ほうれん草の親子丼ヾ(^∇^)♪



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:314Kcal/1人分

簡単!夜食にいかがですかヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

ほうれん草の親子丼は

https://mairepi.jp/recipe_hp122.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日はほうれん草を入れた親子丼を作ってみましたヾ(^∇^)

味付けはかつおだし醤油・・ほんのり甘~いよ




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

ほうれん草 1/2束
鶏もも肉 1枚
たまねぎ 1/2個
たまご 1個
かつおだし 2カップ
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
さとう 大さじ2
少々

(材料の特徴)

ほうれん草

造血作用のある鉄、葉酸マンガンを豊富に含みます。他にもカロテン、ビタミンC、ビタミンB群などを含み緑黄色野菜の中でもトップクラスの含有量です。免疫細胞を活性化させ体内の異物を取り除く効果も期待できます。食べ頃に収穫されたもののほうがビタミンCが豊富です。はベーコンなど動物性たんぱく質といっしょに食べると吸収率がアップします。(食べ頃:12月~1月頃)

⇒ ほうれん草の食品成分表をみる

鶏肉

食肉は良質たんぱく質源であり、鶏肉(脂質は100g中/ささみ0.8g、胸肉1.5g、もも肉3.9g)は高たんぱく低脂肪食材です。また、骨や皮ごと調理すればコラーゲンも摂取できます。

⇒ 鶏肉の食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。

⇒ たまごの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 ほうれん草は沸騰したお湯で1分くらいゆで、冷水で冷やし水気をしぼりざく切りにする。

作り方1


 鶏もも肉は皮をはぎ食べやすい大きさに切り、たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取り薄切りにする。

作り方2


 お鍋にかつおだし(水2カップ+かつおだし顆粒小さじ2)、醤油、みりん、さとう、塩をいれ鶏もも肉、たまねぎを煮る。

作り方3


 ③の鶏肉に火がとおったら、ほうれん草を入れ煮立たったらとき卵を入れ1分くらいふたをして蒸らす。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 314 ビタミンD / μg 0.5
たんぱく質 / g 32.9 ビタミンE / mg 1.9
脂質 / g 7.5 ビタミンK / μg 237
炭水化物 / g 27.5 ビタミンB1 / mg 0.17
ナトリウム / mg 1,180 ビタミンB2 / mg 0.45
カリウム / mg 789 ナイアシン / mg 8.7
カルシウム / mg 86 ビタミンB6 / mg 0.47
マグネシウム / mg 74 ビタミンB12 / μg 1.4
リン / mg 337 葉酸 / μg 101
鉄 / mg 2.4 パントテン酸 / mg 2.70
亜鉛 / mg 3.5 ビタミンC / mg 16
銅 / mg 0.18 コレステロール / mg 248
マンガン / mg 0.30 食物繊維水溶性 / g 0.8
レチノール当量 / μg 327 食物繊維不溶性 / g 2.4
βカロテン当量 / μg 3,245 食塩相当量 / g 3.1

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)