和風スパゲティヾ(^∇^)♪

和風スパゲティ



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:362Kcal/1人分

簡単! 野菜とぶなめじをかつお醤油だしで炒めたスパゲティです。美味しいですよヾ(^∇^) お試しを!


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は和風スパゲティを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・ほんのりベーコンの香りが・・

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

 


(材料2人分)

スパゲティ 120g
ピーマン 4個
にんじん 1/2本
たまねぎ 1/2個
しめじ 1/2パック
ベーコン 30g
かつおだし 大さじ2
醤油 大さじ1

(材料の特徴)

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

たまねぎは薄切り、ピーマンは細切り、にんじんは縦に半分に切り斜め切り、しめじは石づきを切り落としベーコンは食べやすい大きさに切る。

作り方1

 お鍋に水、塩(少々)を入れ沸騰したら、スパゲティを入れ7分前後ゆでる。ゆであがったら、ざるにあげる。

作り方2

フライパンに油を敷き①を炒める。

作り方3

③の野菜がしんなりしてきたら②のスパゲティをいれ醤油、かつおだし(顆粒)で味を調える。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 362 ビタミンD / μg 1.0
たんぱく質 / g 12.1 ビタミンE / mg 1.0
脂質 / g 10.0 ビタミンK / μg 14
炭水化物 / g 55.1 ビタミンB1 / mg 0.23
ナトリウム / mg 391 ビタミンB2 / mg 0.13
カリウム / mg 512 ナイアシン / mg 4.0
カルシウム / mg 37 ビタミンB6 / mg 0.33
マグネシウム / mg 55 ビタミンB12 / μg 0.2
リン / mg 186 葉酸 / μg 44
鉄 / mg 1.7 パントテン酸 / mg 1.19
亜鉛 / mg 1.6 ビタミンC / mg 58
銅 / mg 0.27 コレステロール / mg 8
マンガン / mg 0.21 食物繊維水溶性 / g 1.5
レチノール当量 / μg 203 食物繊維不溶性 / g 4.6
βカロテン当量 / μg 2,418 食塩相当量 / g 1.0

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

 

野菜たっぷり照り焼きチキンヾ(^∇^)♪

野菜たっぷり照り焼きチキン



出来上がり数:4人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:339Kcal/1人分

カルシウムの吸収を助けるビタミンD、B1、B2、ナイアシンなどを含む、栄養価の高いキノコと野菜たっぷりの照り焼きチキンです。


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は栄養価の高いキノコと野菜たっぷりの照り焼きチキンを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けは醤油とみりんで・・ほんのりとした甘さ✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)





レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

 


(材料4人分)

鶏もも肉 4枚
パプリカ 3個
にんじん 1本
たまねぎ(1個) 1個
しめじ 1パック
醤油 大さじ4
みりん 大さじ4
片栗粉 小さじ2
塩コショウ 少々

(材料の特徴)

鶏肉

食肉は良質たんぱく質源であり、鶏肉(脂質は100g中/ささみ0.8g、胸肉1.5g、もも肉3.9g)は高たんぱく低脂肪食材です。また、骨や皮ごと調理すればコラーゲンも摂取できます。

⇒ 鶏肉の食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

片栗粉

カタクリの地下茎から製した白色のでん粉ですが、市販の多くは、じゃがいものでん粉になっています。主に料理では、から揚げなどの衣やとろみづけに用いられています。(でん粉は加熱により糊化してすぐダマになるため、片栗粉と水を1:1で水に溶かしてから加えると良い)

片栗粉 ⇒ じゃがいもでん粉

コーンスターチ ⇒ とうもろこしでん粉

タピオカ ⇒ キャッサバでん粉

⇒ 片栗粉の食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎはくし形切り、パプリカは細切り、にんじんは乱切りにする。

