ほうれん草とツナのチーズ焼きヾ(^∇^)♪

ほうれん草とツナのチーズ焼き



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:269Kcal/1人分

簡単!栄養満点チーズ焼き~ヾ(^∇^) 『美肌効果が期待できるなめこをトッピング』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

ほうれん草とツナのチーズ焼きは

https://mairepi.jp/recipe_hp151.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はほうれん草とツナ、なめこのチーズ焼きを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはマヨネーズ、塩、こしょう・・・ほんのりバジルの香りが食欲をそそります✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

ほうれん草 1束
ツナ 1缶
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/2本
なめこ 1/2パック
とろけるチーズ 40g
マヨネーズ 小さじ1
バジル(粉) 少々
オリーブ油 小さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

ほうれん草

造血作用のある鉄、葉酸マンガンを豊富に含みます。他にもカロテン、ビタミンC、ビタミンB群などを含み緑黄色野菜の中でもトップクラスの含有量です。免疫細胞を活性化させ体内の異物を取り除く効果も期待できます。食べ頃に収穫されたもののほうがビタミンCが豊富です。はベーコンなど動物性たんぱく質といっしょに食べると吸収率がアップします。(食べ頃:12月~1月頃)

⇒ ほうれん草の食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)
⇒ にんじんの食品成分表をみる

なめこ

美肌効果や骨粗しょう症の予防が期待できるトレハロースを豊富に含み、たんぱく質の吸収を助けて腸の働きをととのえたり肝臓などの粘膜を保護する効果が期待できるヌルヌルのムチン成分を含みます。(食べ頃:9月~11月『天然もの』)
⇒ なめこの食品成分表をみる

チーズ

チーズは牛乳の栄養成分が凝縮して、たんぱく質カルシウムビタミンAなど何倍も豊富に含まれています。カルシウムの吸収率は良く、効率よく摂取できます。緑黄色野菜といっしょにとるとカロテンの吸収率が上がります。エネルギー、塩分、飽和脂肪酸が多いので肥満の人は要注意!

ナチュラルチーズ:牛乳、山羊乳を原料に発酵させたもの

プロセスチーズ:ナチュラルチーズをミックスして加熱処理したもの

⇒ チーズの食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 ほうれん草は沸騰したお湯で1分くらいゆで、冷水で冷やし水気をしぼる。

作り方1


 たまねぎは皮をむきつけ根と上部を切り落としみじん切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切りにする。

作り方2


 ツナに塩、こしょう、バジルで下味をつける。

作り方3


 フライパンにオリーブ油を敷き②を野菜がしんなりするまで炒め、塩、こしょうをふる。

作り方4


 ③、④をグラタン皿に盛りつけ、上にとろけるチーズをのせオーブントースター(860W)で5~7分くらい焼く。

作り方5


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 269 ビタミンD / μg 2.0
たんぱく質 / g 15.3 ビタミンE / mg 3.7
脂質 / g 18.8 ビタミンK / μg 247
炭水化物 / g 11.7 ビタミンB1 / mg 0.14
ナトリウム / mg 590 ビタミンB2 / mg 0.26
カリウム / mg 681 ナイアシン / mg 8.1
カルシウム / mg 208 ビタミンB6 / mg 0.33
マグネシウム / mg 56 ビタミンB12 / μg 1.8
リン / mg 284 葉酸 / μg 124
鉄 / mg 1.9 パントテン酸 / mg 0.82
亜鉛 / mg 1.6 ビタミンC / mg 17
銅 / mg 0.21 コレステロール / mg 35
マンガン / mg 0.45 食物繊維水溶性 / g 1.5
レチノール当量 / μg 608 食物繊維不溶性 / g 3.9
βカロテン当量 / μg 6,687 食塩相当量 / g 1.5





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

レンジで作る!お餅とツナのマヨネーズ焼きヾ(^∇^)♪

お餅とツナのマヨネーズ焼き



調理時間15分 352Kcal(1人分)

レンジで作る簡単!お餅のマヨネーズ焼き!『 火を使わず電子レンジ・オーブントースターで調理しまーす』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

レンジで作る!お餅とツナのマヨネーズ焼きは

https://mairepi.jp/recipe_hp189.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はレンジで作る!シリーズでお餅にツナ、たまねぎ、人参を加えてオーブントースターで焼いてみましたヾ(^∇^)

