさびを主原料としたものとホースラディッシュを主原料としたものの2種類あります。

わさびの食品成分表をみる ⇒


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 じゃがいも、にんじんはサイコロ状に切る。

作り方1

 じゃがいも、にんじんはやわらかくなるまで煮込む。

作り方2

③ 小松菜は沸騰したお湯でさっとゆで冷水で冷やし水けをしぼる。

作り方3

 ③にわさび、マヨネーズ、醤油を入れ和える。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 284 ビタミンD / μg 0.1
たんぱく質 / g 4.8 ビタミンE / mg 4.4
脂質 / g 14.2 ビタミンK / μg 341
炭水化物 / g 36.4 ビタミンB1 / mg 0.20
ナトリウム / mg 308 ビタミンB2 / mg 0.14
カリウム / mg 892 ナイアシン / mg 2.5
カルシウム / mg 173 ビタミンB6 / mg 0.40
マグネシウム / mg 51 ビタミンB12 / μg 0.0
リン / mg 129 葉酸 / μg 128
鉄 / mg 2.9 パントテン酸 / mg 1.13
亜鉛 / mg 0.8 ビタミンC / mg 75
銅 / mg 0.25 コレステロール / mg 11
マンガン / mg 0.46 食物繊維水溶性 / g 2.0
レチノール当量 / μg 623 食物繊維不溶性 / g 3.9
βカロテン当量 / μg 7,402 食塩相当量 / g 0.8

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

レンジで作る!ポテトオムレツヾ(^∇^)♪

レンジでポテトオムレツ



出来上がり数:2人分
全調理時間:15分 実調理時間:10分 準備:5分 
カロリー:185Kcal/1人分

レンジで簡単!ポテトオムレツでーす~ヾ(^∇^) 『火を使わずにレンジとオーブントースターで調理しまーす』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はレンジで作る!シリーズで電子レンジでオムレツを作ってみました~ヾ(^∇^)

味付けは塩、こしょうにほんのりバターの香り・・・トマトケチャップで召上がれ~~~ヾ(^∇^)

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(^o^)/


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

じゃがいも 2個
たまご 2個
バター 小さじ1
トマトケチャップ お好み
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 じゃがいもは水洗いして芽を取りピーラーで皮をむきサイコロ状に切る。

作り方1


 ①にバターを加え塩、こしょうをふりラップしてレンジ(600W)で5分くらい加熱する。

作り方2


 グラタン皿にバターを薄くぬり、ときたまご(1個)を入れ次に②を半分入れラップしてレンジ(600W)で2分くらい加熱する。

作り方3


 ③をお皿の上でひっくり返して盛りつける。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 189 ビタミンD / μg 0.9
たんぱく質 / g 7.8 ビタミンE / mg 1.2
脂質 / g 7.7 ビタミンK / μg 8
炭水化物 / g 21.4 ビタミンB1 / mg 0.08
ナトリウム / mg 346 ビタミンB2 / mg 0.24
カリウム / mg 423 ナイアシン / mg 0.9
カルシウム / mg 30 ビタミンB6 / mg 0.22
マグネシウム / mg 27 ビタミンB12 / μg 0.5
リン / mg 116 葉酸 / μg 44
鉄 / mg 1.3 パントテン酸 / mg 1.26
亜鉛 / mg 0.9 ビタミンC / mg 15
銅 / mg 0.13 コレステロール / mg 210
マンガン / mg 0.16 食物繊維水溶性 / g 0.6
レチノール当量 / μg 79 食物繊維不溶性 / g 1.3
βカロテン当量 / μg 51 食塩相当量 / g 0.9

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

やまいもの揚げ焼きヾ(^∇^)♪

やまいもの揚げ焼き



出来上がり数:2人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:356Kcal/1人分

簡単!やまいもをすりおろし和風だしで味をつけ揚げ焼きにしたスタミナ食ですヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はかつおのフレークとブロッコリーをのせたトーストを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・・ふわふわ山芋が食欲をそそります😋

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

やまいも 10cmくらい
キャベツ 2枚
にんじん 1/3本
えのきたけ 1/2パック
たまご 1個
醤油 小さじ1
かつおだし顆粒 小さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

やまいも(長芋)