作り方1


約180℃の油で、野菜をサット素揚げする。

作り方2


 鶏肉は皮を取り、ひと口サイズに切る。

作り方3


 フライパンで鶏肉を先に炒め火が通ったら②、醤油、みりんを入れ水溶き片栗粉でとろみをつける。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 339 ビタミンD / μg 0.5
たんぱく質 / g 44.6 ビタミンE / mg 0.5
脂質 / g 7.5 ビタミンK / μg 83
炭水化物 / g 21.5 ビタミンB1 / mg 0.23
ナトリウム / mg 1,276 ビタミンB2 / mg 0.52
カリウム / mg 949 ナイアシン / mg 12.7
カルシウム / mg 37 ビタミンB6 / mg 0.61
マグネシウム / mg 69 ビタミンB12 / μg 0.8
リン / mg 421 葉酸 / μg 49
鉄 / mg 2.4 パントテン酸 / mg 4.74
亜鉛 / mg 5.2 ビタミンC / mg 31
銅 / mg 0.17 コレステロール / mg 198
マンガン / mg 0.20 食物繊維水溶性 / g 0.8
レチノール当量 / μg 177 食物繊維不溶性 / g 2.2
βカロテン当量 / μg 1,841 食塩相当量 / g 3.2





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


豆腐ハンバーグヾ(^∇^)♪

豆腐ハンバーグ



出来上がり数:2人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:269Kcal/1人分

簡単!低カロリーで栄養満点~ヾ(^∇^) 『豆腐はたんぱく質と脂質を豊富に含み栄養価の高い食品です』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は挽肉のかわりに豆腐をつかってハンバーグを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けは醤油、みりんにほのかなバジルの香り・・✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

木綿豆腐 1丁
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/3本
しめじ 1/2パック
ロースハム 40g
たまご 1個
パン粉 1カップ
牛乳 大さじ1
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
塩、こしょう 少々
さとう 少々
バジル 少々
ナツメグ 少々

(材料の特徴)

豆腐

主成分がたんぱく質であることから畑の肉と言われ、大豆に水分を含ませ、すりつぶしたものを煮てこしたものに、カルシウムマグネシウムを含むにがりを加えたものが豆腐です。大豆および大豆製品には強い抗酸化作用をもつイソフラボン、他にも便秘解消が期待できる食物繊維など豊富な栄養成分が含まれています。

⇒ 豆腐の食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる

牛乳

カルシウムを豊富に含み効率よく吸収できる食品です。カルシウムは一般的に吸収されにくいとされていますが、牛乳に含まれる、乳糖やカゼインホスホペプチドが吸収率を高めます。また、たんぱく質、脂質、鉄分リンビタミンAB2など栄養豊富です。

牛乳:しぼった生乳を成分無調整で加熱殺菌したもの。

加工乳:生乳を70%以上含み、脂肪分など規定の乳成分を加減したもの。

乳飲料:生乳を20%~25%含みコーヒーや果汁などをくわえたもの。

⇒ 牛乳の食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

たまねぎ(皮をむき上部とつけ根を切り取る)、にんじん(皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま)、しめじ(石づきを切り落す)、ハムはみじん切りにする。

作り方1


 ボールに①、豆腐、たまご、パン粉、牛乳、塩こしょう、バジル、ナツメグを入れかき混ぜ丸める。

作り方2


 フライパンで②の片面に焦げ目をつけ弱火で蓋をして10分~15分蒸し焼きにする。焼きあがったら、醤油、みりんで味をつける。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 269 ビタミンD / μg 1.1
たんぱく質 / g 16.0 ビタミンE / mg 0.6
脂質 / g 9.9 ビタミンK / μg 15
炭水化物 / g 29.1 ビタミンB1 / mg 0.18
ナトリウム / mg 1,459 ビタミンB2 / mg 0.24
カリウム / mg 422 ナイアシン / mg 2.8
カルシウム / mg 135 ビタミンB6 / mg 0.22
マグネシウム / mg 55 ビタミンB12 / μg 0.4
リン / mg 282 葉酸 / μg 46
鉄 / mg 2.3 パントテン酸 / mg 1.02
亜鉛 / mg 1.5 ビタミンC / mg 13
銅 / mg 0.21 コレステロール / mg 124
マンガン / mg 0.49 食物繊維水溶性 / g 0.8
レチノール当量 / μg 99 食物繊維不溶性 / g 1.9
βカロテン当量 / μg 658 食塩相当量 / g 3.7

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

納豆としめじの大根おろし和えヾ(^∇^)♪

納豆としめじの大根おろし和え



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:164Kcal/1人分

簡単!栄養価の高い納豆としめじの大根おろし和え 『しめじはカルシウムの吸収を高めるビタミンDを豊富に含み、納豆はたんぱく質、鉄分等さまざまな栄養成分を含みます』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は栄養価の高い納豆としめじの大根おろし和えを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けは和風かつおだし醤油で・・ほんのり甘く生姜の香り✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)





レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

 


(材料2人分)

納豆 1パック
しめじ 1パック
にんじん 1/4本
もやし 1袋
ねぎ お好み
だいこん 1/3本
しょうがチューブタイプ 1cmくらい
塩、こしょう 少々
醤油 大さじ1
かつおだし 1カップ
みりん 大さじ1

(材料の特徴)

納豆

納豆には大豆を分解してつくったナットウキナーゼと言う酵素を含み、血液中の血栓をできにくくする血栓溶解作用、他にもエネルギー代謝や細胞の再生にかかわるビタミンB2を豊富に含みます。

⇒ 納豆の食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

もやし

低カロリーで血圧を下げる働きのあるカリウムの他にビタミンC、B1、B2、など栄養豊富なヘルシーフードです。

⇒ もやしの食品成分表をみる

ねぎ

ビタミンCと血行を良くする香り成分の硫化アリルを白い部分に含みビタミンB1の吸収を促進する。また、緑の部分にはカロテン、カルシウムおよびミネラルを豊富に含み活性酸素の発生と発がんを抑制する効果があると言われている。

⇒ ねぎの食品成分表をみる

だいこん

胃腸の働きを整える酵素およびビタミンCカルシウムマグネシウムを豊富に含んでいます。消化酵素は熱に弱く生で食べるのがおすすめです。焼き魚などの焦げに含まれる発がん物質を解読する働きがあります。緑黄色野菜である葉の部分にはビタミンCが豊富です。

食べ頃

夏だいこん 7~8月頃

冬だいこん 11~3月頃

⇒ だいこんの食品成分表をみる

しょうが

血行を良くし体を温める働きのあるジンゲロールを含みます。冷え性や生理痛など効果が期待できます。また、消臭作用や抗菌作用もあります。

⇒ しょうがの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切り、しめじは石づきを切り落とし、ねぎは根元を切り落とし小口切り(切り口が丸くなるよう端から切る)

作り方1


 大根は水洗いして、つけ根を切り落とし使う長さに切りピーラーで皮をむきすりおろす。

作り方2


 フライパンに油を敷き①の食材に塩、こしょうをふりを炒める。

作り方3


 ③の野菜がしんなりしてきたら大根おろし、かつおだしを入れひと煮たちさせ、しょうゆ、みりんで味と調える。(お好みでお皿に盛り付け追加でねぎを入れると美味しいです)

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 164 ビタミンD / μg 2.3
たんぱく質 / g 13.4 ビタミンE / mg 6.2
脂質 / g 4.5 ビタミンK / μg 737
炭水化物 / g 23.7 ビタミンB1 / mg 0.23
ナトリウム / mg 773 ビタミンB2 / mg 0.37
カリウム / mg 848 ナイアシン / mg 5.9
カルシウム / mg 268 ビタミンB6 / mg 0.38
マグネシウム / mg 85 ビタミンB12 / μg 0.4
リン / mg 299 葉酸 / μg 162
鉄 / mg 4.1 パントテン酸 / mg 3.09
亜鉛 / mg 1.4 ビタミンC / mg 27
銅 / mg 0.31 コレステロール / mg 1
マンガン / mg 0.87 食物繊維水溶性 / g 1.9
レチノール当量 / μg 427 食物繊維不溶性 / g 8.9
βカロテン当量 / μg 5,077 食塩相当量 / g 7.9





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


豆苗と納豆のピリ辛炒めヾ(^∇^)♪

豆苗と納豆のピリ辛炒め



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:179Kcal/1人分

簡単!ちょっとピリ辛栄養満点!ごはんにかけて丼にしても美味しいです (^o^)/ 『豆苗はカロテン、ビタミンC、食物繊維が豊富です』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は豆苗と納豆の炒め物を作ってみました~ヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油だし・・ちょっとピリ辛オイスターソースの香りが・・

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


調理時間15分 179Kcal(1人分)
ちょっとピリ辛栄養満点!ごはんにかけて丼にしても美味しいです (^o^)/ 『豆苗はカロテン、ビタミンC、食物繊維が豊富です』


(材料2人分)

