焼き茄子ヾ(^∇^)♪



出来上がり数:2人分
全調理時間:25分 実調理時間:20分 準備:5分 
カロリー:153Kcal/1人分

簡単!焼き茄子で~す~ヾ(^∇^)♪


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は、さっぱりトマトドレッシングでいただく焼き茄子を作ってみましたヾ(^∇^)

茄子は、血管をきれいにし、動脈硬化や高血圧症の予防および目の疲労や視力の回復などの効果が期待できるアントシアニンを含みます。


(材料2人分)

茄子 2本
バジル(粉) 少々
ホールトマト(缶詰) 1/2缶
とろけるチーズ 20g
大さじ1
砂糖 大さじ1
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

なす

血管をきれいにし、動脈硬化や高血圧症の予防および目の疲労や視力の回復などの効果が期待できるアントシアニンを含みます。(食べ頃:6月~9月頃)

なすの食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる

トマト

有害な活性酸素の働きを抑える抗酸化作用および動脈硬化やがんの予防効果があるリコピンを含んでいます。他にもクエン酸を含み肉のうま味を引き出す効果があります。たまねぎと組み合わせれば血栓防止効果が期待できます。(食べ頃:6月~9月頃)

⇒ トマトの食品成分表をみる

チーズ

チーズは牛乳の栄養成分が凝縮して、たんぱく質カルシウムビタミンAなど何倍も豊富に含まれています。カルシウムの吸収率は良く、効率よく摂取できます。緑黄色野菜といっしょにとるとカロテンの吸収率が上がります。エネルギー、塩分、飽和脂肪酸が多いので肥満の人は要注意!

ナチュラルチーズ:牛乳、山羊乳を原料に発酵させたもの

プロセスチーズ:ナチュラルチーズをミックスして加熱処理したもの

⇒ チーズの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 なすをアルミホイルで包みグリルで約15分焼く。

作り方1

 茄子を焼いている間に、ボールにホールトマト(缶詰)、酢、砂糖、塩、こしょう、バジル(粉)を入れかきまぜてドレッシングを作る。

作り方2

 茄子が焼きあがったら半分に切り、とろけるチーズをのせる。(余熱でチーズをとかす)チーズがとけたら、お皿に盛り付け②のドレッシングをかける。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 110 ビタミンD / μg 0.0
たんぱく質 / g 5.1 ビタミンE / mg 1.9
脂質 / g 3.0 ビタミンK / μg 27
炭水化物 / g 17.7 ビタミンB1 / mg 0.14
ナトリウム / mg 578 ビタミンB2 / mg 0.15
カリウム / mg 583 ナイアシン / mg 1.4
カルシウム / mg 123 ビタミンB6 / mg 0.16
マグネシウム / mg 48 ビタミンB12 / μg 0.3
リン / mg 149 葉酸 / μg 64
鉄 / mg 1.7 パントテン酸 / mg 0.75
亜鉛 / mg 0.8 ビタミンC / mg 12
銅 / mg 0.19 コレステロール / mg 8
マンガン / mg 0.43 食物繊維水溶性 / g 1.7
レチノール当量 / μg 88 食物繊維不溶性 / g 3.3
βカロテン当量 / μg 778 食塩相当量 / g 0.8

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