粘膜を保護する働きのあるムチン、ビタミンC、ビタミンB群、カリウムなどのミネラルおよび食物繊維などバランス良く豊富に含まれています。他にも体力回復効果が期待できるアミラーゼとカタラーゼという酵素を含みます。(食べ頃:10月~3月頃)

⇒ やまいも(長芋)の食品成分表をみる

キャベツ

胃の粘膜の修復を助けると言われているビタミンUを豊富に含んでいます。また、葉の部分にはカロテン、アミノ酸、カルシウム芯の部分にはビタミンCを豊富に含んでいます。ビタミンC、Uは水溶性で熱に弱い性質です。

食べ頃

冬キャベツ 1月~3月頃

春キャベツ 3月~5月頃

夏キャベツ 7月~8月頃

⇒ キャベツの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

えのきたけ

神経の興奮を鎮め肝臓や腎臓の働きを良くするギャバ成分が豊富に含まれています。また、ビタミンB1も豊富に含まれているので、疲労回復にも良いでしょう。

⇒ えのきたけの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 キャベツはざく切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切り、えのきたけは石づきを切り落とす。

作り方1


 やまいもはピーラーで皮をむきすりおろし、たまご、醤油、かつおだし顆粒を入れまぜる。

作り方2


 フライパンに油を敷きキャベツ、にんじん、えのきたけに塩、こしょうをふり、野菜がしんなりするまで炒める。

作り方3


④ ③の野菜がしんなりしてきたら、②にまぜあわせる。

作り方4


 フライパンに油を多い目に入れ④を両面揚げ焼きにする。

作り方5


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 120 ビタミンD / μg 0.7
たんぱく質 / g 7.2 ビタミンE / mg 0.6
脂質 / g 3.3 ビタミンK / μg 43
炭水化物 / g 17.4 ビタミンB1 / mg 0.17
ナトリウム / mg 556 ビタミンB2 / mg 0.20
カリウム / mg 580 ナイアシン / mg 1.6
カルシウム / mg 56 ビタミンB6 / mg 0.19
マグネシウム / mg 30 ビタミンB12 / μg 0.3
リン / mg 125 葉酸 / μg 69
鉄 / mg 1.4 パントテン酸 / mg 1.27
亜鉛 / mg 0.9 ビタミンC / mg 25
銅 / mg 0.13 コレステロール / mg 118
マンガン / mg 0.17 食物繊維水溶性 / g 0.6
レチノール当量 / μg 152 食物繊維不溶性 / g 2.7
βカロテン当量 / μg 1,320 食塩相当量 / g 1.4

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくのネバネバ和えヾ(^∇^)♪

こんにゃくのネバネバ和え



出来上がり数:2人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:225Kcal/1人分

簡単!スタミナ増強と免疫力も高める低カロリーな和え物ですヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はオクラとやまいものネバネバムチンの和え物を作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・ほんのりエリンギの香り✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
やまいも 1/3本
オクラ 8本
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/3本
エリンギ 1/2パック
かつおだし 2カップ
醤油 大さじ3
みりん 大さじ3

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

やまいも(長芋)

粘膜を保護する働きのあるムチン、ビタミンC、ビタミンB群、カリウムなどのミネラルおよび食物繊維などバランス良く豊富に含まれています。他にも体力回復効果が期待できるアミラーゼとカタラーゼという酵素を含みます。(食べ頃:10月~3月頃)

⇒ やまいも(長芋)の食品成分表をみる

オクラ

腸内の善玉菌を増やし腸のかんきょうを整え、血中コレステロール値を下げる効果があるペクチンと体内で消化器などの粘膜をおおって保護する働きのあるムチンを含んでいます。(食べ頃:7月~9月頃)

⇒ オクラの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

エリンギ

腸内をきれいにし、コレステロール値を下げる効果のある食物繊維が豊富に含まれています。また、高血圧症の解消に良いと言われているカリウムも豊富に含まれています。

⇒ エリンギの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 オクラはサット洗って産毛を取りがくを削り取りへたの先端をきりとる。熱湯で1分くらい塩ゆでし輪切りにする。

作り方1


 こんにゃくは表面に切り込みを入れサイコロ状に切る、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまません切り、エリンギは石づきを切り落としスライスする。

作り方2


 お鍋にかつおだし(水2カップ+かつおだし顆粒小さじ2)、こんにゃく、たまねぎ、にんじん、エリンギを入れ煮詰める。

作り方3


 やまいもは水洗いしてピーラーで皮をむきすりおろす。(手がかゆくなった場合:酢水で洗うといいみたいですよ)