豆苗 1/2パック
納豆 1パック
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/4本
もやし 1袋
しめじ 1/2パック
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
かつおだし 1/2カップ
オイスターソース 適量
塩、こしょう 少々
ラー油 お好み

(材料の特徴)

豆苗

ビタミンC、βカロテン、食物繊維など豊富に含む栄養価の高い野菜です。油と一緒に摂るとカロテンの吸収を高めます。『キヌサヤエンドウなどの種を発芽させ水栽培で育てたものが主流』(食べ頃:3月~5月頃)

⇒ 豆苗の食品成分表をみる

納豆

納豆には大豆を分解してつくったナットウキナーゼと言う酵素を含み、血液中の血栓をできにくくする血栓溶解作用、他にもエネルギー代謝や細胞の再生にかかわるビタミンB2を豊富に含みます。

⇒ 納豆の食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

もやし

低カロリーで血圧を下げる働きのあるカリウムの他にビタミンC、B1、B2、など栄養豊富なヘルシーフードです。

⇒ もやしの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りスライス、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまません切り、豆苗は根元を切り取り5mくらいに切る。

作り方1


 フライパンに油を敷き、塩、こしょうをふり、たまねぎ、にんじん、しめじ、納豆を先に炒める。

作り方2


 ②に、もやし、かつおだし(水1/2カップ+かつおだし顆粒小さじ1/2)、醤油、みりん、オイスターソース、ラー油(辛いのが苦手なかたは、ごま油)を入れる。

作り方3


 ③がひと煮たちしたら、豆苗を入れまぜる(ごはんにかけて丼にしても美味しいです)

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 179 ビタミンD / μg 0.7
たんぱく質 / g 12.2 ビタミンE / mg 2.5
脂質 / g 5.4 ビタミンK / μg 524
炭水化物 / g 23.2 ビタミンB1 / mg 0.25
ナトリウム / mg 1,221 ビタミンB2 / mg 0.38
カリウム / mg 620 ナイアシン / mg 2.9
カルシウム / mg 57 ビタミンB6 / mg 0.37
マグネシウム / mg 70 ビタミンB12 / μg 0.2
リン / mg 220 葉酸 / μg 150
鉄 / mg 2.3 パントテン酸 / mg 2.69
亜鉛 / mg 1.3 ビタミンC / mg 35
銅 / mg 0.31 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.80 食物繊維水溶性 / g 1.4
レチノール当量 / μg 231 食物繊維不溶性 / g 5.0
βカロテン当量 / μg 2,776 食塩相当量 / g 5.5

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくのピザソースチーズ焼きヾ(^∇^)♪

こんにゃくのピザソースチーズ焼き






出来上がり数:2人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:123Kcal/1人分

簡単 ダイエットにおすすめ!野菜とこんにゃくなので低カロリーでヘルシーです!『こんにゃくに含まれるグルコマンナンで腸内をきれいにヾ(^∇^)』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はこんにゃくでグラタンを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けピザソース・・ほんのりバジルとにんにくの香り✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

 


(材料2人分)

こんにゃく 1枚
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/3本
ピーマン 1個
ブロッコリー 2小房
しめじ 1/2パック
チーズ 40g
塩、こしょう 少々
ピザソース 大さじ3

(材料の特徴)

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。
⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

ブロッコリー

生活習慣病、がん抑制が期待できるスルフォラファン、βカロテン、ビタミンC食物繊維を豊富に含みます。

⇒ ブロッコリーの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

チーズ

チーズは牛乳の栄養成分が凝縮して、たんぱく質カルシウムビタミンAなど何倍も豊富に含まれています。カルシウムの吸収率は良く、効率よく摂取できます。緑黄色野菜といっしょにとるとカロテンの吸収率が上がります。エネルギー、塩分、飽和脂肪酸が多いので肥満の人は要注意!

