トマトリゾットヾ(^∇^)♪



出来上がり数:4人分
全調理時間:35分 実調理時間:30分 準備:5分 
カロリー:248Kcal/1人分

簡単!野菜とキノコのトマトリゾットですヾ(^∇^)


hello毎レピ『低カロリーレシピ』へ来て下さって(人”▽`)ありがとうございます☆

【お知らせ】毎レピ『低カロリーレシピ』は、リニューアルオープンしました
サイトにご訪問頂ける皆様のセキュリティを考慮したSSL導入に伴い、サイトを移転しました。

毎レピ『低カロリーレシピ』↓ ↓ ↓よりご覧いただけます。

トップページ

https://mairepi.jp

トマトリゾットは

https://mairepi.jp/recipe_hp156.html
リニューアルに伴い、食品成分表も2010年度版から2015年度版に移行中です。
随時更新しております( ̄▽ ̄;


今日は、ホールトマトの缶詰を使ってリゾット作ってみましたヾ(^∇^)

多いめに作って冷蔵庫で冷やしてライスコロッケ作ってもよかったかな(^.^;


(材料2人分)

トマトホール 1缶(400g)
たまねぎ 1/2個
ピーマン 2個
しめじ 1/2パック
100g
バジル(粉) 少々
パセリ(乾燥) 少々
バター 20g
とろけるチーズ 100g
1/2カップ
塩、こしょう 少々

(材料の特徴)

トマト

有害な活性酸素の働きを抑える抗酸化作用および動脈硬化やがんの予防効果があるリコピンを含んでいます。他にもクエン酸を含み肉のうま味を引き出す効果があります。たまねぎと組み合わせれば血栓防止効果が期待できます。(食べ頃:6月~9月頃)

⇒ トマトの食品成分表をみる

たまねぎ

疲労回復に必要なビタミンB1の吸収の働きを助ける硫化アリルを含みストレス解消にも効果がある。水にさらしすぎると成分を損なうので注意しましょう。(食べ頃:4月~5月頃)

⇒ たまねぎの食品成分表をみる

ピーマン

血液をサラサラにして血栓や血液凝固を防止する効果が期待できる成分を含み、カロテン、ビタミン類も豊富です。(食べ頃:6月~9月頃)

『パプリカ』赤、黄、などの大型で肉厚のピーマンです。抗酸化作用が高いビタミンC及び、がん予防が期待できるカロテンを豊富に含みます。

⇒ ピーマンの食品成分表をみる

ぶなしめじ

カルシウム吸収を助けるビタミンDを豊富に含み、不足しがちな必須アミノ酸のリジンも含みます。

⇒ しめじの食品成分表をみる

バジル

リラックス効果や集中力を高める香りをもち、食欲をうながし胃腸の働きを良くする効果が期待できる。カロテン、マグネシウムなど豊富に含み、トマトとの相性が良い。

⇒ バジルの食品成分表をみる


計量カップ、スプーンによるグラム換算表 / 下ごしらえ・・・など料理の基本を紹介しています。

⇒ 料理の基本をみる


(作り方)

 たまねぎはみじん切り、ピーマンは細切り、しめじは石づきを切り落とす。

作り方1

 フライパンにバターをとかしたまねぎ(透き通るくらい)、ピーマン、しめじを炒める。

作り方2

 ②に米を洗わずにいれバジル、塩、こしょうふり炒め、そのあとトマトホール、水を食材がつかるくらい入れ煮詰めていく。水分がなくなってきたら少しずつたしていく。(弱火で20分くらい)

作り方3

 皿に盛りつけとろけるチーズ、乾燥パセリをふる。

作り方4


(料理に含まれる成分1人分)

栄 養 素 成 分 値 栄 養 素 成 分 値
エネルギー / Kcal 248 ビタミンD / μg 0.3
たんぱく質 / g 5.5 ビタミンE / mg 4.2
脂質 / g 10.2 ビタミンK / μg 25
炭水化物 / g 34.8 ビタミンB1 / mg 0.19
ナトリウム / mg 745 ビタミンB2 / mg 0.13
カリウム / mg 694 ナイアシン / mg 2.5
カルシウム / mg 78 ビタミンB6 / mg 0.35
マグネシウム / mg 43 ビタミンB12 / μg 0.2
リン / mg 146 葉酸 / μg 67
鉄 / mg 1.5 パントテン酸 / mg 0.88
亜鉛 / mg 0.9 ビタミンC / mg 44
銅 / mg 0.28 コレステロール / mg 4
マンガン / mg 0.53 食物繊維水溶性 / g 1.7
レチノール当量 / μg 123 食物繊維不溶性 / g 3.3
βカロテン当量 / μg 1,348 食塩相当量 / g 0.7

栄養成分値は

文部科学省「日本食品標準成分表(2010年版)」

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」

を使用して独自の計算方法により算出しています。(成分値未測定及びTr、(Tr)値は 0 で表示)

調理による重量変化は計算に含まれていません