作り方4


 ③の煮汁が少なくなったら火を止めオクラ、④を入れ混ぜ合わせる。

作り方5


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 225 ビタミンD / μg 0.5
たんぱく質 / g 8.5 ビタミンE / mg 0.6
脂質 / g 0.9 ビタミンK / μg 18
炭水化物 / g 49.7 ビタミンB1 / mg 0.26
ナトリウム / mg 1,617 ビタミンB2 / mg 0.20
カリウム / mg 1,108 ナイアシン / mg 6.1
カルシウム / mg 116 ビタミンB6 / mg 0.38
マグネシウム / mg 72 ビタミンB12 / μg 0.8
リン / mg 188 葉酸 / μg 77
鉄 / mg 1.8 パントテン酸 / mg 1.78
亜鉛 / mg 1.2 ビタミンC / mg 14
銅 / mg 0.27 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.29 食物繊維水溶性 / g 1.4
レチノール当量 / μg 86 食物繊維不溶性 / g 6.0
βカロテン当量 / μg 1,033 食塩相当量 / g 4.2

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくとピーマンの味噌炒めヾ(^∇^)♪

こんにゃくとピーマンの味噌炒め



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:290Kcal/1人分

簡単 ダイエットにおすすめ!こんにゃくと野菜を使った味噌炒めです『こんにゃくは低カロリーで食物繊維のグルコマンナンを豊富に含みます』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は栄養豊富なピーマン、にんじんたまねぎと低カロリーでダイエットに良いこんにゃくの味噌炒めを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けは味噌・・・ちょっと甘め!味噌の香りが食欲をそそります✨

お好みで唐辛子をくわえピリ辛もおすすめです~ヾ(^∇^)

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1丁
じゃがいも 2個
たまねぎ 1個
にんじん 1/2本
ピーマン 2個
味噌 大さじ2
さとう 大さじ2
みりん 大さじ2
大さじ2

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

① こんにゃくは表面に切り込みを入れサイコロ状に切る、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、ピーマンはへたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜き細切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切りにする。

作り方1


② フライパンに油を敷き(すこし多いめ)、こんにゃく、じゃがいも(透けてくるかんじまで炒める)を先に炒める。(焦げ付かないよう中火~弱火を調整)

作り方2


 ②にたまねぎ、にんじん、ピーマンをくわえ野菜がしんなりしてきたら、みりん(大さじ2)、酒(大さじ2)、さとう(大さじ2)、味噌をいれひと煮たちさせる。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 290 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 5.7 ビタミンE / mg 0.5
脂質 / g 2.6 ビタミンK / μg 9
炭水化物 / g 60.2 ビタミンB1 / mg 0.17
ナトリウム / mg 917 ビタミンB2 / mg 0.09
カリウム / mg 859 ナイアシン / mg 2.3
カルシウム / mg 99 ビタミンB6 / mg 0.49
マグネシウム / mg 54 ビタミンB12 / μg 0.0
リン / mg 132 葉酸 / μg 65
鉄 / mg 2.1 パントテン酸 / mg 0.92
亜鉛 / mg 0.8 ビタミンC / mg 72
銅 / mg 0.30 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.39 食物繊維水溶性 / g 2.2
レチノール当量 / μg 227 食物繊維不溶性 / g 6.1
βカロテン当量 / μg 2,707 食塩相当量 / g 2.3





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

スパイシーこんにゃくヾ(^∇^)♪

スパイシーこんにゃく



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:162Kcal/1人分

簡単!ダイエットに最適『 こんにゃくは低カロリーでグルコマンナン、食物繊維、カルシウムを豊富に含みます 』ヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はこんにゃくのカレー風味ピリ辛炒めを作ってみました~ヾ(^∇^)

味付けは鶏ガラスープ・・カレー風味でちょっとピリ辛ほんのりバジルの香りが~~~ヾ(^∇^)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
たまねぎ 1個
にんじん 1本
ブロッコリー 1/2株
バター 大さじ1
カレー粉 大さじ1
バジル(粉) 少々
小麦粉 大さじ1
鶏がらスープ 2カップ
塩、こしょう 少々
うこん(粉) 少々