ナチュラルチーズ:牛乳、山羊乳を原料に発酵させたもの

プロセスチーズ:ナチュラルチーズをミックスして加熱処理したもの

⇒ チーズの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 こんにゃくは、表面に切り目を入れサイコロ状に切る。

たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りくし形切りにする。




にんじん皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切りにする。

ピーマンへたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜くは細切りにする。

ブロッコリーは水洗いして、つぼみのつけ根に包丁を入れ葉と茎を切り取り小房に分け熱湯で3分くらいゆでる。

作り方1


フライパンでピザソース、こんにゃくを入れ先に弱火で煮詰める。

時間があれば作ってみて下さい。➤ピザソース作り方

作り方2


別のフライパンでたまねぎ、にんじん、ピーマン、しめじに塩、こしょうをふり炒める。

作り方3


 ①~⑥を混ぜ合わせる。

作り方4


グラタン皿にブロッコリー、⑧とチーズを盛りつけオーブントースター(860W)で5~7分焼く。

作り方5


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 123 ビタミンD / μg 0.9
たんぱく質 / g 8.5 ビタミンE / mg 1.0
脂質 / g 5.3 ビタミンK / μg 45
炭水化物 / g 13.3 ビタミンB1 / mg 0.10
ナトリウム / mg 345 ビタミンB2 / mg 0.16
カリウム / mg 362 ナイアシン / mg 1.8
カルシウム / mg 204 ビタミンB6 / mg 0.21
マグネシウム / mg 28 ビタミンB12 / μg 0.6
リン / mg 172 葉酸 / μg 63
鉄 / mg 1.1 パントテン酸 / mg 0.76
亜鉛 / mg 1.4 ビタミンC / mg 30
銅 / mg 0.12 コレステロール / mg 13
マンガン / mg 0.25 食物繊維水溶性 / g 1.1
レチノール当量 / μg 188 食物繊維不溶性 / g 5.3
βカロテン当量 / μg 1,688 食塩相当量 / g 0.7

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

野菜たっぷりやまいも丼ヾ(^∇^)♪

野菜たっぷりやまいも丼



出来上がり数:2人分
全調理時間:15分 実調理時間:10分 準備:5分 
カロリー:314Kcal/1人分

簡単!酵素のパワーでスタミナアップヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は山芋(長芋)、ぶなしめじとたっぷりの野菜で丼を作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けは和風かつおだし醤油・・ほのかなネギの香り✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

やまいも(長芋) 1/2本
たまねぎ 1/4個
にんじん 1/3本
キャベツ 1/4個
しめじ 1/2パック
ごはん お茶碗2杯
ねぎ お好みで
醤油 大さじ1
かつおだし 大さじ2
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

やまいも(長芋)

粘膜を保護する働きのあるムチン、ビタミンC、ビタミンB群、カリウムなどのミネラルおよび食物繊維などバランス良く豊富に含まれています。他にも体力回復効果が期待できるアミラーゼとカタラーゼという酵素を含みます。(食べ頃:10月~3月頃)

⇒ やまいも(長芋)の食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

キャベツ

胃の粘膜の修復を助けると言われているビタミンUを豊富に含んでいます。また、葉の部分にはカロテン、アミノ酸、カルシウム芯の部分にはビタミンCを豊富に含んでいます。ビタミンC、Uは水溶性で熱に弱い性質です。

食べ頃

冬キャベツ 1月~3月頃

春キャベツ 3月~5月頃

夏キャベツ 7月~8月頃

⇒ キャベツの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

ねぎ

ビタミンCと血行を良くする香り成分の硫化アリルを白い部分に含みビタミンB1の吸収を促進する。また、緑の部分にはカロテン、カルシウムおよびミネラルを豊富に含み活性酸素の発生と発がんを抑制する効果があると言われている。

⇒ ねぎの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り薄切りにする。

 キャベツは4つ割りにしてみじん切りにする。

ぶなしめじは石づきを切り落とし小房に分ける。

にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのまま細切りにする。

作り方1


⑤ やまいも(長芋)は、すりおろす部分のみピーラーで皮をむきすりおろす。

作り方2


⑥ フライパンに油を敷き、たまねぎ、キャベツ、にんじん、しめじに塩、こしょうをふり炒める。

作り方3


⑦ 野菜がしんなりしてきたら、やまいも、しょうゆ(大さじ1)、かつおだし(水+かつおだし顆粒少々)をくわえ混ぜ合わせる。

 ご飯のうえに盛り付ける。(お皿に盛り付け1品としても・・)