味付けはマヨネーズにほんのりバジルの香りがします。カロリーが気になる方は柚子胡椒ポン酢がいいかも?(試してないじゃんm(__)m)

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(^o^)/


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

お餅 2個
たまねぎ 1/2個
人参 1/4本
ツナ 1缶
マヨネーズ 大さじ2
バジル(粉) 少々
パセリ(乾燥) 少々
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる

パセリ

ビタミン類、カロテン、食物繊維、鉄などのミネラルを豊富に含みます。濃い緑色に含まれるクロロフィルには口臭や体臭を防ぐ効果があり、貧血予防や血中コレステロール値を下げる効果も期待できます。最近では香りや味にくせのない平葉種のイタリアンパセリも一般的になってきています。
⇒ パセリの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのままみじん切りにする。お餅は1cm角くらいに切る。

作り方1

👉料理のポイント : たまねぎ、人参はシャキシャキ半生に仕上がります。半生が苦手な方はたまねぎ、人参だけをお皿にとりラップをして電子レンジ(600W)で1分30秒くらい加熱するといいよヾ(^∇^)


 ボールに①の食材、ツナ(1缶)マヨネーズ(大さじ2)バジル(粉・少々)パセリ(乾燥・少々)塩、こしょう(少々)を加えかき混ぜる。

作り方2


 ②をグラタン皿に盛り付けオーブントースター(860W)で6~9分焼く。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 352 ビタミンD / μg 1.7
たんぱく質 / g 10.9 ビタミンE / mg 2.4
脂質 / g 18.9 ビタミンK / μg 23
炭水化物 / g 33.9 ビタミンB1 / mg 0.11
ナトリウム / mg 452 ビタミンB2 / mg 0.09
カリウム / mg 294 ナイアシン / mg 6.5
カルシウム / mg 42 ビタミンB6 / mg 0.31
マグネシウム / mg 31 ビタミンB12 / μg 1.2
リン / mg 140 葉酸 / μg 24
鉄 / mg 1.2 パントテン酸 / mg 0.64
亜鉛 / mg 1.1 ビタミンC / mg 6
銅 / mg 0.20 コレステロール / mg 34
マンガン / mg 0.63 食物繊維水溶性 / g 0.8
レチノール当量 / μg 193 食物繊維不溶性 / g 1.7
βカロテン当量 / μg 2228 食塩相当量 / g 1.2





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

きのことツナの焼うどんヾ(^∇^)♪

キノコとツナの焼うどん



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:448Kcal/1人分

簡単!お昼ごはんにいかがですかヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はきのこたっぷりツナを加えて焼うどんを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・・和風でさっぱり焼うどんで~す😋

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

うどん 2玉
ピーマン 4個
にんじん 1/2本
たまねぎ 1/2個
しめじ 1/2パック
かつおだし(顆粒) 小さじ1
醤油 大さじ1
ツナ 1缶
たまご 1個

(材料の特徴)

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り薄切り、ピーマンはへたと種を取り細切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま縦に半分に切って斜め切り、しめじは石づきを切り落とす。

作り方1


 うどんは、水でサットほぐしておく。

作り方2


 フライパンでツナの油でたまごを炒める。

作り方3


 ③に①の野菜を加え野菜がしんなりするまで炒める。

作り方4


 ④に②のうどん、かつおだし(顆粒)、少量の水、醤油を加え炒める。

作り方5


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 448 ビタミンD / μg 3.2
たんぱく質 / g 19.3 ビタミンE / mg 2.2
脂質 / g 16.1 ビタミンK / μg 17
炭水化物 / g 55.8 ビタミンB1 / mg 0.20
ナトリウム / mg 943 ビタミンB2 / mg 0.27
カリウム / mg 542 ナイアシン / mg 8.9
カルシウム / mg 55 ビタミンB6 / mg 0.45
マグネシウム / mg 47 ビタミンB12 / μg 1.4
リン / mg 236 葉酸 / μg 55
鉄 / mg 2.2 パントテン酸 / mg 1.53
亜鉛 / mg 1.2 ビタミンC / mg 52
銅 / mg 0.22 コレステロール / mg 134
マンガン / mg 0.47 食物繊維水溶性 / g 1.4
レチノール当量 / μg 241 食物繊維不溶性 / g 4.8
βカロテン当量 / μg 2,417 食塩相当量 / g 2.4