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ブロッコリー

生活習慣病、がん抑制が期待できるスルフォラファン、βカロテン、ビタミンC、食物繊維を豊富に含みます。(食べ頃:11月~3月頃)

⇒ ブロッコリー食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる

小麦粉

小麦たんぱくの量によって種類が異なります。

薄力粉:たんぱく質の含有量が8%以下で強い粘りが出ないのが特徴です。

強力粉:たんぱく質の含有量が12%で強い粘りが出るのが特徴です。

⇒ 小麦粉の食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 こんにゃくは表面に切り込みを入れサイコロ状に切る、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま乱切り、ブロッコリーは水洗いしてつぼみのつけ根で切り小さなかたまりに分けて熱湯でサットゆでる。

作り方1

 こんにゃく、たまねぎ、にんじんを素揚げし、取り出し余分な油をおとす。

作り方2

 フライパンにバターを溶かし②、カレー粉、小麦粉、バジル、うこん、塩、こしょうをふり炒める。

作り方3

 ③にブロッコリー、鶏がらスープを入れ煮つめる。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 162 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 5.1 ビタミンE / mg 2.2
脂質 / g 5.9 ビタミンK / μg 85
炭水化物 / g 24.6 ビタミンB1 / mg 0.12
ナトリウム / mg 192 ビタミンB2 / mg 0.19
カリウム / mg 533 ナイアシン / mg 2.1
カルシウム / mg 127 ビタミンB6 / mg 0.34
マグネシウム / mg 36 ビタミンB12 / μg 0.5
リン / mg 121 葉酸 / μg 95
鉄 / mg 2.8 パントテン酸 / mg 1.59
亜鉛 / mg 0.6 ビタミンC / mg 34
銅 / mg 0.18 コレステロール / mg 1
マンガン / mg 0.57 食物繊維水溶性 / g 2.2
レチノール当量 / μg 467 食物繊維不溶性 / g 6.9
βカロテン当量 / μg 5,582 食塩相当量 / g 0.5

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

チンゲン菜とチキンのオニオンスープヾ(^∇^)♪

チンゲン菜とチキンのオニオンスープ



出来上がり数:4人分
全調理時間:35分 実調理時間:30分 準備:5分 
カロリー:303Kcal/1人分

ダイエットにおすすめ!こんにゃくでボリュームアップで低カロリー~ヾ(^∇^) 『チンゲン菜は鉄やカルシウムなどのミネラル類も多く含む栄養価の高い緑黄色野菜です』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は緑黄色野菜のチンゲン菜と鶏もも肉を具材にオニオンスープを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはシンプルに塩・こしょうだけで・・ピリッと辛くほんのりニンニクの香り✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)





レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

 


(材料4人分)

チンゲン菜 2株
こんにゃく 1枚
鶏もも肉 400g
たまねぎ 1個
にんじん 1本
えのきたけ 1パック
鶏がらスープ 5カップ
塩、こしょう 少々
バジル 少々
砂糖 少々
ローリエ 1枚

(材料の特徴)

チンゲン菜

抗酸化作用があり、がんや生活習慣病の予防が期待できるカロテン、ビタミンCを豊富に含みます。また、鉄やカルシウムなどのミネラル類も多く含む栄養価の高い緑黄色野菜です。(食べ頃:9月~1月頃)

⇒ チンゲン菜の食品成分表をみる

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

鶏肉

食肉は良質たんぱく質源であり、鶏肉(脂質は100g中/ささみ0.8g、胸肉1.5g、もも肉3.9g)は高たんぱく低脂肪食材です。また、骨や皮ごと調理すればコラーゲンも摂取できます。
⇒ 鶏肉の食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)
⇒ にんじんの食品成分表をみる

えのきたけ

神経の興奮を鎮め肝臓や腎臓の働きを良くするギャバ成分が豊富に含まれています。また、ビタミンB1も豊富に含まれているので、疲労回復にも良いでしょう。
⇒ えのきたけの食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 チンゲン菜は軸と葉がわかれるように食べやすい大きさに切り、たまねぎ(皮をむき上部とつけ根を切り取る)、にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)はみじん切り、えのきたけは石づきを切り落とす。

