ツナニラたまヾ(^∇^)♪



出来上がり数:2人分
全調理時間:15分 実調理時間:10分 準備:5分 
カロリー:208Kcal/1人分

簡単!朝食にいかがですか?


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

ツナニラたまは

https://mairepi.jp/recipe_hp159.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は、かつおのフレークを入れたニラ玉を作ってみました。『植物の新芽でスプラウトと呼ばれ普通の野菜より栄養価が高いと注目されているカイワレ大根を添えてみました』ヾ(^∇^)

味付けは和風かつおだし醤油・・・ほんのりごま油の香りが食欲をそそります✨

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)

簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

ニラ 4本
ツナ缶 1缶
たまご 2個
かいわれ大根 1/4パック
ミニトマト 4個
かつおだし(顆粒) 少々
ごま油 少々
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

ニラ

香り成分のアリシンを豊富に含みビタミンB1の吸収を高めます。他にも抗酸化作用のあるセレン、ビタミンA、カロテン及び骨粗しょう症を予防するカルシウムも豊富に含むスタミナ野菜です。

⇒ にらの食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

たまご

必須アミノ酸をバランスよく含み、たんぱく質も良質です。卵黄にはリン脂質のレシチンを含みます。他にも免疫力を高めるビタミンAや新陳代謝を活発にするビタミンB群など栄養豊富な食品です。
⇒ たまごの食品成分表をみる

かいわれ大根

植物の新芽でスプラウトと呼ばれ普通の野菜より栄養価が高いと注目されています。ビタミンの損失を防ぐため生食がおすすめです。他にもいろんなスプラウトがありますが、特にブロッコリースプラウトはガン予防効果が期待できるスルフォラファンが成熟したブロッコリーの数十倍含まれています。
⇒ かいわれ大根の食品成分表をみる

トマト

有害な活性酸素の働きを抑える抗酸化作用および動脈硬化やがんの予防効果があるリコピンを含んでいます。他にもクエン酸を含み肉のうま味を引き出す効果があります。たまねぎと組み合わせれば血栓防止効果が期待できます。(食べ頃:6月~9月頃)

⇒ トマトの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 ニラは根本を切り落としせんぎりにする。(根元の白い部分は筋っぽくかたいです)

作り方1


 ①にたまご、かつおだし(顆粒)、水を加えかきまぜる。

作り方2


③ フライパンにごま油を敷き②を半熟になるまでかき混ぜながら焼く。

作り方3


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 208 ビタミンD / μg 2.5
たんぱく質 / g 14.3 ビタミンE / mg 2.2
脂質 / g 15.4 ビタミンK / μg 46
炭水化物 / g 2.5 ビタミンB1 / mg 0.11
ナトリウム / mg 309 ビタミンB2 / mg 0.30
カリウム / mg 280 ナイアシン / mg 6.4
カルシウム / mg 41 ビタミンB6 / mg 0.26
マグネシウム / mg 23 ビタミンB12 / μg 1.6
リン / mg 170 葉酸 / μg 51
鉄 / mg 1.5 パントテン酸 / mg 0.93
亜鉛 / mg 1.0 ビタミンC / mg 13
銅 / mg 0.09 コレステロール / mg 226
マンガン / mg 0.13 食物繊維水溶性 / g 0.2
レチノール当量 / μg 136 食物繊維不溶性 / g 0.6
βカロテン当量 / μg 741 食塩相当量 / g 1.0

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)