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


レシピブログおすすめレシピ

オクラとツナわかめの冷たい和風パスタ

オクラとツナわかめの冷たい和風パスタ

エリオットゆかりさん

さっぱり冷たいパスタはいかがですか?
レシピブログ

茹でキャベツのクリーミーツナチーズソースかけ

茹でキャベツのクリーミーツナチーズソースかけ

エリオットゆかりさん

キャベツをささっと茹でて、ツナ缶とチーズを使った簡単ソース。
レシピブログ

グリンピースとツナと卵の春の豆腐和え♪

グリンピースとツナと卵の春の豆腐和え♪

エリオットゆかりさん

お豆腐を使ってカラフルで元気の出るヘルシー和えもの☆
レシピブログ

たこ焼き風ツナチーズナゲット

たこ焼き風ツナチーズナゲット

とまとママさん

鶏胸肉、ツナ缶を使ったナゲットにスライスチーズを入れると美味しさ倍増です~(*^▽^*)v弱火&余熱焼き作戦で、ガス代節約!ストーブの上でも出来ます。
レシピブログ

しし唐のツナ詰め焼き

しし唐のツナ詰め焼き

こっぷんかぁちゃんさん

しし唐焼きに一手間加えて オーロラソース味のツナが絶妙!
レシピブログ

ちくわとツナのかき揚げヾ(^∇^)♪

ちくわとツナのかき揚げ



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:274Kcal/1人分

簡単!🍻のおつまみにもヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はちくわとツナのかき揚げを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはマヨネーズ・・・ツナと相性抜群で~す😋

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

ちくわ 5本
シーチキン 1缶
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/2本
ピーマン 1個
マヨネーズ 小さじ1
小麦粉 適量
たまご 1個

(材料の特徴)

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

小麦粉

小麦たんぱくの量によって種類が異なります。

薄力粉:たんぱく質の含有量が8%以下で強い粘りが出ないのが特徴です。

強力粉:たんぱく質の含有量が12%で強い粘りが出るのが特徴です。

⇒ 小麦粉の食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎ、にんじん、ピーマンをみじん切りにする。

作り方1

 ちくわは、たてに半分に切り1cmはばくらいに切る。

作り方2

 ボールに、①、②シーチキン、とき卵を入れ、粘り気を見ながら小麦粉を入れる。

作り方3

 フライパンに約2cmくらいまで油を入れ③を両面揚げ焼にする。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 274 ビタミンD / μg 1.9
たんぱく質 / g 18.8 ビタミンE / mg 1.9
脂質 / g 13.1 ビタミンK / μg 24
炭水化物 / g 19.9 ビタミンB1 / mg 0.09
ナトリウム / mg 726 ビタミンB2 / mg 0.21
カリウム / mg 325 ナイアシン / mg 3.8
カルシウム / mg 46 ビタミンB6 / mg 0.23
マグネシウム / mg 30 ビタミンB12 / μg 1.2
リン / mg 207 葉酸 / μg 30
鉄 / mg 1.6 パントテン酸 / mg 0.68
亜鉛 / mg 0.8 ビタミンC / mg 11
銅 / mg 0.11 コレステロール / mg 148
マンガン / mg 0.16 食物繊維総量 / g 1.3
ビタミンA / μg 211 食塩相当量 / g 1.9

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

じゃがいものツナ炒めヾ(^∇^)♪

じゃがいものツナ炒め



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:401Kcal/1人分

簡単!野菜たっぷり🥕ツナフレークで炒めましたヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はじゃがいもとシーチキンの和風炒めを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・・ツナと相性抜群で~す😋

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

じゃがいも 4個
ピーマン 4個
にんじん 1/2本
たまねぎ 1/2個
しめじ 1/2パック
かつおだし 大さじ1
醤油 大さじ1
ツナ 2缶

(材料の特徴)

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

とうもろこし

糖質、たんぱく質が主成分でビタミンE、ビタミンB1、B2、亜鉛、鉄、食物繊維など栄養豊富な食材ですがカロリーが高いので要注意です。(食べ頃:6月~9月頃)