作り方1


 フライパンに多い目の油を敷き、鶏もも肉に塩、こしょう、バジルをふり表面を揚げ焼きにする。

作り方2


 ②を食べやすい大きさに切り、こんにゃくは表面に切り込みを入れサイコロ状に切る。

作り方3


 フライパンに油を敷き①の食材に塩、こしょうをふりかけ、野菜がしんなりするまで炒める。

作り方4


⑤ お鍋に鶏がらスープ(水5カップ+鶏がらスープ顆粒大さじ1)、③、④を入れ15分~20分煮込む。

作り方5


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 303 ビタミンD / μg 0.6
たんぱく質 / g 30.4 ビタミンE / mg 0.9
脂質 / g 13.9 ビタミンK / μg 140
炭水化物 / g 14.7 ビタミンB1 / mg 0.30
ナトリウム / mg 244 ビタミンB2 / mg 0.62
カリウム / mg 996 ナイアシン / mg 11.5
カルシウム / mg 149 ビタミンB6 / mg 0.51
マグネシウム / mg 60 ビタミンB12 / μg 1.7
リン / mg 370 葉酸 / μg 93
鉄 / mg 3.8 パントテン酸 / mg 4.37
亜鉛 / mg 2.9 ビタミンC / mg 19
銅 / mg 0.24 コレステロール / mg 140
マンガン / mg 0.35 食物繊維水溶性 / g 1.2
レチノール当量 / μg 389 食物繊維不溶性 / g 5.1
βカロテン当量 / μg 4104 食塩相当量 / g 0.7

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

白菜とじゃがいものバター醤油炒めヾ(^∇^)♪

白菜とじゃがいものバター醤油炒め



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:331Kcal/1人分

簡単!食物繊維がたっぷり和風バター醤油炒めです。


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は野菜の炒め物を作ってみましたヾ(^∇^)

味付和風かつおだし醤油・・ほんのりバターの香り

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(^o^)/





レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

はくさい 5枚
じゃがいも 2個
たまねぎ 1個
にんじん 1/2本
ソーセージ 6本
バター 小さじ1
醤油 小さじ1
かつおだし顆粒 小さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

はくさい

不要な塩分を排出し高血圧予防が期待できるカリウムおよびビタミンC、ミネラル類を含み免疫力アップにも効果的です。

⇒ はくさいの食品成分表をみる

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 白菜は葉をはがしざく切り、じゃがいもは水洗いして芽を取りピーラーで皮をむき角切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り薄切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま角切り、ウインナーは1cm幅くらいに切る。

作り方1


 フライパンに多いめの油を敷き、じゃがいも、にんじんを素揚げする。

作り方2


 ②の余分な油を取り除き、バターを溶かしてたまねぎ、ウインナー、白菜を加え塩、こしょうをふり炒める。

作り方3


 野菜がしんなりしてきたら、醤油、顆粒風味調味料を入れ味を調える(水分が少ないときは、水を少々入れる)

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 331 ビタミンD / μg 0.3
たんぱく質 / g 11.9 ビタミンE / mg 0.9
脂質 / g 19.1 ビタミンK / μg 116
炭水化物 / g 29.8 ビタミンB1 / mg 0.26
ナトリウム / mg 1,055 ビタミンB2 / mg 0.15
カリウム / mg 791 ナイアシン / mg 3.6
カルシウム / mg 91 ビタミンB6 / mg 0.40
マグネシウム / mg 46 ビタミンB12 / μg 0.7
リン / mg 218 葉酸 / μg 87
鉄 / mg 1.6 パントテン酸 / mg 1.30
亜鉛 / mg 1.5 ビタミンC / mg 41
銅 / mg 0.21 コレステロール / mg 35
マンガン / mg 0.44 食物繊維水溶性 / g 1.9
レチノール当量 / μg 303 食物繊維不溶性 / g 3.8
βカロテン当量 / μg 3,616 食塩相当量 / g 2.7

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

ピザ風ハッシュドポテトヾ(^∇^)♪

ピザ風ハッシュドポテト



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:369Kcal/1人分

簡単!ビタミン豊富なじゃがいもで・・・『じゃがいもはビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果が期待できます』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はじゃがいも、たまねぎ、人参、ウインナーでハッシュドポテトを作ってみました~ヾ(^∇^)

味付けはピザソース…チーズでクリーミーに・・・

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(^o^)/


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

じゃがいも 2個
たまねぎ 1/4個
にんじん 1/3本
パセリ(乾燥) 少々
ソーセージ 4本
チーズ 40g
小麦粉 1/3カップ
塩、こしょう 少々
大さじ3
ピザソース 大さじ3