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 314 ビタミンD / μg 0.8
たんぱく質 / g 7.8 ビタミンE / mg 0.4
脂質 / g 0.9 ビタミンK / μg 56
炭水化物 / g 69.2 ビタミンB1 / mg 0.19
ナトリウム / mg 626 ビタミンB2 / mg 0.11
カリウム / mg 720 ナイアシン / mg 2.5
カルシウム / mg 62 ビタミンB6 / mg 0.25
マグネシウム / mg 46 ビタミンB12 / μg 0.1
リン / mg 140 葉酸 / μg 82
鉄 / mg 1.1 パントテン酸 / mg 1.42
亜鉛 / mg 1.4 ビタミンC / mg 34
銅 / mg 0.26 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.70 食物繊維水溶性 / g 0.8
レチノール当量 / μg 154 食物繊維不溶性 / g 3.8
βカロテン当量 / μg 1,848 食塩相当量 / g 1.6

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

こんにゃくと納豆の野菜スープヾ(^∇^)♪

こんにゃくと納豆の野菜スープ



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:165Kcal/1人分

簡単!栄養豊富な納豆とこんにゃくの野菜スープで~すヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は栄養豊富な納豆と低カロリーでダイエットに良いと言われているこんにゃくの野菜スープを作ってみました✨

味付けはお味噌・・和風かつおだしの香り

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

納豆 2パック
こんにゃく 1丁
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/2本
しめじ 1/2パック
はくさい 4枚
味噌 大さじ2
かつおだし 2カップ
少々
さとう 少々

(材料の特徴)

納豆

納豆には大豆を分解してつくったナットウキナーゼと言う酵素を含み、血液中の血栓をできにくくする血栓溶解作用、他にもエネルギー代謝や細胞の再生にかかわるビタミンB2を豊富に含みます。

⇒ 納豆の食品成分表をみる

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

はくさい

不要な塩分を排出し高血圧予防が期待できるカリウムおよびビタミンC、ミネラル類を含み免疫力アップにも効果的です。

⇒ はくさいの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 食材を食べやすい大きさに切る。(時間があればこんにゃくは表面に切り目を入れるとよい)

作り方1

② 鍋に①、かつおだし、塩、さとうを入れ煮込む。

作り方2

 野菜が柔らかくなったら味噌を入れる。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 165 ビタミンD / μg 1.0
たんぱく質 / g 11.9 ビタミンE / mg 0.6
脂質 / g 5.4 ビタミンK / μg 435
炭水化物 / g 21.3 ビタミンB1 / mg 0.16
ナトリウム / mg 894 ビタミンB2 / mg 0.24
カリウム / mg 770 ナイアシン / mg 5.4
カルシウム / mg 132 ビタミンB6 / mg 0.34
マグネシウム / mg 71 ビタミンB12 / μg 0.8
リン / mg 244 葉酸 / μg 104
鉄 / mg 2.6 パントテン酸 / mg 2.55
亜鉛 / mg 1.2 ビタミンC / mg 11
銅 / mg 0.33 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.68 食物繊維総量 / g 7.4
ビタミンA / μg 188 食塩相当量 / g 4.7

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


野菜たっぷりオムレツヾ(^∇^)♪

野菜たっぷりオムレツ



出来上がり数:2人分
全調理時間:15分 実調理時間:10分 準備:5分 
カロリー:218Kcal/1人分

簡単!朝食にいかがですか~~~ヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は子供から大人までみんな大好きオムレツでーす(=゚ω゚)ノ

1人分をたまご1個でたっぷりの野菜と生クリームを加えてクリーミーにしあげました

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよ(-。-)y-゜゜゜





(材料2人分)

たまねぎ 1個
ピーマン 1個
にんじん 1/2本
ぶなしめじ 1/3パック
たまご 2個
生クリーム 小さじ2
バター 大さじ1
バジル(粉) 少々
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りみじん切り、にんじんは皮の下にカロテンが豊富に含まれているので、なるべく皮付きのままみじん切り、ピーマンはへたの周りに包丁で切込みを入れへたを引き抜きみじん切りにする。