⇒ とうもろこしの食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 じゃがいもは水で洗いピーラーで皮をむきスティック状に切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま乱切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、しめじは石づきを切り落とし、ピーマンはへたと種をとり角切りにする。

作り方1

 フライパンにシーチキンを入れその油で、じゃがいも、にんじんを炒める。

作り方2

 じゃがいも、にんじんに火が通ったら残りの野菜を入れいためる。醤油、かつおだしで味を整える。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 401 ビタミンD / μg 4.3
たんぱく質 / g 19.8 ビタミンE / mg 2.9
脂質 / g 22.3 ビタミンK / μg 14
炭水化物 / g 32.7 ビタミンB1 / mg 0.26
ナトリウム / mg 808 ビタミンB2 / mg 0.21
カリウム / mg 987 ナイアシン / mg 15.5
カルシウム / mg 33 ビタミンB6 / mg 0.78
マグネシウム / mg 63 ビタミンB12 / μg 2.3
リン / mg 244 葉酸 / μg 66
鉄 / mg 2.1 パントテン酸 / mg 1.43
亜鉛 / mg 1.1 ビタミンC / mg 78
銅 / mg 0.24 コレステロール / mg 33
マンガン / mg 0.36 食物繊維水溶性 / g 1.6
レチノール当量 / μg 202 食物繊維不溶性 / g 4.9
βカロテン当量 / μg 2,413 食塩相当量 / g 2.1

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

すき焼風味!白菜とツナのスパゲティヾ(^∇^)♪

白菜とツナのスパゲティ



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:457Kcal/1人分

簡単!はくさいとツナをちょっと甘めの和風醤油だしで味付けたスパゲティですヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はかつおのフレークと白菜の和風スパゲティーを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・・ちょっと甘めのすき焼き風スパゲティで~す😋

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

はくさい 3枚
ツナ 1缶
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/2本
えのきたけ 1/3パック
スパゲティ 100g
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
大さじ1
さとう 大さじ2
かつおだし 1/3カップ
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

はくさい

不要な塩分を排出し高血圧予防が期待できるカリウムおよびビタミンC、ミネラル類を含み免疫力アップにも効果的です。

⇒ はくさいの食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

えのきたけ

神経の興奮を鎮め肝臓や腎臓の働きを良くするギャバ成分が豊富に含まれています。また、ビタミンB1も豊富に含まれているので、疲労回復にも良いでしょう。
⇒ えのきたけの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

お鍋に水、塩(少々)を入れ沸騰したら、スパゲティを入れ7分前後ゆでる。ゆであがったら、ざるにあげ水気をきる。

作り方1

たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切り、えのきたけは石づきを切り、白菜は食べやすい大きさに切る。

作り方2

フライパンに野菜を入れシーチキンの油で塩、こしょうをふり炒める。

作り方3

③の野菜がしんなりしてきたら、かつおだし、醤油、みりん、酒、さとうを入れ煮詰める。①をお皿にとり、その上に盛りつける。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 457 ビタミンD / μg 1.8
たんぱく質 / g 17.9 ビタミンE / mg 1.5
脂質 / g 11.0 ビタミンK / μg 79
炭水化物 / g 70.5 ビタミンB1 / mg 0.24
ナトリウム / mg 1,296 ビタミンB2 / mg 0.17
カリウム / mg 655 ナイアシン / mg 9.2
カルシウム / mg 79 ビタミンB6 / mg 0.45
マグネシウム / mg 69 ビタミンB12 / μg 1.3
リン / mg 253 葉酸 / μg 77
鉄 / mg 2.1 パントテン酸 / mg 1.19
亜鉛 / mg 1.6 ビタミンC / mg 15
銅 / mg 0.26 コレステロール / mg 17
マンガン / mg 0.31 食物繊維水溶性 / g 1.5
レチノール当量 / μg 226 食物繊維不溶性 / g 4.2
βカロテン当量 / μg 2,703 食塩相当量 / g 3.3

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

ツナのチーズだし巻き~ヾ(^∇^)♪

ツナのチーズだし巻き


調理時間15分 219Kcal(1人分)

簡単!お弁当にいかがですか?野菜たっぷり栄養満点~ヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はたっぷりの野菜とシーチキンにとろけるチーズをくわえてだし巻きを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けは和風かつおだし醤油・・・シーチキンにとろけるチーズが絡まってクリーミーに仕上がってます✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

