れんこんとツナのはさみ揚げヾ(^∇^)♪



出来上がり数:2人分
全調理時間:20分 実調理時間:15分 準備:5分 
カロリー:220Kcal/1人分

簡単!れんこんにマヨネーズツナ、たまねぎをはさんで揚げてま~す♪ 『れんこんはビタミンCおよびビタミンB1、B2、鉄、銅、食物繊維など栄養豊富です』


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

今日は栄養豊富な蓮根のはさみ揚げを作ってみました ~ヾ(^∇^)

味付けはマヨネーズのみですが・・お好みでバジル(粉)などをふりかけても美味しいよ✨

コレステロールが気になる方はマヨネーズ ⇒ ノンオイル和風ドレッシングなどおすすめです!

料理(1人分)に含まれる食材別の栄養素を記載しています・・・良かったら参考にして下さいね!(ページの最後にあるよ)




簡単ですので宜しければいち度お試しを・・・美味しかったよヾ(^∇^)


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)


(材料2人分)

れんこん 20切れ
ツナ缶 1缶
たまねぎ 1/4個
マヨネーズ 大さじ1
片栗粉 大さじ1

(材料の特徴)

れんこん

疲労回復や肌荒れを防ぐ効果があるビタミンB1B2を含み、他にのビタミンC食物繊維カルシウムなども豊富に含みます。(食べ頃:11月~3月頃)

⇒ れんこんの食品成分表をみる

ツナ

かつおとマグロのフレークです。魚介は良質たんぱく質やEPA,DHAなどの多価不飽和脂肪酸の供給源として必要な食材です。

⇒ ツナの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

片栗粉

カタクリの地下茎から製した白色のでん粉ですが、市販の多くは、じゃがいものでん粉になっています。主に料理では、から揚げなどの衣やとろみづけに用いられています。(でん粉は加熱により糊化してすぐダマになるため、片栗粉と水を1:1で水に溶かしてから加えると良い)

片栗粉 ⇒ じゃがいもでん粉

コーンスターチ ⇒ とうもろこしでん粉

タピオカ ⇒ キャッサバでん粉

⇒ 片栗粉の食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 れんこんは皮をむき、アクが強いので、酢水(水カップ2に酢小さじ1)に3分くらいさらす。(市販の水煮れんこんを使用すると手間がはぶけます)

作り方1


たまねぎは皮をむき上部とつけ根を切り取りみじん切りにする。

作り方2


 ツナにマヨネーズ、②のたまねぎをまぜる。

作り方3

👉コレステロールが気になる方は・・・

ツナ缶はちょっと開けて逆さまににして油を取り除いてから使うとううよ~ヾ(^∇^)

マヨネーズ ⇒ ノンオイル和風ドレッシングなどおすすめです!


 れんこんに③をはさみ片栗粉をまぶして約180℃の油で揚げる。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 220 ビタミンD / μg 1.7
たんぱく質 / g 8.7 ビタミンE / mg 2.0
脂質 / g 15.2 ビタミンK / μg 11
炭水化物 / g 12.8 ビタミンB1 / mg 0.10
ナトリウム / mg 218 ビタミンB2 / mg 0.06
カリウム / mg 305 ナイアシン / mg 6.2
カルシウム / mg 19 ビタミンB6 / mg 0.23
マグネシウム / mg 20 ビタミンB12 / μg 1.1
リン / mg 107 葉酸 / μg 12
鉄 / mg 0.7 パントテン酸 / mg 0.50
亜鉛 / mg 0.4 ビタミンC / mg 21
銅 / mg 0.08 コレステロール / mg 28
マンガン / mg 0.36 食物繊維水溶性 / g 0.3
レチノール当量 / μg 4 食物繊維不溶性 / g 1.0
βカロテン当量 / μg 2 食塩相当量 / g 0.6





栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません


レシピブログのランキングに参加中♪ポチッと応援いただけると嬉しいです(^O^)