作り方1


 たまごに生クリームを加えてかき混ぜる

作り方2


 フライパンにバターを敷き、強火でサット炒め弱火でふたをして3分くらい蒸し焼きにする

作り方3


 ③に②を加えかき混ぜながら焼きかためていく。


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 218 ビタミンD / μg 1.5
たんぱく質 / g 9.0 ビタミンE / mg 1.6
脂質 / g 12.9 ビタミンK / μg 15
炭水化物 / g 16.8 ビタミンB1 / mg 0.13
ナトリウム / mg 315 ビタミンB2 / mg 0.29
カリウム / mg 465 ナイアシン / mg 1.7
カルシウム / mg 57 ビタミンB6 / mg 0.25
マグネシウム / mg 27 ビタミンB12 / μg 0.5
リン / mg 165 葉酸 / μg 51
鉄 / mg 1.8 パントテン酸 / mg 1.39
亜鉛 / mg 1.0 ビタミンC / mg 28
銅 / mg 0.15 コレステロール / mg 234
マンガン / mg 0.24 食物繊維水溶性 / g 1.0
レチノール当量 / μg 206 食物繊維不溶性 / g 2.1
βカロテン当量 / μg 1,369 食塩相当量 / g 0.8





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)

豆苗とこんにゃくのニンニクスープ煮ヾ(^∇^)♪

豆苗とこんにゃくのニンニクスープ煮



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:91Kcal/1人分

簡単!ダイエットにいかがですか? こんにゃくと豆苗の煮物です。(豆苗はカロテン、ビタミンC、食物繊維が豊富です)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日はこんにゃくと豆苗の煮物を作ってみました~ヾ(^∇^)

味付けは醤油ベースの鶏がらスープ・・ちょっとピリ辛ほんのりゴマとにんにくの香り✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

豆苗 1/2パック
こんにゃく 1枚
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/2本
しめじ 1/2パック
にんにく 1片
オイスターソース 小さじ1
ラー油 少々
鶏がらスープ 2カップ
醤油 大さじ2
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

豆苗

ビタミンC、βカロテン、食物繊維など豊富に含む栄養価の高い野菜です。油と一緒に摂るとカロテンの吸収を高めます。(食べ頃:3月~5月頃)

⇒ 豆苗の食品成分表をみる

こんにゃく

こんにゃくいもは、低カロリーで腸内をきれいにし、血圧やコレステロール値を下げる効果があるグルコマンナンおよび食物繊維カルシウムを豊富に含んでいます。市販されている多くは、このいもを製粉して作っています。グルコマンナンは消化器官を通過する過程で老廃物を清掃し、コレステロール上昇の抑制および血糖値正常化の働きがあります。低カロリー食として便秘改善やダイエットにも効果的です。

⇒ こんにゃくの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

にんじん

免疫力を高め皮膚や粘液を強くするカロテンを豊富に含み動脈硬化、心臓病などを予防する効果が期待できる。ビタミンCを破壊する酵素を含んでいるため、ビタミンCを含む野菜と一緒に調理する場合50℃以上で熱を加えると良い。(食べ頃:4月~7月頃)

⇒ にんじんの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

にんにく

強い殺菌作用および、がんや血栓を予防する効果が期待できるアリシンを含んでいます。体内でビタミンB1と結合するとスタミナ回復効果が期待できます。

⇒ にんにくの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 こんにゃくは表面に切り込みをいれサイコロ状に切る、にんじんは細切り、たまねぎはくし形切りにする。

作り方1


② フライパンに油を敷き、にんにく、塩・こしょうをふりこんにゃくを炒める。

作り方2


 ②に野菜を入れ塩、こしょうをふりサット炒め、ふたをして2分くらい蒸し焼きにする。

作り方3


 ③に鶏がらスープ、ラー油、オイスターソース、醤油を入れひと煮たちしたら豆苗を入れ火を止めかきまぜる。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 91 ビタミンD / μg 1.3
たんぱく質 / g 8.3 ビタミンE / mg 1.6
脂質 / g 1.1 ビタミンK / μg 161
炭水化物 / g 16.6 ビタミンB1 / mg 0.26
ナトリウム / mg 1,344 ビタミンB2 / mg 0.43
カリウム / mg 618 ナイアシン / mg 5.4
カルシウム / mg 82 ビタミンB6 / mg 0.33
マグネシウム / mg 40 ビタミンB12 / μg 1.1
リン / mg 173 葉酸 / μg 115
鉄 / mg 2.7 パントテン酸 / mg 2.64
亜鉛 / mg 0.9 ビタミンC / mg 40
銅 / mg 0.17 コレステロール / mg 0
マンガン / mg 0.52 食物繊維水溶性 / g 0.9
レチノール当量 / μg 411 食物繊維不溶性 / g 6.5
βカロテン当量 / μg 4,933 食塩相当量 / g 3.4





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)