ツナ 1缶
とろけるチーズ ひとつまみ
たまご 2個
たまねぎ 小1/4個
にんじん 2cmくらい
じゃがいも 小1/4個
ピーマン 小1個
塩、こしょう 少々
醤油 少々
かつおだし 少々

(材料の特徴)

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

チーズ

チーズは牛乳の栄養成分が凝縮して、たんぱく質カルシウムビタミンAなど何倍も豊富に含まれています。カルシウムの吸収率は良く、効率よく摂取できます。緑黄色野菜といっしょにとるとカロテンの吸収率が上がります。エネルギー、塩分、飽和脂肪酸が多いので肥満の人は要注意!

ナチュラルチーズ:牛乳、山羊乳を原料に発酵させたもの

プロセスチーズ:ナチュラルチーズをミックスして加熱処理したもの

⇒ チーズの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)
⇒ にんじんの食品成分表をみる

じゃがいも

免疫力を高めさまざまな病気の予防が期待できるビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用や美肌効果も期待できる。(食べ頃>5月~7月頃)

⇒ じゃがいもの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま、ピーマンはへたと種をとり、じゃがいもは水洗いしてぴーらで皮をむき、それぞれ細切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切りスライスし、フライパンに油を敷き、塩、こしょうをふり野菜がしんなりするまで炒める。

作り方1


フライパンに油を敷き、たまごを薄く流し上に①の野菜、シーチキン、チーズをのせ巻いていく。

作り方2


 ②を巻きすで巻いて3分くらいおいて形を整える。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 219 ビタミンD / μg 1.7
たんぱく質 / g 15.0 ビタミンE / mg 1.7
脂質 / g 15.1 ビタミンK / μg 25
炭水化物 / g 4.7 ビタミンB1 / mg 0.05
ナトリウム / mg 402 ビタミンB2 / mg 0.29
カリウム / mg 248 ナイアシン / mg 3.4
カルシウム / mg 81 ビタミンB6 / mg 0.20
マグネシウム / mg 22 ビタミンB12 / μg 1.1
リン / mg 217 葉酸 / μg 35
鉄 / mg 1.4 パントテン酸 / mg 0.97
亜鉛 / mg 1.1 ビタミンC / mg 10
銅 / mg 0.09 コレステロール / mg 248
マンガン / mg 0.09 食物繊維水溶性 / g 0.3
レチノール当量 / μg 179 食物繊維不溶性 / g 0.6
βカロテン当量 / μg 926 食塩相当量 / g 1.1

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

レンジで作る!こんにゃくとピーマンのチーズ焼きヾ(^∇^)♪

こんにゃくとピーマンのチーズ焼き



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:185Kcal/1人分

レンジで簡単!ダイエットにおすすめでーす~ヾ(^∇^) 『火を使わずにレンジとオーブントースターで調理しまーす』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はピーマンの中にシーチキンとたっぷりの野菜、こんにゃくをのせたチーズ焼きを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはマヨネーズツナに塩・こしょう✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
ツナ 1缶
たまねぎ 1/4個
にんじん 3cmくらい
ピーマン 2個
チーズ 35g
マヨネーズ 小さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

チーズ

チーズは牛乳の栄養成分が凝縮して、たんぱく質カルシウムビタミンAなど何倍も豊富に含まれています。カルシウムの吸収率は良く、効率よく摂取できます。緑黄色野菜といっしょにとるとカロテンの吸収率が上がります。エネルギー、塩分、飽和脂肪酸が多いので肥満の人は要注意!

ナチュラルチーズ:牛乳、山羊乳を原料に発酵させたもの

プロセスチーズ:ナチュラルチーズをミックスして加熱処理したもの

⇒ チーズの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 ピーマンは半分に切りたねをとる。こんにゃくは表面に切れ目を入れピーマンに入るサイズに切る。たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま、それぞれみじん切りにする。

作り方1

👉料理のポイント

写真の手順で作ると野菜が少しシャキシャキはん生ですので下記手順をおすすめします(^^;

耐熱容器に①の食材がつかるくらい水+顆粒風味調味料(小さじ1)を入れラップをして(表面に爪楊枝で5ヶ所くらい穴をあける)電子レンジ(600W)で2分くらい加熱する。

吹きこぼれ注意!!