(材料の特徴)

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

じゃがいもは水洗いして芽を取りピーラーで皮をむき、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまません切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り薄切り、ウインナーは1cm幅くらいに切る。

作り方1


 ボールに小麦粉、ピザソース、水を加えてかき混ぜる。

作り方2

※ 水は小麦粉の粘りを見ながら調整して下さい~ヾ(^∇^)


③ ②に①を入れかき混ぜる。

作り方3


 フライパンに油を敷き③をのばし両面を焼く。(裏返した上にチーズをのせふたををする)出来上がりにパセリ(粉)をふる。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 369 ビタミンD / μg 0.2
たんぱく質 / g 13.9 ビタミンE / mg 0.8
脂質 / g 17.2 ビタミンK / μg 21
炭水化物 / g 39.2 ビタミンB1 / mg 0.23
ナトリウム / mg 591 ビタミンB2 / mg 0.21
カリウム / mg 606 ナイアシン / mg 2.7
カルシウム / mg 166 ビタミンB6 / mg 0.31
マグネシウム / mg 40 ビタミンB12 / μg 1.1
リン / mg 284 葉酸 / μg 55
鉄 / mg 1.3 パントテン酸 / mg 0.92
亜鉛 / mg 1.6 ビタミンC / mg 40
銅 / mg 0.19 コレステロール / mg 38
マンガン / mg 0.29 食物繊維水溶性 / g 1.2
レチノール当量 / μg 199 食物繊維不溶性 / g 2.0
βカロテン当量 / μg 1813 食塩相当量 / g 1.5

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくとネギの甘辛炒めヾ(^∇^)♪

こんにゃくとネギのピリ辛炒め



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:104Kcal/1人分

ダイエットにおすすめで~すヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はちょっとピリ辛ネギの炒め物を作ってみましたヾ(^∇^)

ネギは疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果があるみたいですよ~ヾ(^∇^)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(^o^)/


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
ねぎ 1本
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/2本
かつだし 1/2カップ
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
大さじ1
唐辛子(乾燥) 少々
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

ねぎ

ビタミンCと血行を良くする香り成分の硫化アリルを白い部分に含みビタミンB1の吸収を促進する。また、緑の部分にはカロテン、カルシウムおよびミネラルを豊富に含み活性酸素の発生と発がんを抑制する効果があると言われている。

⇒ ねぎの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

唐辛子

食欲を増進させ消化吸収を助ける辛み成分のカプサイシンを含みます。また、エネルギー代謝をよくするため、体脂肪が分解される効果が期待できます。生のものには、ビタミンCが含まれますが、乾燥させたものには含まれません。(食べ頃:7月~10月頃)

⇒ 唐辛子の食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 こんにゃくは表面に切り込みを入れサイコロ状に切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切り、ねぎは根元を切り斜め切りにする。

作り方1


 こんにゃくは、だしで10分くらい煮込んで下味をつける。

作り方2


③ フライパンに油を敷き、唐辛子(乾燥輪切り)、塩、こしょうをふり、こんにゃく、たまねぎ、にんじん、ねぎを炒める。

作り方3


 ②の野菜がしんなりしてきたら、かつおだし(水1/2カップ+かつおだし顆粒小さじ1/2)、醤油(大さじ2)、みりん(大さじ2)、酒(大さじ1)を入れに汁が少なくなるまで煮詰める。

作り方4

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 104 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 2.5 ビタミンE / mg 0.1
脂質 / g 0.2 ビタミンK / μg 3
炭水化物 / g 23.1 ビタミンB1 / mg 0.05
ナトリウム / mg 1,163 ビタミンB2 / mg 0.07
カリウム / mg 290 ナイアシン / mg 1.2
カルシウム / mg 77 ビタミンB6 / mg 0.19
マグネシウム / mg 25 ビタミンB12 / μg 0.2
リン / mg 74 葉酸 / μg 34
鉄 / mg 1.0 パントテン酸 / mg 0.30
亜鉛 / mg 0.5 ビタミンC / mg 7
銅 / mg 0.08 コレステロール / mg 1
マンガン / mg 0.18 食物繊維水溶性 / g 0.8
レチノール当量 / μg 145 食物繊維不溶性 / g 3.7
βカロテン当量 / μg 1,734 食塩相当量 / g 3.0

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)