 ボールで①、ツナ、マヨネーズ、塩、こしょうを振り混ぜ合わせる。

作り方2


 ピーマンに②→こんにゃく→②→チーズの順にのせる。

作り方3


 オーブントースターで10~15分くらい焼く。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 185 ビタミンD / μg 0.8
たんぱく質 / g 11.8 ビタミンE / mg 1.4
脂質 / g 13.1 ビタミンK / μg 24
炭水化物 / g 5.7 ビタミンB1 / mg 0.03
ナトリウム / mg 378 ビタミンB2 / mg 0.10
カリウム / mg 198 ナイアシン / mg 3.3
カルシウム / mg 165 ビタミンB6 / mg 0.19
マグネシウム / mg 23 ビタミンB12 / μg 0.9
リン / mg 156 葉酸 / μg 17
鉄 / mg 0.8 パントテン酸 / mg 0.17
亜鉛 / mg 1.1 ビタミンC / mg 15
銅 / mg 0.07 コレステロール / mg 25
マンガン / mg 0.10 食物繊維水溶性 / g 0.4
レチノール当量 / μg 89 食物繊維不溶性 / g 2.5
βカロテン当量 / μg 527 食塩相当量 / g 1.0





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

ツナレシピヾ(^∇^)♪

ツナレシピ



hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はツナ缶をつかったレシピを紹介しますヾ(^∇^)

『ツナの特徴』

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。




⇒ ツナの食品成分表をみる


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


ちくわとツナのチーズ焼き

調理時間15分 265Kcal(1人分)

ツナマヨネーズに野菜をたっぷり入れちくわにのせてチーズ焼きしました

⇒ ちくわとツナのチーズ焼き


たまごツナチーズトースト

調理時間10分 390Kcal(1人分)

バジル香るトースト!たまご、チーズ、ツナをのせたトーストです。『バジルはリラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できます』

⇒ たまごチーズツナトースト


キノコとツナの焼うどん

調理時間15分 448Kcal(1人分)

ぶなしめじとツナの和風焼うどんてす。『魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です』

⇒ キノコとツナの焼うどん


ツナのチーズだし巻き

調理時間15分 219Kcal(1人分)

だし巻きの中にたっぷりの野菜とシーチキンにとろけるチーズが絡まってクリーミーに仕上がってます。

⇒ ツナのチーズだし巻き


れんこんとツナのはさみ揚げ

調理時間15分 220Kcal(1人分)

れんこんにマヨネーズツナ、たまねぎをはさんで揚げました。れんこんはビタミンCおよびビタミンB1、B2、鉄、銅、食物繊維など栄養豊富です。

⇒ れんこんとツナのはさみ揚げ


茄子のわさびマヨネーズ焼き

調理時間15分 218Kcal(1人分)

茄子にわさびとツナマヨネーズをのせて焼いてます。『時短重視の手抜き料理です』

⇒ 茄子のわさびマヨネーズ焼き


ツナとえのきのペペロンチーノ

調理時間15分 451Kcal(1人分)

簡単!ペペロンチーノにツナとえのきたけ、野菜をトッピング???? 

⇒ ツナとえのきのペペロンチーノ


じゃがいものツナ炒め

調理時間15分 401Kcal(1人分)

じゃがいもとツナの和風炒めてす。『じゃがいもはビタミンCを豊富に含み抗酸化作用や美肌効果も期待できます』

⇒ じゃがいものツナ炒め





わさびマヨネーズツナトースト

調理時間10分 351Kcal(1人分)

かつおのフレークとブロッコリーのわさびマヨネーズトーストです。『かつおフレークは、良質なたんぱく質、ビタミンB群、鉄分を豊富に含みます』

⇒ わさびマヨネーズツナトースト


れんこんとツナのチーズ焼き

調理時間15分 254Kcal(1人分)

ビタミンCを豊富に含みほかにも、B1、B2、鉄、銅食物繊維など栄養豊富なれんこんにマヨネーズツナをのせたチーズ焼きです。

⇒ れんこんとツナのチーズ焼き


ほうれん草とツナのチーズ焼き

調理時間15分 269Kcal(1人分)

緑黄色野菜で抜群の栄養価を誇るほうれん草とツナのチーズ焼きです。チーズとバジルの香りでほうれん草が苦手なかたも食べられると思います。

⇒ ほうれん草とツナのチーズ焼き


こんにゃくとピーマンのチーズ焼き

調理時間20分 356Kcal(1人分)

ピーマンの中にシーチキンとたっぷりの野菜、こんにゃくをのせたチーズ焼きです。『こんにゃくは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維、カルシウムを豊富に含んでいます』

⇒ こんにゃくとピーマンのチーズ焼き


ツナと白菜のスパゲティ

調理時間15分 457Kcal(1人分)

良質なたんぱく質を含みビタミンB群、鉄分を豊富に含むかつおのフレークと白菜の和風スパゲティーです。

⇒ ツナとと白菜のスパゲティ


ツナニラたま

調理時間10分 208Kcal(1人分)

かつおのフレークを入れたニラ玉です。『ニラはビタミン類、カルシウムを豊富に含むスタミナ野菜です』

⇒ ツナにらたま


野菜とツナのマリネ

調理時間15分 134Kcal(1人分)

良質なたんぱく質を含みビタミンB群、鉄分を豊富に含むかつおのフレークと野菜のマリネです。

⇒ 野菜とツナのマリネ


ちくわとツナのかき揚げ

調理時間15分 274Kcal(1人分)

ちくわとツナフレークのお好み焼きをフワッと揚げた感じに仕上がってます。

⇒ ちくわとツナのかき揚げ


はくさいツナ丼

調理時間15分 436Kcal(1人分)

はくさいとツナをちょっと甘めの和風醤油だしで味付けたどんぶりです。

⇒ はくさいツナ丼


おもなカテゴリー

・ 野菜中心の低カロリーレシピ

・ 料理の前に(基本)

・ 食品成分表

・ 栄養素

・ 食品カロリー

・ 日本人の食事摂取基準


栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

はくさいツナ丼ヾ(^∇^)♪

はくさいツナ丼



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:436Kcal/1人分

簡単!はくさいとツナをちょっと甘めの和風醤油だしで味付けたどんぶりですヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は白菜とツナで丼を作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・・ちょっと甘めのすき焼き風どんぶりで~す😋

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

はくさい 3枚
ツナ 1缶
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/2本
えのきたけ 1/3パック
ごはん 茶碗2杯
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
大さじ1
さとう 大さじ2
かつおだし 1/3カップ
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

はくさい

不要な塩分を排出し高血圧予防が期待できるカリウムおよびビタミンC、ミネラル類を含み免疫力アップにも効果的です。

⇒ はくさいの食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

えのきたけ

神経の興奮を鎮め肝臓や腎臓の働きを良くするギャバ成分が豊富に含まれています。また、ビタミンB1も豊富に含まれているので、疲労回復にも良いでしょう。
⇒ えのきたけの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切り、えのきたけは石づきを切り、白菜は食べやすい大きさに切る。

作り方1

 フライパンに野菜を入れシーチキンの油で塩、こしょうをふり炒める。

作り方2

 ③の野菜がしんなりしてきたら、かつおだし、醤油、みりん、酒、さとうを入れ煮詰める。ごはんの上に盛りつける。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 457 ビタミンD / μg 1.8
たんぱく質 / g 17.9 ビタミンE / mg 1.5
脂質 / g 11.0 ビタミンK / μg 79
炭水化物 / g 70.5 ビタミンB1 / mg 0.24
ナトリウム / mg 1,296 ビタミンB2 / mg 0.17
カリウム / mg 655 ナイアシン / mg 9.2
カルシウム / mg 79 ビタミンB6 / mg 0.45
マグネシウム / mg 69 ビタミンB12 / μg 1.3
リン / mg 253 葉酸 / μg 77
鉄 / mg 2.1 パントテン酸 / mg 1.19
亜鉛 / mg 1.6 ビタミンC / mg 15
銅 / mg 0.26 コレステロール / mg 17
マンガン / mg 0.31 食物繊維水溶性 / g 1.5
レチノール当量 / μg 226 食物繊維不溶性 / g 4.2
βカロテン当量 / μg 2,703 食塩相当量 / g 3.3

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